2018年3月28日水曜日

我が家はアシックスに移籍、ニューバランスは改善を!

一番新しい息子の靴はアシックスです。とても気に入っています。

この靴。串あぶない(^_^;)

以前ニューバランス推しの記事を書いたことがありました。今調べたら3年近く前でビックリ。実際ずっと息子の靴はニューバランスがメインでしたし、ハーマイオニーさん(奥様=魔女)と僕のスニーカーもニューバランス996を歴代愛用してきました。

カモノハシ通信3: ベビーシューズはニューバランスがおすすめ
カモノハシ通信3: 保育園生活における靴のローテーションについて





ニューバランスは是非改善を!


ところが息子の靴のサイズが17cmを超えた頃から、あの全幅の信頼を置いていたニューバランスにイマイチ感を覚えることが多くなってしまいました。息子用の靴としてニューバランスを気に入っていた最大の理由が大きな一枚マジックテープ。幼児にとって非常に扱いやすい形だったのですが、少し大きめの996からはもう無いんですよ…。

代わりにこのタイプを買ってみたのですが、これが非常にイケていなかった…。



マジックテープ部がとにかく短い!接着部の面積が少なく短いため、テンションがかかるとすぐに剥がれてしまいます。剥がれるとさすがに息子も気になるので自分で貼り付けますが、またすぐに剥がれるの繰り返し。かなり致命的。保育園の他の子のとこも同じようなことを言っていたそうです。

上の写真の手前右側の靴には本来「996」と書かれているベロの部分に白いマジックテープが貼ってあるのがわかると思いますが、あれは僕が自分で貼り付けたもの。とにかくすぐに剥がれてしまうため、マジックテープの粘着力を少しでも上げて剥がれにくくする工夫です。しかしそれでも剥がれてしまい、しまいにはベロの下にマジックテープ部を通して履く始末。これでは本来の性能がでませんし、格好悪いです。

買ってから随分たちますが今でも同タイプの996が売られていることから、ニューバランスさんはこれを改善するつもりがないと判断し、泣く泣く選択肢から外しました。珍しく買って失敗した靴です。

そこでアシックスに乗り換え


グランツリー武蔵小杉内にアシックスの専門店があることと、機能性とデザインを気に入ったことからアシックスに乗り換えました。マジックテープが2本のタイプとなるため1本のものに比べると履きやすさは劣りますが、十分に許容範囲です。それよりも作りの良さと特に軽さはニューバランスにも負けないグッドポイント。

店舗のシューアドバイザーさんがきちんと計測してくれるので安心感もあります。それも親目線できっちりオススメしてくれまして、当日いた男性店員さんは「今ベストなのはこちらのサイズなのですが、それだとやはり『もったいない』ので買うならこちらのサイズがオススメです。これでも十分対応できるので」みたいなことを言ってくれて、もうだったらそちら買いますよ、と(^_^;)。「もったいないので」と言える店員さんのレベルは非常に高いと思います。

そうなると親子で揃えたくなるのはウチだけ?


てなわけでハーマイオニーさん(奥様=魔女)用と僕用のスニーカーもアシックスで新調しました。ウォーキングシューズ(中国製)でけっこうお安いもの。アシックスからは意外とオシャレデザインのスニーカーも出ているのですが、うちは「お揃い感」を出したくあえてこの靴にしました。このサイドラインが無ければアシックスっぽくないですもんね。



大人に対してはより専門的な足計測を無料でしてくれて、適切なサイズや、合う靴を提案してくれます。ひょっとしてもっと高い種類の靴や中敷きをプッシュされるのかと思いましたが、特にそういうこともなく、なら逆に中敷き作りたいなと思ったほどでした。

紙でもらえます。

ニューバランスはこの「お揃い感」が特に素晴らしかったのですが…。またいつかニューバランスで揃えられる日が来るといいのに。

最近はプーマの靴もお気に入りでした


これもつい先日までかなり愛用してました。白い靴を買うのはかなりチャレンジングだったのですが、意外と全然問題なかったですね。洗えばキレイになりますし。見た感じが爽やか!

これでストライダーエンジョイカップにも参戦しました
息子用には良い靴でしたが、プーマで親子おそろいはなかなかハードル高いですね(^_^;)。

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)的にはコンバースなんかも履かせてみたいそうなので、今後はあまりブランド問わず買っていくことになるかも知れませんね。ではまた!

