2006年12月24日日曜日

お祈り

えーと、母校の話なので興味ない人はすみません。いつものことですが・・

先日、イマニシ君から借りた「世の光、地の塩―私学人尾崎八郎物語」を読みました、一気に。

本の内容を知りたい人はAmazonとかで見てみてください。僕の母校である関西学院中学部の魂に触れることができる1冊です。ちなみに尾崎先生は僕の中では「副部長」のイメージ。とにかく怖かったけど、何かで誉めてもらったときにはそのこと自体よりも「僕はこの人から認められたんだ」という喜びがありました。

生徒を見捨てない、なんてことは先生として当たり前です。真に素晴らしい先生というのは、生徒から「この人から見捨てられたくない」と思われるだけの人間力を持った人のことだと思います。まさに本の中で尾崎先生が矢内先生に対して思っていたことと同じですね。

・・・

この本のエピローグに感動する人は多いと思います。僕も感動しました。キャンプファイヤーで決意表明をする話。これは啓明学園での話でしたが、中学部でも同じことをやってました。

そして僕がここで語りたいのは、僕が大学生リーダーとして参加した千刈キャンプでのキャンドルライトサービスの話。以前にもカモノハシ通信で書いたことがあります。むしろ僕自身が忘れたくないからこうして書き記しておくわけです。

・・・

新入生を迎える千刈キャンプ。2日間にわたるメチャビーで身心を鍛えられた後、最後の夜に行われる行事がキャンドルライトサービスです。千刈キャンプ場の食堂で全員で行う夜の礼拝。最初に暗い中で歌わないといけないからと、賛美歌を事前に覚えさせられたのを覚えている人は多いんじゃないでしょうか(ひーくれてー、よもーはくーらくー、わーがたまーはー、いとさびし…)。

全員のキャンドルが灯った後は川崎先生の講話があり、祈りがあり、そして「決意表明」の時間です。各自が自由に、自らの決意を表明します。ただし全員が行うわけではなく任意。発表したい人が自発的にスッと立ち上がり全員の前で決意を発表します。全体に与えられた時間は、キャンドルの灯が消えるまでです。

勇気ある生徒が最初に立ち上がり、拙いながらも自分の言葉で決意を語ります。そして間隔をあけながら、比較的勇気に恵まれた子供達が次々に発表していきます。多いのは「このキャンプで学んだことを生かして立派なKGボーイになります」ていうので、他には「リーダーみたいな人になりたい」と言ってくれる子も結構います。12歳の子供の決意表明の中身なんてそんなもんですよね。

僕は思うのですが決意の内容よりも、自ら立ち上がって発表するという行為そのものが(あるいは自ら立ち上がれなかったという経験そのものが)何よりも大事なことなのではないかと。実は僕自身中学時代、自分が立ち上がって発表したのかどうかは覚えてません(ということはたぶん発表したのだと思います)、けれど、そのときのその経験が今の僕の価値観や正義感や道徳観や行動倫理や・・・・ようは生き方になんらかの影響を与えていることは間違いないことです。(リーダーとして参加してみてそのことがよくわかりました。)

時間も中盤に差し掛かると「発表しようかどうしようか」というモジモジとした空気が流れ出します。完全無音の空間で200程のキャンドルの灯が揺れています。

実は僕は班付きのリーダーとして、自分の班の12名には事前に「とても良い経験になるから、みんな勇気をだして発表してみよう」と話していました。「決して強制はしない」としながらも、食事後12名で集まって「みんなが勇気を出せますように」ってお祈りしたりとかして。

僕はクリスチャンではありません。ですが誰かのためにする「お祈り」が好きです。リーダーの時もことあるごとに班のメンバーで「お祈り」をしていました。僕の言葉や、時には生徒の言葉で班のメンバーのために祈るんです。「メチャビーではみんな怪我無くそして精一杯できますように」とかそんな感じでさくっと、でも真面目に。クリスチャンでもないのになぜそんなことをしてたのかは自分でもよくわかりません。きっと、そういうことが真面目にできる環境であり、そして年齢であったからだと思います。そして僕はそうやって真面目にお祈りをすることの効果を信じていました。

さて僕の班の生徒達も立ち上がって発表をします。意外と「この子は勇気なさそうだな」って思ってる子が早めに立ち上がったりして驚くことが多いです。ただやっぱりなかなか立ち上がるのが難しい生徒もいます。「がんばれ!」と僕は心の中で何度も励まします。でもあくまでその子の任意です。

