2018年10月7日日曜日

10.8 バーベキュー情報

最終更新:2018.10.08 21:00

10月8日月曜日のバーベキューは無事終了しました。ありがとうございました!

当日の待ち合わせ場所と乗車バス


JR金町駅南口を出て左に100mほど行くと交番がありますのでその付近とします。
10:30頃までにお集まりください。

※京成金町駅を利用される方はプロント、ファミリーマート側の改札を出てください。バスロータリーが見えますので、交番を目指しましょう。


クロタキほか幹事団はそこにおりませんので、皆様にて時間になりましたらバスまたはタクシーでご移動ください。

バスの場合⑦バス停より10:40発の「金63 水元公園循環バス」にご乗車ください。降車駅は「バーベキュー広場・冒険広場入口」です。

乗り遅れた方は11:00発に乗るかタクシーでお越しください。

タクシーの場合、必ず水元公園のバーベキュー広場と伝えてください。水元公園の正門からはけっこう距離があります。

バーベキュ広場現地の集合場所


バス停降りてすぐの公園入口あたりに誰か案内係として立ってもらいますので、その人を見つけて詳しい場所を聞いてください。

バーベキューの割り当てサイトは当日にならないと分かりません。

注意事項


・包丁等刃物は持ち込み禁止とのことです。
・水鉄砲も持ち込み禁止とのことです。

・当日の気温はそれなりに高そうですので各自熱中症対策をお願いします。
・日陰エリアは確保します。(大きめの4つ足タープを4つ建てます)
・お子様は着替えがあると安心です。(入るかは分かりませんが水場があります)

・現地ではのんびりお過ごしください。
・焼いたり配ったり等お仕事はすべて幹事団の方で担当します。
・なんなら座ったまま「おーいビール!」と言えばホイホイお持ちします(^ ^)

・プチ運動会が企画されていますので、ぜひご気楽にご参加ください!
 優勝チームには豪華賞品が!?シャインマスカット!?まさか松茸!?

それでは当日よろしくお願いいたします。



2018年9月23日日曜日

悲願の決勝進出なるか!?ストライダー那須1日目。どうぶつ王国も堪能

ストライダーエンジョイカップ那須どうぶつ王国ステージに参戦してきました。去年も一昨年も参戦を検討したのですがもろもろ事情があり断念。満を持しての参戦です。

今回は2日間とも参戦。エンジョイカップはたいてい土日の2日間開催なのですが、土日両方にエントリーしたのはこれが初めてです。

気合が入ってる理由は、この大会日程が誕生日直前だから。4歳児として最も有利に戦える貴重なタイミングなのです!



まずは1日目。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が仕事の都合で同行できず(夜にホテルで合流)、僕と息子の2人で行ってきました。しかも天気は雨!つらい…。

会場は那須どうぶつ王国。入場料がそれなりにかかるのですが(大人2,400円、子供1,200円)、川崎フロンターレのサポーターであることを告げると大人半額・子供無料になります。たまに等々力競技場に那須どうぶつ王国に出張にくることもあり、業務提携的なことをしてるのでしょうか?というわけで僕らはまさにフロンターレの地元民ですしサポーターですので(中村憲剛選手のタオルマフラー巻いていきました)無事格安で入場することができました。

ここは動物との距離が近く、すごく楽しい。雨が降っていたこともあり、入場ゲート付近のエリアにしか行けませんでしたが(本当はバスに乗ってもっと遠くのエリアにもワープできる)、それでも。純粋に動物目当てでまた期待です。晴れの日に!

カピバラさんに餌をあげたりとか(100円で結構楽しめました。良心的値段)


個人的には愛想の良いビーバーくんが気に入りました。

そしてレースは波乱の展開に!