2018年3月27日火曜日

紛失防止のMAMORIOは3/31まで半額です

去年あたりからスマートフォンと連動した紛失防止用のタグがいくつか販売されるようになってきました。小さなタグを一度スマートフォンと紐付けておけば、そのタグがスマートフォンから物理的に離れると通知してくれたり、紛失した時に「最後に保持していた時間と場所」を教えてくれたり、場合によっては様々な手段で落とした場所なんかを割り出すことができるかも知れなかったりするもので、サイフやカギ、人によってはペットなんかに付けて使います。

青いのがMAMORIO。赤や黒もあります

詳しい使い方は公式ページを見てください。

MAMORIO | あなたの大切なものを守る世界最小クラスの紛失防止デバイス

僕もずっと気になっていたのですが、1つ3,000円以上して、しかも電池持ちが1年程度と聞いてなかなか購入には踏み切れませんでした。人生で財布を置き忘れたことはそんなにありませんし、果たして買う意味あるのかな?と思いつつ、でもやっぱこういう新しいガジェットは自分で試してみたい…、でもやっぱ高いよな。みたいな(^_^;)。

それが今、期間限定で半額セールをやっています\(^o^)/。

乗せられてあっという間に買ってしまいました(^_^;)。

このMAMORIOは紛失防止タグではたぶん一番有名な商品です。多く普及することで、MAMORIO対応の紛失操作ステーションができたり、他のMAMORIOユーザーが持つスマートフォンとの「すれ違い通信」機能により、個人を特定せずによりタグの位置を検索できるようになったりとメリットが多々あります。

気になる方は今のうちに試しに買ってみると良いですよ。買って使ってみたところで、そんなに満足感はないですけどね(^_^;)。いざという時に役立ったらいいな。ではまた!

2018年3月26日月曜日

日々訪れる「初めて」の怖さと喜び、突然できたさかあがり

親が目を離したわずかな間に車から外に出て行方不明になり、後日川の下流から発見された3歳の男の子の事件がありました。子にスマートフォンで動画を見せることで「大丈夫」と、父親は油断してしまったようですが、それを安易に非難することはそうそうできないのが今どきの子の親ではないかと自分は感じています。また「そうは言っても…」と責めるにはご家族が気の毒すぎて苛烈です。

この事故を扱った記事で印象に残ったのがこちら。

子どもが一瞬であなたの前から消えるワケ : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/5

「幼児は『初めてできた』の連続」であり、「大人が『ドアを内側から開けることはできないだろう』と考えていても、その『初めてドアを開けられる瞬間』がいつ来るのか大人にはなかなか予測ができない」という趣旨の内容です。本当にその通りだと思います。

油断した大人が悪い、と言うのは簡単で、浅薄です。どれだけ注意していても、ヒヤッとする瞬間から逃れられる親子なんてこの世に1組もいないと思います。我々にできることは、その頻度を少しでも下げるために出来る限りの想像力を働かせることくらいです。

突然できた逆上がり(壁あり)


この話題と結びつけることに若干の迷いはありましたが、でもこれは本当に表裏一体のことです。



あと少し外れますが「自分の幸せを書くことで傷つく人がいることがわからないのか!」と真剣に叱ってくる人がたまにいますが、それに対する僕の態度は「無視」です。言葉はキツイですがそれしかないじゃないですか。人を傷つけようとして書くことは悪だと思いますが、そうでない場合すべての他者の気持ちを平等に慮ることは不可能です。さもなくば沈黙するしかない。それでは何も生み出さないですよね。「嵐のチケットが買えた」とSNSに書くと「買えなかった人のことも考えろ」と炎上するそうですが、なんだかなぁと思います。…よね。

本当に突然、逆上がりができるようになった息子です(^_^;)。ちょうどハーマイオニーさん(奥様=魔女)と僕が2人共いるときに、テテテテと走っていって鉄棒にぶら下がり壁を駆け上りはじめた息子。最近かなりアクロバティックなこともできるようになってきた4歳児なので、鉄棒の上に立ったりなどいろいろやってはいたのですが、最初のきっかけはおそらく偶然の産物なのでしょう。

2、3度補助してグルンと回してやった後、あっさりと一人でできるようになってしまいました。



これ喜ばしいけど、本当に恐ろしいです。「初めて」がいつ訪れるかわからないことの、まさにそのもの。

うちは階段からジャンプしたり、壁を登ったりなど飛んだり跳ねたり系の体験には非常におおらかです。ヨソから見たら「危ない」と思われていることもあると思います。それはチャレンジする心や、自分を知ることの大事さを親として重要視しているからなのですが、当然そこにはリスクもあり、全ての親が「チャレンジとリスクのバランス」には悩んでいるのではないかと想像します。それこそ自転車に乗れるようになれば子供のリスクは倍増するのです。

