2009年2月26日木曜日

味覚で不覚

先日、ちょこざいな挑戦を受けた。

そうあれは2月14日、血のバレンタイン。僕に渡されたのは板チョコ2枚。お馴染みの明治ミルクチョコレート、そしてロッテのガーナチョコ。

とりえあずそれを食べて味を覚えな

犯人から言われるとおりに食べる僕。味は覚えた。やっぱり明治ミルクチョコレートの方が自然な味で好みに近い。ガーナチョコはなんだか人工的な風味が強い。

そして次に手渡されたのが小さな箱。恐る恐る箱を開けると中からはココア色の小さな物体が多数、規則的に並んでいる。新手のプラスチック爆弾か?



「それは生チョコだ」

ほっとする僕。一息ついたのもつかの間、犯人から衝撃的な言葉が発せられる。

「それはそれぞれ明治、ガーナ、森永の板チョコを原料として別々に作られた生チョコだ。どれがどれか当てろ!間違えたら…わかってるな」

「…!」

僕は上の列から順番に、慎重にチョコを味わった。

上段の生チョコは好みの味ではない。ガーナか?いや森永の可能性もあるな…。

中段も好みの味ではない。人工的な感じがする。これがガーナか?

下段だけやけにやわらかい。そしておいしい。これは明治だ、間違いない。

再度慎重にそれぞれを味わう僕。それを不敵な笑みを浮かべながら眺める犯人。一筋の汗が僕の頬を伝う。

「わかった。上が森永、真ん中がガーナ、そして下が明治だ。」

「間違いないか?」

「間違いない。」

「ファイナルアンサー?」

「…ファイナルアンサー」

犯人の目を見る僕。犯人の目が大きく見開いた!

「ハッハッハ!馬鹿め!!大はずれだ~!ハ~ハッハハハ!」

正解は上から明治、森永、ガーナらしい。全てはずれ。信じられない…。

「普段から偉そうなことを言っているが、所詮おまえの味覚などそんなものだ!!ハ~ハッハハハ!!バカバカバ~カ!」

「…くっ!」

まんまと犯人の思惑にはまってしまった僕。これ以上の屈辱は無い。

犯人の名前はハーマイオニー。マグルにしては優秀な魔女だ。

2 件のコメント :

  1. はいはい・・・ご馳走様・・・ぷぷっヾ(≧3≦)ノ

    返信削除