キャンドルの丈がだんだん短くなってきます。僕の班は1人をのぞいて他全員が発表を済ませました。あと1人。もしその子が発表したいのに勇気がなくて立ち上がれないのなら、神様どうか勇気を与えてあげてください。ウソ偽り無くそんな気持ちです。終盤にもなるとまた発表と発表の間には微妙な間が空きます。「もしかしてもうすぐ終わりかも」そんな緊張感も漂ってきます。

そのとき彼は立ち上がりました。何を語ったのかは覚えてません。でも立ち上がったその勇気に僕は心から感動しました。「僕の班のメンバーは全員発表したんだもんね」てな下らない理屈抜きに、本当に感動しました。

人が人のために神様に祈ること。また、自分のために祈ってくれている人がいる、ということを知ること。そして我々は等しく神様から愛されている、ということを知ること。関西学院中学部のキリスト教主義教育の根幹だと僕は理解しています。

そして人のために祈るだけでなく、実際に強くなること。それが関西学院の建学の精神です。勇気を出し、時には泥にまみれ、自らの血を流し、そして成長し誰かのために力を尽くす。思えばあの千刈キャンプは関学生としての全てが凝縮された、偉大なる最初の一歩だったのではないかと。

僕はリーダーをやらせてもらって本当に良かったです。水泳部コーチ同様、リーダーの時の話もつきることがありません。できることならいつまでも忘れずに心にしまっておきたいものです。最近寒いですしね。

2006年12月17日日曜日

奥多摩コペン

奥多摩コペン.jpg久しぶりに奥多摩に行ってきました。自分で運転して行ったのは初。今回はマツキダ先輩ビートと同行です。

冬の晴れた日、それはオープンカーにとって最高のシチュエーションです。帽子とサングラスと手袋をつければ全然寒くありません。暖房もシートヒータもほとんどいらない位でしたよ。

奥多摩は紅葉シーズンも終わり冬だったせいか、車もバイクもそれほどは多くなく、概ね快適にドライブが可能でした。武蔵五日市(東京都あきる野市)というところから奥多摩周遊道路までの「檜原街道」、そして奥多摩周遊道路、それから大菩薩峠方面に向かう道、逆に奥多摩駅方面へ、と奥多摩エリアを存分に走りまわることができました。

関東中心部の道路事情を知らない人のために説明すると、奥多摩というのは都心から気軽にアクセスできる唯一の峠地帯です(と言ってもそこまで3時間はかかりますが・・)。実は都内。奥多摩湖という美しい湖とそれを取り囲む山々の美しい景色を見ながらドライブしたり、散策したりすることができます。

道も比較的走りやすく、整備も行き届いています。まぁそれが「走り屋」さんたちを呼び寄せる原因の一つになっているかも知れないのですが・・・。

ちなみに関東周辺の峠地帯としてもう1つ有名なのは箱根です。箱根から伊豆にかけての有料道路も非常に快適です(2006年4月29日「味噌汁ドライブ」参照、って言う程のものではないけれど。)

概ね安全運転で走っておりました。今一番したくないことは事故なので。ただ「味噌汁ドライブ」でも書いたのですが、今回もやはりいました中途半端に頑張るBMW。遅いくせに先に行かせてくれない。なんか頑張っちゃうんですよね、BMW320。さっさと先に行かせてくれれば気が楽になるだろうに。あまりに気持ち悪かったので、今回は抜かせてもらいました。ちょっと偉そうですが。

奥多摩コペン2.jpg途中、ビートを運転させてもらいました。まじめに運転したのはこれが初だったのですが、正直に言ってとてもスリルがあった(笑)。車をコントロールする、ということの意味がまた1つわかりました。

とにかくフロントブレーキがすぐにロックするのには参りました。コペンと同じ感覚で「ギュ!」ってブレーキングすると、すぐにロックして、しかも不安定な状態になります。下りで2度ほど冷や汗をかきました。これでは安心してブレーキ踏めないです!!!ブレーキ、タイヤ、サスペンションを総合的に対処しないと速くは走れないということがものすごくよくわかります。と、言うか、この車でガンガン走っているマツキダさんが凄すぎる・・。

実は僕ってブレーキをロックさせた経験がなかったんですよね。あとフェードしてブレーキが効かなくなったこともないし。だから今日はむしろ非常に良い経験でした。途中からはある程度慣れてきて、ワザと一瞬ロックさせてリリース、ロックさせてリリースということもできるようになりました(ただし安全な直線において・・・)。でも峠の下りを存分に攻めるほどには至りませんでした。

確かにABSに慣れきっている今の僕のブレーキ技術なんてほとんど無きに等しいですよね。と、言う事を本当に思い知らされました。安全に速く走れるというのは良いことかも知れませんが、本来それはスポーツカーのあるべき姿ではありません。そういうのはベンツとかレクサスとかアウディとかに任せておけばよいです。車を自分でどこまでコントロールできるか、車と自分の勝負、それがスポーツカーです。なので今のコペンとビートだと、ビートの方があきらかにスポーツカーしてるということがわかりました。

