2018年6月18日月曜日

息子との自転車練習で肋骨を痛める…

これ5月19日の話なので、ちょうど1ヶ月なわけですがようやく違和感がなくなってきましたよ、僕の肋骨(^_^;)

この日はハーマイオニーさん(奥様=魔女)実家の川口に遊びに行かせてもらい、そこで急遽甥っ子くんの自転車を借りて息子が自転車練習をすることになりました。普段ならヘルメットやサポーターなどちゃんと用意するのですが、この日は急だったのでそのへんは無し。代わりに僕がしっかりとサポートすればいいやと、そんな感じです。

練習自体はけっこう上手くいきました。バランスをとる力が完全に身に付いていて、かなりスピードがゆっくりでも上手く調整してコケないようにしていました。ストライダーの威力は絶大です。



問題は行きの道中です(^_^;)。

自転車を押して公園に向かうときに思ったのはその重さ。普段ストライダーに慣れている僕と息子からすれば、なんと重たいことか!(普通の小学生用自転車なんですが)

息子が両手で押して歩くのを、僕も後ろからハンドルを両手で持って、いわば二人羽織状態で歩いておったのですよ。そのとき急に息子が力を入れすぎてしまい、自転車が逆サイドに倒れそうになりました。当然僕は自転車をこちらサイドに戻すべく試みましたが、自転車は重く、そして息子の体重がすでに向こうサイドにかかってしまっていたため、立て直しに失敗。

このままでは息子が僕の下敷きになってしまう!と、とっさの判断で僕は前方にジャンプ!と言ってももう45度くらい体が傾いていた状態だったので、自転車を飛び越すのがギリギリ。頭の中では回転レシーブ的に受け身を取りながらクルっとまわる想定だったのですが、たぶんそれは失敗していて(^_^;)、変な体制のまま真横にドテっと道路に落ちてしまったようです。非常にカッコ悪い。想像してみてください。低い姿勢からカエルのようにジャンプして、傾いた状態から真横にドテっと道路に落ちる42歳のおっさんを。悲哀です。しかもそれをハーマイオニーさんやハーマイオニーお母様、ハーマイオニー弟くんに目の前で見られてるんですからね。悲哀そのものです。

が!「惨めさに負けないこと」を生きるポリシーにしていると言っても過言ではない僕なので、その後一瞬で立ち上がり誰よりも早く息子の元へ行き自転車を起こすのでした。偉い。

右肘のスリキズに痛みを感じながらも、僕も人生経験それなりに長いので「コケたらこのくらい痛いのは当然だよな」と自分を納得させながら、その後の息子の自転車練習に付き合っておりました。サドルを一番下げても息子は足がつかないので、止まるときは僕が支えるしかなく、常にそばを走ってました。偉い。

「それにしても大人になってからコケると(増加した体重もあって)痛さがハンパないな」と思っていると、だんだん左の脇腹あたりに鈍痛が(^_^;)。大きく息をしたり、笑ったりすると明らかに肋骨が痛むじゃありませんか!

結論的に病院には行きませんでした。耐えられないくらいの痛みではなかったですし、5月はけっこう年休使っていてそれ以上休みたくなかったですし、ネットで調べると肋骨にヒビが入ったりしていても特に治療方法はなく、せいぜい湿布を貼るくらいだと情報を得ていたからです。こういう自己判断って大体は良くないので、痛みの具合によっては肋骨の場合でもちゃんと病院に行くのが正解だと思いますが、今回の判断は間違ってなかったかな。

ただしばらくは寝るときに痛むのが往生しました。最初の数日は確実に眠りが浅かったです。今現在に至っても、痛む方を下にして横寝するとまだ若干の違和感があります。て言うか手で押さえるとまだ痛いです(^_^;)

日常生活は問題なく送ることができますが、常に痛みと隣り合わせの24時間というのは嫌なものですね。そういうのを余儀なくされている方には、本当に同情いたします。

そんなこんなで昨日またハーマイオニーさん実家に行ってきました。今度は甥っ子とドッジボールして案の定、突き指…。突き指も久しぶりでしたが、これ痛いですよね。小学6年生の投げるボールなんて意外とキャッチできるもので、調子に乗ってかなりの至近距離からボールを受けようとして失敗しました(^_^;;;)。でも当然その場では「突き指したー!」とか言いませんよ。恥ずかしいので(^_^;)。こちら1日たって、まだまだ絶賛赤紫中ですが、痛みはかなりひいてきておりますので。

というわけで、いい年したご父兄の皆様方におかれましては、子供の遊びにあんまり無理して付き合うと大変ですよ!ということがお伝えしたいことでした。ではまた!