コースは芝なのですが、一部傾斜している部分は雨で滑りやすくなっており、なかなかリスキーです。しかも結構長い。4歳用コースは180mなんですが、大人でも180mを全力で駆け抜けるのはかなりキツイ。体力勝負という側面もありそうです。

うちの息子は5歳直前ということに加え、そもそも他の子に比べて体格が良く背も高いのでパワー的な部分ではそうそう負けないはず。後はメンタル面だけ(^_^;)

案の定この日はあまり気分が乗らず(いつもならそういうときハーマイオニーさん(奥様=魔女)が上手にコントロールしてくれるのですが…)、予選の走行後は「もう帰りたい!カピバラのところに行きたい!」と言い出す始末。

そんな中無理やりスタート位置まで連れて行って臨んだレースが(ネタばれしちゃいますが)敗者復活戦です。

こっちは今日こそ決勝進出いけるかも(練習見てるといつもそう思う(^_^;))、ぐらいの期待感なのに肝心の本人のモチベーションが上がらず、予選も敗退したくらいですからね。僕のガッカリ感を想像してみてくださいよ。でもそういうのは心の奥に封印して、どうにか本人のやる気を引き出さなければなりません。

果たしてどうなったか!?悲願の決勝進出なったか?はこちらの動画をご確認ください。



と、

言うわけで、

またしても決勝進出はならず!準決勝で敗退です。

周りみんなけっこう速かったというのもありますが(本人も走りながら「はやい…」とつぶやいていましたが(^_^;))、それでもスタートから本気出せば勝てないレベルではなかったはずなんです。兎にも角にもモチベーションのコントロールが求められます。

翌日2日目がもう本当に最後のチャンス。4歳として初の決勝進出なるか!?それは次回に!ではまた。

<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUPのストライダーに今年も参戦!
カモノハシ通信3: 第5回HONDA青山GPに参戦!今度こそ決勝進出なるか
カモノハシ通信3: としまえんカップで悲願の決勝進出なるか
カモノハシ通信3: ストライダーとしまえんステージは大雨!
カモノハシ通信3: 2018年最初のストライダー大会は鴨川
カモノハシ通信3: 4歳初レース、結果はともかく一生懸命走ってほしい!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダー、予選1位通過!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ2017大阪に参戦!
カモノハシ通信3: ストライダー第2回ホンダ青山GPで念願の1位ゲット!?
カモノハシ通信3: ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーのハンドルをカスタマイズ!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破

2018年9月22日土曜日

5歳になった息子と都響コンサート

息子が5歳になりました。本当にはやいです。



昨年4歳になったときは「3歳が終わってしまった!」と思いました。いやそのまんまなんですが「3歳」って特別じゃないですか、響きからして。

とは言え充実した4歳を過ごし、そしてついに5歳。5歳の何が怖いって、下手したらもうすぐ小学生とかそういうのが見えてくるところ。え、来年ランドセルとか考えるの?もう?え?え?オレ、普通にセイバンのがいいと思うんだけど(^_^;)

再来年には小学生。小学生になったら平日に気軽に休みをとって遊びにいくこともできなくなるわけで、それまでの残りの保育園生活の時間を親子で楽しんでいきたいと思います。小学生になっても楽しみたいですけどね。

都響デビューをはたしました😁


先日「サラダ音楽祭」というクラシックのイベントがあり「0歳から楽しめるコンサート」を親子で聞きに行ってきました。演奏は東京都交響楽団。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)と僕が長らく定期会員になっていたお気に入りのオーケストラです。(息子が生まれたので退会。いつかまた…)



演目1曲目はドラゴンクエストの序曲。都響の演奏が「本家」ですからね。僕は何度か都響の演奏で聞いたことがありますが、これ本当に感動しますよ。ジーンとくる。息子もこの音楽はよく知っているのでどういう反応するか…。結果、びっくりするくらいジーっとしっかり聞いていました。迫力に押されていた面はあると思います。

次に「指揮体験コーナー」なるものが!プログラムに記載があったので、これはきっと会場の子供達から数人選んで登壇させ指揮者体験をさせるものに違いない!と読んだ僕は当日朝に息子を特訓