かと言ってじゃあ性能を低くすれば良いのか、というとそれも違うわけで、スポーツカーの定義は本当に難しいですね。要は自分が楽しめるか否かなわけですが・・。

奥多摩コペンねこといぬ.jpgそして今回の最大の収穫はこの写真です。奥多摩駅の近所のガソリンスタンドにいた老犬とねこ。いい2ショットじゃないですか。ちなみにこのねこは飼い猫ではなく野良だそうです。でもこの犬の犬小屋で一緒に寝ているそうです。

この世知辛い世の中、心温まるいい話ですね。

というわけでスポーツカー、買いましょうよ。

2006年12月6日水曜日

ポリーニとKAN

ポリーニさん.jpgさっき家に帰る途中、初めて聞く音色のサイレンを鳴らしながらパトカーが猛スピードで目の前を横切っていきました。まるで獣のさけびみたいな「ぱお~ん!ぷお~ん!」って音。「ピーポー」とはあきらかに違いました。なんでしょう、新種?パトカーは普通の白黒クラウン(新型)でした。

最近買ったCDのことを書きます。

ゆずおだの事は2つか3つ前に書きました。今年の冬は「いつか」で決まりです。僕が持ってるレコード大賞を1つあげたいくらいです。(?)

��枚目の画像はマウリツィオ・ポリーニさんのピアノCD。ストラヴィンスキー「"ペトルーシュカ"からの3楽章」ほかが収録されています。先日買った「のだめオーケストラ」のCD2枚目にもちょっぴり収録されているあの曲です。のだめがコンクールで弾いて失敗した曲ですね。のだめは練習時間ほとんどなしで慌てて暗譜をして弾いていたわけですが、この曲を聴いてみるとそのこと自体のすごさがよくわかります。弾けることすら人間技とは思えないほど超難しそう。

このCDでのポリーニさんの演奏は(僕なんかが言うのもなんですが)見事の一言です。ただ速くて上手なだけではなく、細かい音のひとつひとつにまで表情があるように感じられます。目を閉じて聞いていると感じられる物語。本当にすごい。アマゾンで購入。

アマゾンでは同時に「のだめセレクションCDブック2」も購入。依然としてハマり続けています、のだめに。こういう企画ものの「ちょっとずつ曲が収録されていて、知ったかぶりができるオムニバスCD」って本来好きじゃないんですよね。「どこかで聞いたクラシック」とかも。せっかく聞くなら自分が選んだ作品を、きちんとした単位ですみずみまでじっくり聞き込みたいと思う僕です。と、いうわけでこのCDは「のだめグッズ」ということで購入。

ただし見てみると収録曲の解説や実在の有名音楽家によるオーケストラ・エッセイが非常に充実していて、これだけでも価値はあるなと思いました。特にオーボエ奏者茂木大輔さんが学生オケ時代にレナード・バーンシュタインを指揮に迎えたときの話はおもしろかったです。こういうグッズを毛嫌いしている人がいたら(それは僕のことです)それは損です。すぐに買いましょう。

ちなみにこちらにもストラヴィンスキーのペトルーシュカは収録されています(ただし第1楽章のみ)。演奏はロシアのイェフィム・プロンフマンって人です。やはりポリーニさんの方が良いです。音の表情が違う(←わかった風、そしてしつこい←自己ツッコミ)。

KANさん.jpgこちらは先日発売されたKANさんのシングル「世界でいちばん好きな人」です。2曲目にスピッツ「チェリー」のカバーが収録されています。最初のうちはオリジナルにやたら忠実なのですが、後半は遊びまくっていておもしろいです。表題曲はアルバムからのカット。3曲目にこないだ行ったライブの音源が収録されていてちょっと嬉しい。

あと久しぶりに発売されたKANさんのピアノ・ソロ楽譜を購入。こういうニッチ狙いの商品があるのが嬉しい。でもKANの場合はピアノ好きのファンが多いだろうからけっこう成り立つのかな。

来年春にはまた弾き語りコンサートがあります。HPでファン会員向けの先行予約が始まっていたので予約しました。でもたぶん抽選だろうなぁ。大阪と東京の2箇所を申し込みました。どっちも当選したら・・・、どっちも行きます!