そして積極的にチャレンジをさせることで「初めて」はよりハイペースで訪れることでしょう。そしてチャレンジのレベルが上がることで確実にリスクは増えていきます。喜ばしくもあり、怖くもあり。でもそれが人生。それは断言できますよね。

チャレンジに際し、子には喜びと怖さの両面を伝え実感させ納得させていかなければいけないと強く思います。そんなことを考える今日このごろでした。ではまた。

2018年3月25日日曜日

無茶苦茶ダンスコンテスト

GIFって見られるのかな?


以上、無茶苦茶ダンスコンテストでした!

2018年3月24日土曜日

自己肯定感のためのYouTube

偶然昔の自分の動画を見ていて思ったこと。

オレ頑張ってるなー。

そんな自己肯定感を持てることって、今の世の中本当に大事で貴重です。

そんなわけで昔のを掘り返して、あらためて紹介。すべてYouTubeにアップされているものです。

※出て来る名前はすべて仮名です!

1.イノウエくんの結婚式

今見ると若干プライバシーを侵害しているような気もしますが、でも!この気持のこもったピアノを感じてほしい!愛する後輩のために、本当に泣けるくらい頑張って練習してこの日を迎えているんですからね。

この時だけですよ、スライドショー作って(それはいつものこと)BGMを生演奏したのは!いやーこれももう10年前か…(^_^;)



2.イナガキくんの結婚式

イノウエくんと言いイナガキくんといい、水泳部の後輩には特別な思い入れがあります。

今から見ると妙に懲りすぎてる動画でうざいですね(^_^;)。左下のワイプが意味わからん。



3.サイクミ2次会

こちらは会社の同期の結婚式2次会。水泳部後輩だけではなく、会社関連でも僕は演奏しまくってます。演奏してないときが本当に珍しいくらい!

この時はもともとギターで演奏すべく練習してたのですが、直前で手首を骨折してギターを弾けなくなったため急遽ピアノに切り替えた経緯があります。ギブスしたままでは弾きづらかったので、この日はギブスを外してのぞんでいます。最後の最後、アルフィーみたいな3重ハモリを披露してるのですが、僕の声がほとんど拾われてませんでしたね(^_^;)。

あとこれ、この演奏の音源がYouTubeの著作権検知に引っかかったという(自分の中での)伝説があります。つまりYouTubeさんが「あ、レミオロメン歌ってるな」と検知したということです。



他にも演奏動画ありますが、ひとまずこの辺にしておきます。

すみませんでした。ではまた!

2018年3月23日金曜日

写真の値段について

ストライダーの大会に参加すると、プロのカメラマンが撮ってくれた写真を購入することができます。具体的にはこれらの人たちです。

SHORLY SUDOH の写真販売サイト | SHORLY SUDOH インターネット写真販売サイト

スポーツ写真サイト オールスポーツコミュニティ

当日配布されるチラシに記載のIDとパスワードでその日の写真を見て選んで購入することができます。

例えば2L写真だと1枚1,500円位。データだと1枚3,000円位です。セット割引みたいなものもあって、ゼッケン番号で仕分けされていてそのゼッケン番号の写真詰合わせみたいのだと1万円なのでお得と言えばお得です。

写真1枚に1,500円もしくは3,000円。とりあえず高い!ですよね(^_^;)

僕なんかは下手すれば簡単に2万円くらい払ってしまいます。それはなぜかと考えると、やはり写真の価値を十分に理解しているからなのだと。

Shorly IMAGEさま

©allsports.jp

僕も保育園のオフィシャル写真を撮ったりしますが、そこには熱意と愛情と膨大な時間がこめられています。僕の場合それを無償で保育園に提供し、保育園は販売サイトから1枚50円で販売しますが、本当のプロに依頼した場合それは絶対に不可能です。もちろんその分クオリティはあがりますが。

世の中の方がその辺をどの程度理解しているのかなぁ〜とたまに思ったりします(^_^;)。

と・は・い・え、高いものは高い!今回は節約の意味で超厳選で写真を購入しました。オールスポーツさんの方はいつもは1万円のセットを買うのですが、検討を重ねた結果本当の本当にほしい写真は上の1枚だ!と結論を出し、割高ではあるけどトータルコストを抑えるため1枚買いしました。