僕「指揮をやってみたいひと〜」
子「はあ〜い!!!!」

と親子で練習を重ねていたといいます(^_^;)。

いざ本番。司会はNHKでおなじみオフロスキーさん

司会「それでは会場のみんなに聞いてみましょう!指揮を」
子供「はい!」
僕ら「……!」

するとさすがはオフロスキーさん。「きみ、はや〜い。君に決まり!」ぐらいの切れ味の良さ。その後もう1人ということで息子も「はあ゛ーい゛ー!!」と必死でアピールしたのですが、残念ながら選ばれず。そうそう座席も前から4列目と絶好のポジションだったのですが無念。仕込みでないことを祈ります…。

指揮者に選ばれずしばらくふてくされている息子でした(^_^;)。来年に向けて特訓継続です。

楽器体験もできました


終演後には楽器体験コーナーで楽器体験も。バイオリンとチェロを弾かせてもらいました。バイオリンはうちにもありますが、チェロは完全に初体験。以前からハーマイオニーさん(奥様=魔女)は息子にチェロを習わせたいという夢を語っており、貴重な機会となりました。

スタッフの方に親切に教えていただき、どうですこの姿。左手の指使いなんて、まるで本当に弾いてるみたいです(^_^;)



本人はまだまだ意味がよくわかってないようでしたが、終わった後聞いてみると「チェロが一番楽しかった」と言っていたので当初目的的には満点でしょう\(^o^)/

まずは今通っているヤマハ音楽教室で基礎を身につけた後、チェロ方面を習いに行くのもいいかなぁと思っています。

いつか親子で弦楽3重奏(に類するもの(^_^;))ができたらいいなー。

楽器体験と言えばNHK交響楽団が夏に開催している「N響ほっとコンサート」もいいですよね。あちらは小学生以上だったような?気がするので再来年以降楽しみです。

5歳になっても子育ての方針や考え方は変わりません。本人でも僕ら親でも、興味をもった分野にはとにかくチャレンジ。役に立たないことなんて無い!くらいの気持ちでいろいろやってみたいと思います。僕の体力が続く限り…(^_^;)

ではまた!

2018年9月18日火曜日

初めての自転車はヨツバサイクルに決めました!

5歳の誕生日プレゼントということで息子にとって初の自転車を購入しました。ヨツバサイクルの18インチです。

ブレーキワイヤーはカスタマイズ。あとスポークには飾り付け^_^

こちら子供向けに非常よく考えられた自転車です。以下、特徴。

1.軽量

8Kg弱しかないので、大人ならストライダー感覚で片手で持ち上げることも可能。子供にとっても非常に扱いやすい重量です。他のとはもう全然違います。

2.適正サイズ

18インチというのが絶妙。本当はもう少し大きくなってから21インチとかそういうのを買おうとも思っていたのですが、今買うのであればこれしかありません。小学校低学年くらいまではこの自転車でいけると思います。

3.デザイン

どこか懐かしさを感じるカラーリングとロゴがいい感じ。ヨツバサイクルって名前もいいですよね。考えた人偉いと思う。またいわゆる子供用自転車とは違い、本格的なMTBやBMXを思わせるような骨太なデザインなのも素敵です。

こちら先日白馬で開催されたAKI GREEN CUPの会場で試乗会をやっていて、そこで息子と僕が気に入ったことが購入のきっかけです。

実際にこうして試乗できたのは大きいです

取扱店や試乗会イベント情報などこちらに載ってます。
Technology | 子供自転車 軽量で細かいサイズ設定 ヨツバサイクル


ちなみにこの試乗会場では電動バイクの試乗もやってましたので、バイクデビューも果たした息子です(^o^)。コケると自動で止まるなど安全設計。

試乗会ではそんなにスピードは出ません。時速7Kmほど
設定を変えると時速20Kmまで出せるそうです

興味ある方はこちらどうぞ。試乗会イベント情報もあります。
ヨツバモト | 3歳からの電動バイク

都心だとなかなか走らせられるところがないのでちょっと厳しいかな…。

補助輪を使うことはなかった…


今年の初夏に公園でお友達の自転車(へんしんバイク)を借りてみたところ、いきなり補助輪なしでの走行に成功。間違いなくストライダーの成果です。その後、駒沢公園のレンタルサイクルでも補助輪なし自転車を楽しんでいました。

大きな自転車も乗りこなす?動画あり
カモノハシ通信3: 息子との自転車練習で肋骨を痛める…

「息子の自転車の補助輪を外す」というイベントが人生でできなかったのは、ちょっと残念です(^_^;)。

それもこれもストライダーの成果であることは間違いありません。とにかくバランス感覚がすごい!最初の乗り始めなど、ものすごくゆっくりの状態でもなかなかコケないんですよ。体でバランスをとりながら、どうにかペダルを漕ぎ始めることができるという。

これこのままうまいこと行けば自転車の選手になれるんじゃないか?くらい思ってしまう親バカさんです。



人気が出てるらしく現在品切れ中とのこと


ヨツバサイクルですが人気らしくメーカー在庫も切れている状況だそうです。試乗会で聞いてみたら再供給できるのが10月中旬ごろの見込み、と言われました。

うちは幸いなことに近所にヨツバサイクルの取扱店が複数あり、すぐに全てのお店に問い合わせたところ1店にだけ在庫があったためゲットすることができました。(色もちょうど好みのものだけが残り1台だったのでラッキー)ほしい方は早めに予約を入れたほうが良さそうです。

サトウサイクルさん


その1台を購入できたのが川崎市幸区南加瀬にあるサトウサイクルさん。「これから買いに行きますので」と言うと閉店時間を過ぎているにも関わらずお店をあけてくれた位、とても親切なショップでした。お店のお母様からは息子にジュースまで出していただき…本当にありがとうございました。(時間外の訪問は迷惑になるのでもうしません…)

店主さんは見かけほど無愛想ではなく(^_^;)、とても親切にいろいろなことを教えてくれます。お客さんが購入した自転車は引き渡すまでに徹底的にメンテしてくれるとのことで(詳しく教えてもらったのですが専門外なので覚えていません(^_^;)。ブレーキワイヤーも一度ホースから抜いて油さし直すとかそういう感じだったような…)、こだわりを感じる自転車屋さんです。

こういうお店で購入できて本当にラッキーだったと感じています。これからもお付き合いしていきたい。

サトウサイクル - 川崎市幸区の自転車店 販売も修理もお任せください 他店で断られた修理もご相談下さい

自転車レースに参戦も!


せっかくストライダーでこれだけレース参戦してきたので、自転車でも何かそういうのがないかと思って探したところ、ツインリンクもてぎで「ひよこレース」なるものが開催されるそうで参戦してきたいと思います。

大人や子供向けの自転車レースイベントの中で行われる未就学児のためのレースです。距離は1.5km。たぶん楽しめるでしょう。ストライダー友達のR君も参加すると言っていたので、また会えるのも楽しみです。

その後どうなっていくかは未定です。ロード方面に行くのか、MTB方面に行くのか?はたまたカート方面に行くのか?それともピアノ方面かチェロ方面か?夢が広がりますね(^_^;;;)

というわけで、ヨツバサイクルはおすすめです。ではまた!


2018年9月15日土曜日

AKI GREEN CUPのストライダーに今年も参戦!

昨年に引き続きAKI GREEN CUP2018に参加してきました。長野県の白馬岩岳スキー場で開催される自転車競技イベントの一環でストライダーの大会も2日間にわたり繰り広げられます。



まず初日がストライダー・デュアルパンプトラック。起伏の激しいオフロードコースを1対1形式で戦い優勝を目指します。昨年3歳時には準決勝で惜しくも敗退。むかえた3位決定戦でも転倒による無念の敗退で4位。表彰台を逃しました。今年はリベンジで表彰台を狙いたいところ。ちなみにその時3位決定戦で戦ったR君およびR君一家とはその後のストライダー大会でも度々お会いしお友達になりました。またまた直接対決なるか?

そして2日目がストライダー・スーパーダウンヒル。スキー場の緩斜面を利用した下りのタイムアタックレースです。こちら昨年は見事2位表彰台をゲット。人生初の表彰台でした。今年は是非優勝を目指したいところ。昨年1位の女の子は今年も参戦しています!

昨年の様子はこちらからどうぞ
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台

1回戦、2回戦を勝ち抜けば準決勝、そして決勝です。まずは1回戦を確実に勝ち上がりたいところですが、なんといきなりの転倒!練習で走りすぎて疲れたのかも知れません(^_^;)。結果やいかに!?

今回はニュータイヤを導入


本気で表彰台、あわよくば優勝を狙えるこのイベント。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)も気合が入っていて「今年はゴムタイヤ買うわよ!」との鶴の一声でニュータイヤ導入です。

うちは今まで純正の色違いタイヤを使っておりました。純正タイヤのメリットはとにかく軽いこと。乗り物において軽さは何よりも大事なファクターですので、僕はどっちかというと重量増になるゴムタイヤには乗り気でなかったのですが「いつも大事なところでコケるんだからコケないことを優先するわよ!」と言われ、それもそうだなと思い従いました。

純正900gに対しゴムのは1,700g。かなりの重量増加です

取り付けてみるとやはり重さは感じますが、その分転がりに力強さが感じられます。舗装路で走らせてみると明らかにスピードが増しており「これはすごい!」と思いました。逆に止まるのが追いつかなくなって危なく感じるくらい。直線競争なら間違いなくゴムの方が早いです。しかしストップ&ゴーの多いテクニカルコースや、摩擦係数の高い悪路でのレースとなるとどちらが本当に有利なのかはちょっと分かりません。



ただ言えるのはゴムのほうが純粋にグリップ力が高いため、コケるリスクは間違いなく低減されるはず。今回はそこに望みをかけて導入してみました。

デュアルパンプトラック・バトル!


最終結果まで1本のビデオにまとめました。そう言えば今年初参戦した子のお母様から「去年のYouTube参考にさせていただきました〜」てなお言葉を頂戴したりしており、動画公開も無駄にはなってないようです(^_^;)。

最近「とりゃー」とか「だりゃー」とか気合の声をあげることが多い息子。ヘルメットに付けたカメラだとその辺の音声も拾えていておもしろいです(^o^)。



と、

言うわけで、

結果はなんと無念の2回戦敗退 …。しかも白線を超える/超えないの疑惑の判定でアウトとされ終わってしまいました…。微妙にカメラに写せてないのがアレなんですが、僕は目視していて、白線超えたと思ったんだけどなぁ…。あれで1勝1敗にしてもう1本スッキリと走らせてくれればよかったのに…。とグチグチ今更言っても仕方ありませんね。残念ですが、これも実力のうちです。

お友達のR君との直接対決はなりませんでした。

練習を見ている限り表彰台はカタイ!と我々両親は思っていたので、内心とっても残念なのですが、こういう悔しい思いもたまには経験しとかないといけません。この思いを明日にぶつけてくれ!

そしてスーパーダウンヒル


こちらは対戦形式ではなく、純粋なタイムアタック。1本目が予選で2本目が決勝。決勝のタイムのみで順位が決まります。

昨年に続いての表彰台を期待したのですが…果たして!?



