2018年1月27日土曜日

時代はシンカリオン!旧タイプとの互換性は?

土曜日朝7:00からのアニメが「機動救急警察ドライブヘッド」から「新幹線変形ロボ シンカリオン」に変わりました。ドライブヘッドにかなり思い入れがある立場からすると(あれだけ投資したのだから(^_^;))寂しくもありますが、それがテレビアニメの宿命。シンカリオンは題材がみんな大好き新幹線というだけあってか、ドライブヘッドとは比べ物にならない注目度となっているようです。

シンカリオンはその名の通り新幹線がロボットに変形して悪と戦うアニメ。もともとはタカラトミーがプラレールのおもちゃとして企画した商品です。大きいのや小さいのなどいくつかタイプがあり、エヴァンゲリオンとのコラボモデルも存在しています。

これが…
こうなります!良く出来てる!

実はこのシンカリオン。最近になって出現したものではなく、息子が2歳だった2015年から発売されていました。今年になってアニメ化がされる遥か前から、様々な新幹線がシンカリオンとして商品化されています。

僕もかつてはこんな記事を書いたこともありました。





そして満を持してリニューアル!(親涙目)


ドライブヘッドでも開始からわずか3ヶ月ほどで機体がバージョンアップ。より格好良くなったマーク2が発売され(それも3機種とも)親を泣かせた過去がありましたが、それと同様のことが今回のシンカリオンでも起きています。

つまり2年前に発売されたE5系はやぶさや、E6系こまちが、今回新たにデラックスバージョンとしてリニューアルされ発売されたのです!

上の写真で緑色の機体のみがデラックスバージョン。よく見ると腕の付け根や足の構造などが、その両脇にいる旧タイプの青(E7系かがやき)や赤(E6系こまち)と異なっていることが見て取れます。この進化は非常に妥当性のあるもので、もともと構造的に弱かった部分がかなりしっかりと強化されています。あの変形ロジックをまたゼロベースから作り直したトミーの技術力には驚くばかりです。いやホントに。

しかし、旧機種を持っている親としては困りますよね(^_^;)。うちは偶然E5は所持していなかったので、デラックス版E5をためらいなく購入できましたが、ではE6、E7はどうすべきか…。デラックス版はアニメに合わせて「シンカカード」なるグッズが付いていて、それを後日発売される「シンカギア」と組み合わせて遊ぶ、というタカラトミーのし掛けた技にはまるべきか否か(^_^;)。

ちなみにリンク合体は可能です


リンク合体というのは別機種同士の合体。部品に互換性があるのでいろいろ組み合わせて遊ぶことができるのです。いや、旧機種どうしだとそうでしたが、デラックス版は果たしてどうか?

結論的には、ほぼほぼ可能となっています。

下の写真では、旧E7と新E5を合体させてみました。新の方が足が長くなっているので旧E7の下半身を使っている方(右手前)が背が低くなってますが、それはまぁ仕方ないでしょう。手に持てる武器なんかは問題ありません(なんなら穴の大きさ等はドライブヘッドとも互換性があります)

ちなみにタイプEVAは旧E6と合体して別形状になってます

タイプEVAとデラックス版との合体も問題ありません。グランクロスも撃てる(^_^;)

わざわざこの合体用に空けてる穴があったりします。考えられてる

さすが旧タイプとの互換性が確保されているようで、そこは安心しました。

なんにせよすごいぞ日本のおもちゃ


ことさらに「すごいぞ日本!」とか言うのは好きじゃありませんが(最近そういうテレビ番組とか多いそうじゃないですか)、シンカリオンについては心からそう思います。

僕が子供の頃にも遊んでいてたプラレール(来年なんと60周年)という規格の中で、変形ロボットまで生み出してしまうというその根性。子供が遊ぶおもちゃという性質上、安全性にも配慮しながら(例えばプラスチックの厚さや硬度なんか完璧)ですからね。素晴らしいです。

子供におもちゃばっかり買い与えて全く…、と思わなくもないですが(^_^;)、そこはまぁウチなりに考えてやっておりますので…。ではまた!

デラックス版から首が動くようになりました(^_^;)

間違えて旧バージョン買わないようご注意ください!(旧の方が高くなってます)

2018年1月17日水曜日

組織に従うのが正しいのかなんて

あなたは組織に従う人ですか?それとも組織に立ち向かう人ですか?

なんて聞かれても時と場合によるので何とも答えられません。僕個人は傾向として「組織に従う」方が強いかな、と。日本人的なのかも知れませんね。



それに関連して、ようやっと落ち着いてきましたが貴乃花親方と相撲協会の件、あれは結構世論を二分していたように思います。

・貴乃花親方は組織に従うべき(A)

という意見は会社組織を愛する年配者に多い、みたいな記事もありました。(ホントかなぁ?)