証拠(^_^;)

自分でも一眼レフを持っていきますが、なかなかベストのポジションでいい写真を撮るのは至難のわざです。当日はどっちかというと動画を撮りたい気持ちになりますし。一番いいのは僕みたいな写真好きの友達ファミリーを1つ持って、自分ちのレースのときは写真を撮ってもらい、相手ファミリーのレースの際は僕が写真を撮る、みたな形ですが、そうそうそんな人はいません(^_^;)。

というわけで、プロの写真家さんには本当に感謝しております。Shorlyさんなんかは毎回声をかけていただいて、それも嬉しいです。(うちはいつもヘルメットにカメラを付けてるので印象深いのかも知れません)

そんなわけで、ではまた!

↓今一番ほしいもの

2018年3月21日水曜日

自分で作るスーパーボール

YouTubeで見たとかで「スーパーボール作りたい」と言う息子。きっと面倒なことだろうとあーだこーだ敬遠していたのですが、調べてみると100円ショップでそういう商品が売られているとのこと。「100円ならまぁいいか」と(^_^;)、雪の中クロスガーデン川崎のセリアまで買いに行ってきました。


球状のプラスチックのカタに粉を入れ、3分間水につければ一応完成です。ただそのままでは非常にネチョネチョしていますのでしばらく乾かす必要があります。こだわり派の方はこのネチョネチョ状態で形を整えてから乾かすと、より丸っこい完成形になりますよ。

パッケージによると最後「しばらく乾かす」とのインストラクションがあるのですが、反面「このスーパーボールは完全に乾くと弾まなくなります」みたいな注意書きも。んー難解だ!

1パックで3個分。今回は2パック買ってみました。

5時間くらい乾かすと、いい感じになりました。ちょっとまだ湿ってるのですが、手に持ってベタベタするほどではありません。試しにフローリングに投げつけてみると、思った以上に弾みます。スーパーボールだ!

そして今、作ってから9時間ほどたちましたが、けっこういい感じでスーパーボールです。細かいゴムの寄せ集めみたいな素材なのですが、手でうにうにと弾力を楽しめます。かなり乾いてますが、まだまだ弾力はありますね。

このおもちゃ、以上です!これ以上でもこれ以下でもない(^_^;)。

まぁ4歳児がほとんどの工程を自分でできる、自分で作れる、という所が最大のグッドポイントかと。当然ですが大人がやって面白いものではありません。

108円で(今回は216円で)親子2人楽しい時間がもてることを考えるとむしろコスパはいいかも知れません。今日みたいに悪天候時の休日のアクティビティに悩んだら、たまにやってみるのは良いかもしれませんね。ではまた!

Amazonにこんなのもありました。作るかも(^_^;)

過去文書:壁になる

なんとなく昔の自分の文章を読み返してみました。大学生のくせして全体的に偉そうではありますが、親となった今でも言ってることはよくわかります(^_^;)。久しぶりの過去文書です。1998年当時の(今で言うところの)ブログ記事「一人語り日記」より。

1998年9月10日

-------------------------------------------------------------------------------------------------

枠について1「壁になる」 投稿者:くろたき  投稿日:1998年11月15日(日)01時21分02秒

水泳部のコーチを引退してもう3ヶ月がたった。けど僕の気持ちはまだまだ切れそうにない。一体いつになれば精神的にも水泳部から卒業できるのか、それはまったくの不明です。

さて、自分がコーチをしていたことについて振り返ると、いろいろ心がけていたことや、こうすればよかったこと、後悔してること、反省すべきこと等を思います。で、今日の父兄会で思ったこと、というよりホントは口に出して言いたかったことを書きます。

僕は中学生を指導する立場として、彼らを枠(わく)にはめたくはありませんでした。

どちらかと言えば枠にはまらない、自分でものの考えられる人になってほしいと考えていました。(それがメインじゃなかったけど)だけど、こっからが大事なんだけど、

枠にははめないけど、僕は彼らに「枠」を与えようと思っていました。

どういうことか。僕が思うに今時の子には強力な「枠」の存在が不足しています。最近の文部省の「ゆとりの教育」とか「自主性を重んじた教育」なんて、「枠」を悪者扱いして、それをどんどん取り外そうとしてると思いませんか?そりゃ確かに子供達からしたら「枠」なんてものは鬱陶しい存在だから、なければもっとのびのびできると思うでしょう。