と、

言うわけで、

力及ばず!表彰台獲得はなりませんでした。残念!実はほとんどの子が2本めにタイムを落とす中、わずかでもタイムを上げてくれたのが嬉しかったです。ホンキで真剣に頑張ってくれました。それが何より一番大事ですし、感動しました。

今年のコースは去年よりも長く、途中上りの部分もあったりして、勇気と勢いだけではダメ。実力が問われます。

とは言え、ここに来てだいぶ「競争としての」ストライダーというところの意味がわかってきた息子ちゃん。次の那須塩原でのエンジョイカップが4歳での最後のレースとなるので、ここで是が非でも悲願の決勝進出を果たしたいところです。

いつもながらレースの準備、運営をしてくださったスタッフの皆様。ありがとうございました。とてもあたたかい気持ちを感じました。来年もよろしくです!

<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: 第5回HONDA青山GPに参戦!今度こそ決勝進出なるか
カモノハシ通信3: としまえんカップで悲願の決勝進出なるか
カモノハシ通信3: ストライダーとしまえんステージは大雨!
カモノハシ通信3: 2018年最初のストライダー大会は鴨川
カモノハシ通信3: 4歳初レース、結果はともかく一生懸命走ってほしい!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダー、予選1位通過!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ2017大阪に参戦!
カモノハシ通信3: ストライダー第2回ホンダ青山GPで念願の1位ゲット!?
カモノハシ通信3: ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーのハンドルをカスタマイズ!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破



2018年9月12日水曜日

白馬わさび農園キャンプ場で人生初のオートキャンプ

ついに行ってきましたよ。人生初のオートキャンプ\(^o^)/。場所は長野県白馬にある「白馬森のわさび農園オートキャンプ場」、予約サイトを丹念に眺めて良さそうな場所を選びました。テントやタープのレンタルがあったのもポイント。

キャンプ場の評価についてはこちらに書きましたのでご参照ください。はじめての人にもおすすめできる素晴らしいキャンプ場でしたよ!

https://www.nap-camp.com/usr/usr/usr_reviews_dtl.php?uri=19989

人生初にしては上手に張れた(と思う)テントとタープ

テントとタープはレンタルでいいけど、ペグは超大事


テントとタープは苦労したものの上手に張れたと思います。テントの機種は「ジュラルミンドーム300」。事前に電話で機種を教えてもらい、あとはネットで調べてテントの張り方を脳内シミュレーション。ジュラルミンドーム300そのものズバリの動画はなかったのですが、これは標準的な「2ポールテント」ということで類似のテント貼り方動画を何度も見ました。タープも動画で学習。この事前学習は非常に役立ちました。全くの初心者が当日ペラいちの説明書だけを見て設営するのはちょっとリスキーですもんね。

ペグ(ロープを張るために地面に打ち込む小さな杭)が重要という話を聞いてはいましたが、今回それを本当に実感しました。レンタルしたタープに付属していたのはプラスチック製のペグ。これを付属のプラスチックハンマーで地面に打ち込むのですが、まぁそれは大変でした。全然地面に刺さっていかない…。途中、何度か心が折れたくらいです。

かと言って中途半端な状態で使うわけにもいかないので、気合で打ち込みました。おかげで右手の親指にはあっという間に「ペグ打ちタコ」が(^_^;)。上手な人が打ち込めばもっと効率よくできたのだと思いますが(やってるうちにコツがわかってきた部分はある)、それにしても本当に疲れました。

テントの方には金属製のペグが付属していましたが、そちらは非常に楽に、そして確実に深く打ち込むことができました。

次回行くときは「マイペグ」を買って持っていこうかと。スノーピークのソリッドステークを買うと心に決めています(^_^)。


雨に濡れたテント。レンタルでよかった!