2018年6月13日水曜日

第5回HONDA青山GPに参戦!今度こそ決勝進出なるか

5月の3週連続ストライダー大会参戦!のラストは第5回HONDA青山GPです。青山2丁目にある本田技研の本社前で開催されました。エンジョイカップに比べて人数も少ないので今度こそ悲願の決勝進出を狙います!



ところでHONDA青山GPは昨年からスタートしてこれで5回目なのですが(うちは赤坂開催の第4回のみ欠場)、毎回進化が感じられる運営に感心しています。当初滑りやすかったコーナーには滑り止めのマットが敷かれ、狭かったコース幅も工夫によりかなり広くなりました。エンジョイカップのスタッフさんも多数参加されていますが、皆さんが真摯に改善を重ねてくださってるのを感じ、その心意気に胸をうたれます…、ってのは少しおおげさですが(^^)

なんとこの日はお友達が応援に来てくれました。都心開催ならではですね。ストライダーには乗れなくとも、ホンダ本社のウェルカムプラザ内には子供が楽しめるアトラクションが用意されており、お友達ちゃんもとても楽しんでいました。



さらにさらにこの日は昨年9月に白馬で開催されたAKI GREEN CUPにてバンプトラックの3位決定戦で対決した「同じヘルメット君」とも再開。なんと今年も直接対決が実現してしまいました!昨年は惜しくも敗北を喫した息子君ですが、今回は果たして!?

というわけで動画です。


予選は突破するものの、準々決勝で敗退…。いつものパターンです。準々決勝では出だしのスピードを見る限り2位には入れそうだったのですが、終始キレの無い走り=やる気のない走りで脱落…。終わった後は負けを認識して号泣するのですが、だったら何故もっと本気で走らないのか?もしかして本番のレースを走ってるという認識がなかったのかなぁ…?

全力で走って負けるのなら親としても満足いくのですが、どうも最近は消化不良です(-_-;)

今年に入ってからすべてのレースで予選を通過しており、それはなかなかの戦績。ストライダー「中級者」レベルには達しているとは思うのですが、そこから先に是非行ってもらいたい!ポテンシャルはあると思うんですよね、他の子と比べて体も大きいし。

これはやはり親子でもっともっと練習して、レースに向けての気合を高めていくしかないですね…。パイロンとか買ってコーナーリングの練習させたろかいな。

今後にむけての光明


ただ今回大きな収穫がありました。どうやったら速い子みたいに姿勢を低くして、思い切りストライダーを押すように前に前に走れるのかと、いつも考えておったのですが、そのための練習法を発見したのです。

それはまさに相撲の押し稽古(^^)/。

息子が前に走ろうとするのを僕が正面から抑える、ただそれだけです。息子は僕を必死になって押すのですが、その姿勢がまさに速い子の走行姿勢。じわじわ後退しながら、必死に押させることで形を覚えさせます。そして野に放つ(^_^;)と、見違えるようなスピードでダッシュを決めるではありませんか!

今回はまだ練習したてで実戦には生かせなかった(むしろ得意なスタートが遅くなってしまった…)のですが、もっともっとこの形で練習すればきっと速いフォーム、そして「速く走ること」を覚えてくれるのではないかと期待しています。

次回の参戦予定は未定なのですが、8月後半のAKI GRENN CUP、そして第6回HONDA青山GP(こちらは日程未定)あたりには参加したいなと。エンジョイカップもできれば9月の那須の大会には出たい。9月の那須は誕生日直前、4歳として最も有利な時期にあるので、ここで是非決勝進出したい!あとAKI GREEN CUPは昨年に続いて表彰台をゲットしたい!そう願っております。

果たして悲願を達成できる日はくるのでしょうか!?ではまた!