けど、僕は思うのですが、思春期の子供達は、ぶつかって反抗するべき枠があって、それにぶつかっていくことで成長するんじゃないでしょうか。相撲のぶつかり稽古みたいに。こないだ僕が講演会を聴きにいった河合隼雄さんも本の中でこう言ってます。「子供は成長してゆくとき、時にその成長カーブが急上昇するとき、自分でも押さえきれない不可解な力が沸き上がってくるのを感じる。それを何でもいいからぶっつけてみて、ぶつかった衝撃のなかで、自らの存在を確かめてみるようなところがある。(中略)壁にさえぎられ、子供は自分の力の限界を感じたり、腹を立てたり、くやしい思いをしたりする。しかし、そのような経験を通じてこそ、子供は自分というものを知り、現実というものを知るのである。」

僕はこの人の書いてる本を全面的には賛成できませんが、この部分はよくわかります。でもここで問題なのは、どこまで子供を理解しようとするかなんです。

つまり、わかりやすい例をあげると、春先の水の冷たいプールで練習中にある生徒がコーチに向かって「こんな寒いのに泳がせるなんておかしい」って言ったとします。(あくまで例ね)。ここでコーチがこの生徒の言い分も理解できる、確かに寒いからもうあがりなさい、と言ったとする。これではなんの壁にもなってないですよね。だから「理解」と「壁」は相容れない関係にあるんです。

さっきの例にもどります。僕だってプールが寒くて、たぶんこいつは本気で限界だと感じてこういうことを言ってるんだと理解します、が、あえてその理解を押し込めて「泳げ」と言います。「壁」になるんです。そしたらその生徒は本気で腹を立てるでしょう。「まったくこのコーチは一体なにを考えてるねん」って。でも、もしここでもう少し泳ぐことができたとしたら、腹立たしいながらももっと泳げる自分を発見できるんです。

ただ、こうやって壁になるのははっきり言って疲れます。だって文字通り生徒がぶつかってくるんだから。もしぶつかってこられて、すぐに壊れてしまうような壁じゃあ逆効果だし、僕が100%正しいなんてことはあり得ないからです。責任だってでてきます。

でも僕は思うのですが、本当の絆をつくろうと思えば、こっちもそんくらいの覚悟をもって、(極端な言い方をすれば)命をかけて壁になってやるべきなんです。成功するか失敗するかはわかんないけど。

さっきも書いたけど社会全体を見たとき、今の子供にはぶつかっていける、生きた壁が不足しています。今までは無条件に親がそうでしたが、最近は生半可に「理解のある」親が増えてきているように見受けられます。「理解」という言葉を使って壁になることから逃げてるんです。いつの間にか「枠」が「壁」という言葉に化けていました。この続きは近々。 


2018年3月20日火曜日

うちのマンションは民泊禁止になりました

先日、国への民泊事業登録制度が開始されました。自分ちに他人を泊まらせて収益を得たい人は皆すべからく登録が必要。民泊仲介サイトAirbnbを使うにも国に事業登録した番号が必要になるとのこと。一気に規制がきつくなった反面、逆に「ようやく始まった」感もある人にはあるのかもしれません。

最近ではマンションの一室を闇民泊として使って、住民とのトラブルになる例も起こっているそうです。

うちのマンションでは規約改正をして「民泊禁止」ということになりました。禁止に賛成が圧倒的多数。

民泊OKを求めていたとある住人男性(30歳くらい)は「これからの時代マンションの価値を落とさないためにも多様なことにチャレンジすべき。きっちりとした規約を作ればトラブルを最小限に抑えることも可能。オリンピックもあることですし是非!」と熱意を持って語っていました。

気持ちはわかります。何ていうか新しいことにチャレンジしないと未来はない感、って健全ですよね。今の時代停滞は死をあらわすといっても過言ではないって、誰かが言っていたような気もしますし。僕も新しい物好きの端くれとして、心意気には賛同してあげたかったです。

が、結果圧倒的多数で民泊禁止。まぁ妥当ですよね。

僕も民泊禁止に賛成です。

・わざわざ不要なリスクを取りたくない。
・何かが起こってからでは遅い。
・財政面でも今のところそこまで困ってない。

みなさんだいたいこんな意見だったように思います。旅行者を想像するとき、今時はだいたい外国人の方を思い浮かべます。信頼のおける知り合いや「ユーは何しにニッポンへ」に出てくるようなフレンドリーな方ばかりなら良いのですが、そうでない素性もわからない方たちがマンション内を跋扈する未来はなるべく避けたいです。皆がみなそうでないと理解しつつ、最近の東京を見ているとマナー面で相容れないレベルの旅行者の方が多く目についてしまうので。