夜から雨が降り出しました。翌朝は雨の中撤収という「キャンプでもっとも憂鬱」らしい状況だったのですが、テントやタープがレンタル品で良かった…。幸い雨はしばらくするとやみました。

そうそう、ここのキャンプ場はサイトの地面にウッドチップがしいてあるため、雨でも泥々にはならずとても良かったです。地面に物をおいても汚れにくいですし。

雨よけとしての機能を発揮したタープ

夜ご飯はバーベキュー


バーベキューにはコールマンのファイアーディスクを利用。特筆すべきは炭。前回、本栖湖キャンプ場で使った炭を火消し壺の中に入れて保管していたのですが、今回もそれだけで完全に足りました\(^o^)/新たな炭を使う必要なし。

2回目利用でも非常に効果力でステーキも美味しくやけました。あとオクラも(^^)


買った炭が非常に優秀だったということでしょう。煙も少ないし、バチバチ爆ぜることもないですし、これは本当におすすめです。

【バーベキュー炭 七輪 網焼】 七輪用 小割炭(オガ炭) 優火備長炭(ゆうび) 3Kg
by カエレバ
バーベキューの後は焚き火を楽しみました。
カモノハシ通信3:はじめての焚き火。コールマン・ファイアーディスク大活躍


静かな夜に癒やされました


本当に何年ぶりだろう、ってくらい心落ち着く時間を過ごすことができました。



妻と息子が寝た後、僕はタープの下で1時間ほどイスに座ってぼーっと夜空を眺めていました。あいにくの曇り空で星はほとんど見えなかったのですが、風の音、虫の声に耳をすませながら、ただただぼーっとしていました。大学生のとき、真夜中に一人プールサイドでぼーっと佇んでいたときのことを思い出しました(^_^;) ※僕は当時母校水泳部のコーチをしつつ屋外プールそばの下宿にいっとき住んでいたので、しょっちゅう夜のプールに行ってはぼーっとしていました。(もしくはカモノハシ通信を書いていたか(^_^;))


体力的にはとにかく疲れていたはずなのですが、あの時間以上に癒やされるものはたぶんありません。今回ボクにとってはこの時間がキャンプ最大の醍醐味でした。(もちろん息子との時間や焚き火なども非常に意味のあるものでしたが、それ以上に)

時折雨がふってタープをたたきましたが、それもまた遠い過去の記憶を呼び覚ます…。

今回泊まったのはお盆明け翌週の平日金曜日の夜ということで、僕らの他には2組ほどしかキャンプ客もおらず、とにかく静かだったのが何より良かったです。

息子にとっての初キャンプ


息子にとってもはじめてのキャンプ、はじめてのテント泊ということで良い経験になったと思います。

が、

正直まだちょっと早かったかなぁと(^_^;)。わけも分からずいろいろ楽しんでいただけだと思います(^_^;;;)。これが小学校3,4年生ぐらいになると、いろいろわかるようになって、より心に残る経験になったのではと思います。緑の美しさや、炎の気高さ。夜の闇の深さや朝の喜び…。そんなものが感じられるような年になれば、また意味も変わってくることでしょう。

とは言え、朝の散歩でカエルを見つけたことや、陸わさびの収穫(芋掘り的な)など、楽しい時間が過ごせたと思います。


カエルはたくさんいたのですが写真に収めるのは至難の業!
わさびの収穫体験ができました。息子にも親切にしていただき楽しかったです

次回は…


未定です(^_^;)。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)的には「とにかく寝づらかった」のが不評だったようで、「次回、グランピングならいいよ」とのこと。グランピングって言うのはベッドや家具を備えた立派で大きなテントでの宿泊のことで、たいてい食材から何からすべて用意されています。僕からすると、お値段が高すぎるしキャンプの醍醐味に欠けると思ってしまうのですが…。まずは1回体験してみないことには何とも言えません。幸いまだテントは購入してないので、次回あるとしたらたぶんグランピングということになりそうです。グランピングと言いはって千刈キャンプの旧キャビンに連れて行ってやろうか、という案もあります(^_^;)。

もし次回テントのキャンプをするとなった場合、以下のことを忘れないようにしたいです。

1.ペグは良いものを自前で用意する。
2.マクラを絶対にどうにかする。
3.追加のマットを検討する。


と、いうわけで人生初のキャンプでしたが、非常に貴重で素晴らしい体験でした。必ずまたキャンプに行ってみたいと思います!あきらめない心\(^o^)/。ではまた。