いやぁ、音楽って…ホントいいものですよね。

2006年12月5日火曜日

1年以上経って

2260be8a.jpg1年経つのが早い。

キューちゃんが亡くなってからもう1年以上経ちます。

この写真を見ると、泣けてきます。

それにしてもホント1年があっという間だなぁ・・・。

2006年12月4日月曜日

ヒライとスズキ

平井と鈴木01現在大学生の後輩2人が東京に来たので新宿に行ってきました。ヒライ君とスズキ君。もちろんイナガキ君も一緒。僕が大学生の時の、中学生たち。

��2のコンサート(埼玉スーパーアリーナ)を観に行くついで、ということなのですが、せっかく「こちら」で会えるのだから会おう!と。あの日の中学生たちと東京で飲みに行くのって、なんだかヘンな感じです。

��枚目の写真はスタジオ・アルタの前ですね。

新宿ではまず「ペンギンのいる居酒屋」に行きました。文字通り居酒屋に入ってすぐにところにペンギンのいる居酒屋で僕も初めて行きました。たしかにいましたよ2匹。でもただそれだけ。ペンギンさんもいささかくたびれていました。

平井と鈴木022軒目はなぜか「海の家」。客引き合戦が落ち着いた感のある(それでもまだまだたくさんいますが)歌舞伎町にて。白ひげのキャプテンが経営する、こだわりがあるのかないのかわからないけれどと、とにかく飲み物だけはやたら安い店でした。こういうところにヒライやスーさんと来ていることが何よりオモロイ。

��枚目の写真はその店の前です。なんか怪しいですね。

彼らも来年は大学4年生ということで就職活動、そしてあっという間に社会人です。またいつの日か新宿ででも飲みたいものです。


平井と鈴木03この写真は彼らが中3のときの写真です。本当はさらに横にセラちゃんがいるのですが、今回はあえて2人にしてみました。うちのプールでの1枚。

いつの時代にも「名コンビ」ってのはいますが、ヒライとスズキもまさにそんな「名コンビ」です(もしからしたら「迷コンビ」かも(笑))。2人とも本当に心優しい男前なヤツらです。スズキは誰に対しても公平で、やさしくて、人の心の痛みの分かる人間で(そのように成長する過程・背景にはきっと色々あったのでしょう)、だけど少し繊細でナイーブです。ヒライはそんなスズキのことを誰よりもよく理解し、支え、そして守っている。そんな風に僕には思えます。

ヒライは予想通り男前に成長したけれど、心の大事な部分は本当に変わってませんね。昔のままです。これからもずっとスーさんを守っていってやってほしいです。

・・・ちょっと僕の勝手な妄想の世界が広がってますね。本人たちすみません。他の写真ほしかったら送るからメールください。

平井と鈴木04これは中2の時の写真。阪神大会の開会式に整列したときの写真。後ろにモリサキがいます。あと実はセラが隠れています。

��人のツーショット写真を探したのですが、意外と少ないんですよね。もちろん全体の中で2人一緒に写ってる写真はたくさんあるんですが、2ショットはない。ヒライとダイ、ダイとスーさんってのはたくさんあるのに(笑)。

・・・

彼らと接するたび、せめて彼らからガッカリされない程度の人間ではあり続けようと強く思います。

2006年12月1日金曜日

いつか

いつか"ゆずおだ"さんのCDシングル「クリスマスの約束」の3曲目は「いつか」です。すごくいい。

さっき寝る前にネットをしていたらCDランキングの1位に"ゆずおだ"さんが出ていたので「あ、忘れてた!」と思いあわててツタヤで買ってきました。星空オープンの下けっこうな音量で聞きながら帰ってきました。

"ゆずおだ"さんとはゆずと小田和正のユニットです。

��曲目もすごくいいんですよね。ゆずの良さを小田和正が思いっきり引き出しています。ゆずの2人はいつもの倍ぐらい歌が上手く感じます。小田和正も歌は控えめながら「まだまだゆずはかなわないな」と思わせるほどの美しい声。そして小田和正テイスト満開のアレンジがまたいいんですよね。

それにしてもこの「いつか」にはやられましたね。好きな人は聞くしかないです。説明するのも難しいくらい、良かったです。

・・・

「いつか」って曲にはいろんな思い出があります。また「いつか」が大好きな人を何人も知っています。ゆずの曲の中でも、間違いなく上位にくる名曲です。セラちゃんは「『いつか』をきくことが趣味(?)」とまで言ってましたね。"夏みかん"さんの「いつか」も懐かしいです。(ここで公開したいくらいだけど、怖いからやめとく)。そしてにせゆずでの「いつか」も。そういえば中学部水泳部の送別会で僕とイナガキ君の2人でやりましたね。あと、れいれいさんのピアノと僕のギターでイナガキ君が歌って録音したりもしましたね、この部屋で(笑)。

・・・

いつか、また。