<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: としまえんカップで悲願の決勝進出なるか
カモノハシ通信3: ストライダーとしまえんステージは大雨!
カモノハシ通信3: 2018年最初のストライダー大会は鴨川
カモノハシ通信3: 4歳初レース、結果はともかく一生懸命走ってほしい!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダー、予選1位通過!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ2017大阪に参戦!
カモノハシ通信3: ストライダー第2回ホンダ青山GPで念願の1位ゲット!?
カモノハシ通信3: ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーのハンドルをカスタマイズ!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破

2018年6月11日月曜日

としまえんカップで悲願の決勝進出なるか

5月の3週連続ストライダー大会参戦!の第2回は「としまえんカップ」。その名の通り練馬にある遊園地「としまえん」で独自開催されているストライダー大会です。前週のストライダーエンジョイカップがとしまえんでの開催でしたので2週連続でのとしまえん訪問となりました。エンジョイカップに比べると参加人数も多くないので今度こそ決勝進出なるか!?




コースはエンジョイカップとは別。としまえんに常設されているストライダー・エンジョイパークのコースを使って開催されます。ストレートとシケインから構成されたテクニカルコースで、後半のシケイン(というのは連続コーナー)を上手にクリアできないと勝つのは難しそうです。

レースの様子と結果はこちらです。




ご覧のとおり、またもや準決勝敗退…。準決勝ではうまくいけば2位に入れそうだったのに途中失速しての惨敗。最後まで一生懸命走ってほしかった…。

動画の最後にも入れましたが、ここは遊園地なのでレース前後にジェットコースターや急流すべりも少し楽しみました。1日がっつり遊園地を楽しむのであれば1日パスを購入するのがお勧めですが、ストライダーメインだとそうもいかないのでこの日は乗り物ごとに都度お金を払うスタイル。結局ミニコースター2回に急流すべりを親子で乗っただけなので、その方が全然得でしたよ。

息子ちゃんは身長が110cmを超えたので、ほとんどの乗り物に乗れるようになりました。そしてなんとジェットコースター(ミニコースターの方ですが)に1人で乗車するというチャレンジも!まさか本当に一人で乗るとは思ってなかったのでビックリしましたが、おかげで写真も撮れたし400円浮きました(^^)/。



その他、動物とふれあったり(なんと大蛇やハリネズミに触れるコーナーも!)しつつ、としまえんを楽しみました。

ストライダーの実力はなかなか上がりませんが、本気を出した時のスピードはなかなかのものになってきたので、とにかくレース全般を通じて一生懸命に走ってもらうようどうにかモチベーションを上げていくしかありません(-_-;)。もので釣ってもいまいちなんですよね…。

この翌週はHONDA青山GP。昨年も3回参戦して、敗者復活戦ではありますが初めての組1位を達成した縁起のいい大会です。今度こそ決勝進出目指して頑張ろう!ではまた。


<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: ストライダーとしまえんステージは大雨!
カモノハシ通信3: 2018年最初のストライダー大会は鴨川
カモノハシ通信3: 4歳初レース、結果はともかく一生懸命走ってほしい!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダー、予選1位通過!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ2017大阪に参戦!
カモノハシ通信3: ストライダー第2回ホンダ青山GPで念願の1位ゲット!?
カモノハシ通信3: ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーのハンドルをカスタマイズ!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破

2018年6月6日水曜日

キャンプに行きたい!そして千刈にも

特にアウトドア人間ではないのですが、なんだかキャンプをやってみたいそんなお年頃(42歳)です。テントを張って、テーブルを置いて、バーベキューして、夜は焚き火をして、寝袋で寝るような、そんなキャンプを!

きっかけはおそらく「よつばと!」12巻。よつばたちがまさにキャンプに行くお話です。これが発売されたのは2013年ですから、そこからじわじわとキャンプ行きたい熱が高まってきたということでしょうか(^_^;)



最近になって一気に火がつきまして、ネットでキャンプ場を検索してみたり、テントなどのグッズを検索してみたり、家族キャンプのブログを検索してみたりと、日々調査に余念がありません(^_^;)。おかげで「やりたいキャンプ像」が見えてきました。

・なるべく広いキャンプ場で
・できれば川とか湖がみえるような場所にテントを張って
・日中は子供と遊びつつ
・夜はなるべくシンプルにアウトドア飯を食べ
・コーヒーを飲みながら焚き火を堪能
・静かな夜と満点の星空
・真っ暗な中を懐中電灯をもって歯磨きに行き
・21:00には家族3人テントでおやすみ…
・と思ったけど、もうしばらくはテントの外でのんびりビールを飲む
・朝は朝日とともに起きて
・しばらく散歩を楽しんだのち
・しっかり後片付けして終了!