・貴乃花親方は自分の責任感・正義感で毅然と行動した(B)

という意見も一方であります。従うべき組織が腐敗してると考えてるならば、それも合理性のある選択です。

どちらが正しいかなんて僕にはわかりませんが、このAとBについて考えるとき頭に連想されてくるのはNHK受信料の話です。

・NHK受信料の支払いは決められたルールだから従うべき(C)

という人もいれば

・あんなルールはそもそも間違いだ。だから受信料は払わない(D)

という人もいます。

このNHK受信料問題と貴乃花問題を並べて見てみると、一見

・A=C(組織やルールが絶対、的な)
・B=D(自分で考えるほうが偉い、的な)

のように言葉ヅラだけ見てみると思いますが、でも皆さん必ずしもそうじゃないんですよね。たぶん。そこが面白いなぁと。

※正しいか正しくないかは興味の対象外なので言わないくださいね。

僕が選ぶのはBとCです。

貴乃花問題では、組織やルールを絶対視しないことを良しとしていますが、NHK受信料はルールをほぼ盲目的に正しいとしています。アベコベっちゃあアベコベですね(^_^;)。

ですが人間ってそんなものです。全ては程度問題。白黒ハッキリしないのが普通なのでしょう。白黒つけないカフェオーレ。僕だってNHKがものすごい悪だ!と思ったら受信料払いたくないでしょうし、貴乃花さんは現役時代のイメージから勝手に良い人だと思ってるだけかもしれませんし。

ただ言えることは「この組織は(このルールは)間違っている!」と声に出すことって、ものすごくハードルの高いことだということです。勇気のあるなしとは関係なく。だってそんなことを言う自分は何様か?ってことじゃないですか。

だいたい人ってみな井の中の蛙なわけです(^_^;)。全てについてプロ、なんていないわけで。ほ素人目線で???でもプロからみたら意味のあることなんていくらでもあるわけですからね。

車の運転だと例えば左折時に左に寄らない人がいたとして「そんなの意味ないじゃん!」とか言うならば、それは低いレベルで自分のアホさを宣言してるだけなのと同じです。

少なくとも自分の井の中の蛙さに気づかずにアホ宣言をするようなことは謹んでいきたいなと、そう思いました。もういい年なので(^_^;)。ではまた。

2018年1月16日火曜日

昨年よく読まれた記事

僕のような雑多な感じでブログを長く続けてますと、アクセスの多くは検索からの流入となります。最近はほとんど記事を書いてませんが、1日あたりのアクセス数はさほど落ちてないことからもそれがわかります。

ちなみに昨年一番アクセスがあったのはこちらですが、2015年に書いたものです(^_^;)


2位はこちら。こちらもなぜかずっとアクセスがあります。2014年に書いたもの。


3位はこれ。0歳児連れでプールに行きたいと思ってる人は一定数いるようですね。今ならもうちょっと情報ありそう。


こういった過去記事を除いて、2017年に書いた(わずか)60個の記事の中でよく読まれたものたちはこちらでした。

★第3位★

プラレール収納棚で検索する方が多いのでしょうか?自分としては上手にできたと思います。ここに書いてあるレクポストなる木材を使うと簡単に棚が作れるということを、この時知りました。

★第2位★

保育園ネタは常に一定のアクセスがあります。皆さん頑張ってらっしゃるのでしょうね。ちなみにデコパージュを上履きに貼るとすぐにボロボロになることが発覚しております(^_^;)。

★第1位★

4人乗りオープンカーで検索してくる方がいるようです。以外にもこれが1位でした。Cクラスのカブリオレが正直今一番ほしいです。当たれ宝くじ。

上位はいずれも3月〜4月頃の記事となっています。その頃にはYouTubeで寝返り童画もヒットしていたので、そのあたりも関連してそうです。

今年もこれまで同様たまーに役に立つ記事や、ごく一部の人の役に立つ記事をなるべく書いていきたいと思います(^_^;)。ではまた!

2018年1月15日月曜日

今年もよろしくお願いします

とっくに明けてますが、おめでとうございます(^_^;)。今年もよろしくお願いいたします。

年賀状です!


息子は今4歳。秋には5歳になります。いやはや時が経つのは早いですね。

当ブログですが、最近はなかなか書けておりません。昨年は全部で60記事と、2004年にブログ開始以来最小の記事数となってしまいました。今年はもうちっと気軽に書いていきたいものです。

そのためにはやはり自分用のMac Bookを買うべきか…。うちのmac miniは2011年製なので今年あたりサポート打ち切りになりそうだし。

存在意義がいまいちよくわからない当ブログですが、たまには役に立つことも書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします!