2012年3月6日火曜日

全曲対応きた!iTunes Plus!

徐々にグレードアップしつつある日本版iTunes。先日も「購入済みの楽曲がどの端末からでも再ダウンロードできるようになる」ってのがありましたが、今回のはよりアツいです!

ついに来ました!
全楽曲iTunes Plus対応!
過去iTunes Plus以外で購入済みの楽曲をiTunes Plus形式にアップグレード可能(ただし有料)!

なにが良いかってiTunes PlusはDRMフリーなんですよ。簡単に言うと「コピー可」。さらにビットレートも上がり音質もかなり良くなっています。

以前からもiTunes Plus形式の楽曲は海外のものを中心に存在していたのですが、日本のレコード会社は頭が古いのか全然対応してくれてなくて。

「コピー可」ってのは非常に大きな意味がありまして、例えば、今までiTunesで購入した楽曲はコピー不可だったため、

・MP3に変換してiPod以外のデバイスやMP3CDに焼くこと
・iTunes以外の音楽プレーヤーで再生すること
・結婚式ビデオ等の動画にBGMとして使うこと

が、基本できなかったんですよ。

特に3つ目のビデオ用のBGMとして使えないってのは今までかなり痛い目にあっておりまして、結婚式ビデオとか頼まれて「あーその曲ならもってるからOK!」とか言ってよく見たらコピー不可で、泣く泣く自腹でCD借りてきたりとか、あと「出力した音を録音するソフトでMP3化」とか涙ぐましいことをやってましたもん。

ただ、持ってる曲をアップグレードするのは有料なんですよね…。曲単位だと1曲30円。アルバム単位だと元の値段の30%(1800円のアルバムなら540円も!)かかっちゃいます。

iTunesを起動して、iTunes Storeを表示させると右側のナビリンク下部に「iTunes Plus」項目が新設されていて、そこをクリックすると自分が持っている非iTunes Plus楽曲のアップグレードが可能です。さらに全部やったらいくらかかるかも表示されます。僕の場合174曲なので6,215円だそうです。



全部やるのは高い…。
どうしても高音質化したいものだけアップグレードして、あとは必要に応じてやっていこうかなと思います。これって期間限定とかではないはずなので。

あとは気になるのがアメリカではすでに開始されているiTunes Match。これは自分が持っている楽曲(iTunesで購入したもの+自分でCD等から録音したもの等全て)については、わざわざアップロードしなくても、いつでもネット経由で聞けるようになるサービスです。クラウド上の音楽サービスはいろいろありますが、基本的に自分の持っている音楽をクラウド上の自分専用音楽置き場にアップロードしておいて、それをネット経由で聞くものだと思います。でもiTunes Matchなら、「おれこの曲もってっから」ってAppleさんに申告しておけば、「じゃあAppleが管理してるこの曲データを聞かせてあげる」てな感じでネットから音楽を聴けるようになるんです。詳細はよくわからないのですが、曲名や歌手名、曲の長さや曲の特徴などで、個人が持っている楽曲を特定し、それを同じ曲がAppleさんのiTunesのサーバだかなんだかにあれば、聞かせてくれるんじゃないでしょうか?これだと大量の音楽データを持ち歩かなくても、いつでもどこでも自分の持ってる曲の中から好きな曲を聴くことができるようになります。

時価総額5千億ドル超えのAppleさんはやっぱやることが違いますね。あと言いたいのはできればGoogleさんとは良好な関係と保っていてほしいということだけです。(iPad用のGoogle+アプリは出ないのか!?)ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