みたいな。子供がいるからそううまくはいかないと思いますが(^_^;)。

最大の関門は妻


テントで寝るのはイヤ、虫がイヤ、暑いのもイヤ、せめて日帰りなら考えなくもない…。そんなハーマイオニーさん(奥様=魔女)。

おそらく最大の敵は虫なのではないかと考えています。テントの中には、さらに蚊帳のような形で寝室が形成されており虫が入る心配は少ないはずで、その辺をアピールしていかなければなりません…。

テントの外では、少し離れたところにランタンスタンドを立てて光量の多いガソリンランタンを吊るしておけば、虫はそちらに引き寄せられるそう。キャンプ場によっても虫の多い少ないはあるようなので、そのへんもしっかりリサーチし報告することで理解を得ていきたいところです(^_^;)。

まずはキャビンやロッジに泊まるという手もありますね。どうでしょう?

このムック買ってよかったです↓

特にやりたいのは焚き火


最近は地面に直火での焚き火は禁止されているところがほとんどなため、焚き火台なるキャンプグッズがあって人気なのだそうです。ちょっとしたバーベキューにも使えるようで、うちみたいな3人家族ならもしかして焚き火台だけでいけたりするんじゃないでしょうか?これがほしい!安いし。


そんな焚き火台をロの字に囲むローテーブルに憧れています。バーベキュー時には食事もできるし、焚き火の際はコーヒー置いたりできるかな?子供を火から遠ざけられるのも良いところです。

こちらのブログに僕は感化されていて、この方の真似をしようと心に決めています。




行くとしたらまずはオールレンタルかな


まずはオールレンタルでとりあえず1度キャンプをやってみて、妻こみで「また行きたい!」となったならば、テントやタープの購入を考えたいと思います。

買うならsnow peakのエントリーパックTTがいいなぁとか、いろいろ妄想して楽しんでいます(^_^;)

できれば7月に一度行ってみたいなぁと考えております。

息子と一緒に千刈キャンプ場に行くという夢


夢というと大げさですが、実現できれば相当に嬉しいことです。千刈キャンプ場というのは兵庫県にある関西学院が運営しているキャンプ場。中学部や高等部に入学するとまずここでオリエンテーションキャンプを過ごすことになります。僕もまず中1のときに(当時は入学式の直後でしたよね)ここのログキャビンに泊まりメチャビーをして5Kmのマラソンを走りました。あのときの記憶というか空気感は今でも覚えています。

僕の学年ですね(^^)

その後も高等部の生徒会やら宗教部活動やら、大学時代は母校リーダーとかそういうのでたびたび訪れてはその度に特別な時間を過ごしました。ベーツキャビンとか、三角屋根のチャペルとか、コロシアムとか、食堂とか、思い出すと胸が熱くなります。

宗教部のキャンプです。僕は高3
かなり個性的なメンバーが参加してくれておりました!ここはセミナーハウスかな?

本当であれば息子には関西学院に入学してもらって、その千刈キャンプ場で素晴らしい体験を得てほしいところなのですが、残念ながらその実現可能性は非常に低いのが現実。関西に戻る予定は特にないので。

でも親子でキャンプなら可能。キャンプサイトにテントを張ってもいいですし、あのボロボロの木造ログキャビンに泊まるもよし。あそこの空気を息子に吸わせたい。

OBの皆さん、今度一緒に行きませんか?僕、オルガンかピアノ弾くからみんなで賛美歌を歌いましょうよ。「ひーくれてー、よーもーはくらくー、わーがたまーはー、いとさびしー」って中学部OBの皆さん覚えてませんか(^_^;)。久しぶりに若手水泳部で集まるのもいいな。もうあのプールはないし…。奥様連中は新キャビン(ほぼ普通の家)に泊まってもらって、お父さんと子供は旧キャビンで泊まるとかね。

そんな企画をするかどうかはわかりませんが、近い将来息子を連れて行くことは、必ず実現したいなぁと思っております!ではまた!