子供がいるご家庭は不安でしょうし

きっと同じように規約で制限するマンションは多いでしょうね。

それにしても国がどうしてそこまで民泊を推進しようとしてるのか理由がわからないですね。それに対し兵庫県なんかは自治体レベルで相当に厳しい制約を設けることで、ある意味国に対して対抗しているように見えます。面白い。

果たしてどうなるのか。日本人元来のメンタリティーに思いを馳せると、民泊が馴染む未来はちょっと想像できないような気がします。おおっぴらな移民政策も同様です。

ちなみに僕は今マンションの管理組合の理事長をやってます。

ちょうど大規模修繕工事が3月から開始されたのですが、工事業者選定からのたくさんの問題をクリアしてようやくたどり着いた状態で、ある意味非常にドラマチックです。「食い物にされるマンション管理組合」的な話があるじゃないですか。あれ系のお話。

あと現在進行形で進めようとしているのが「マンション共用部の禁煙化」。これについてはまた今度書きます。ではまた!

2018年3月19日月曜日

健康診断で感じた顧客満足度の要素

先日会社の健康診断があったのですが、そこで気がついたこと2点。

看護師さんが全員例外なく素敵!

血圧測ったり視力測ったりしてくれるお姉さま方が看護師さんなのかはよくわかってないのですが、とにかく皆さん素敵。うちの会社は何とかという健康診断サービス会社に委託して自社内で検診を行うのですが、いつもそう感じます。

何が素敵かというと

・挨拶が素敵
・笑顔が素敵
・テキパキ感が素敵

ということ。顔の造形を問わず(平たく言えば美人さんでもそうじゃなくても(^_^;))、笑顔で挨拶してくる方は素敵です。それも「思わずこちらまでつられて笑顔になってしまう」レベルの皆さんばかり。毎日たくさんの人の相手をして(中にはおかしな人もいることでしょう)、気疲れするでしょうし、慣れから生じる油断みたいなものも起きがちなのが普通だと思うのですが、ホントに皆さん目の前の人ひとりひとりに、丁寧に接しておられました。

そして仕事がテキパキしている!順番待ちのイスの順序が乱れそうだと誰かがサッと立って「すみませんがこちらにお座りいただけますか(ニコッ)」と声をかけ、ややこしい質問をしてくる輩がいれば先輩がさっと代わって質問に答え、代わってもらった後輩は自然に先輩の業務を引き継ぎます。とてもスムーズ。当然、視力の測り方や血圧の測り方、採血の仕方なんかも全く問題ありません。テキパキしています。

考えてみれば上記3要素さえできていれば大抵の仕事はスムーズにまわるはずです。特に客商売なんてそうじゃないでしょうか?30年前のマクドナルドの店員さんがそうであったように、10年前のスターバックスの店員さんがそうであったように、そんなお店は必ずお客様からも愛されるはずです。(今のマクドナルドやスターバックスが全体的にダメってわけではないですよ。僕の勝手極まりないイメージ、個人的経験に基づく感想です)

IT関係の仕事だって自分の専門性を発揮するエリアなど限られているわけで、結局大事なのは計画する力や段取りする力、人と協力する力だったりします。上記3要素が揃っていたなら、その人は決して「あいつ仕事できねーな」とはならないはずです。

あれだけの人材をよく集めたものだと心から関心します。すごいぞ、何とかっていう健康診断の会社(^_^;)。

他に「育ちの良さ」って素敵さも


あと微妙に関係ないですが、仕事で手伝っていただいている、とあるパートナー会社さんの若手社員はみんな今どき珍しいくらい「良い子」ばかり。おもてヅラが良いだけ、とか、妙に腰が低いだけなんてことはなく、責任感も十分あるし付き合いやすさもあるし職場の雰囲気も良くしてくれるしでとても助かっています。彼らに共通するのは「自然とにじみでている『育ちの良さ』」です。育ちの良さと言って必ずしも実家が裕福とかそういうわけではないと思うのですが、「ちゃんと育てられているな」と感じること多々です。きっとそういう目線で採用活動をやっているに違いありません。

「育ちの良さ」ってのは社会人になってから後天的に身につけることは難しいと思いますので、うちの息子も将来そう感じてもらえるよう日々意識して「ちゃんと」育てていきたい所存です。

育ちの良さが感じられない息子の写真(^_^;)

ではまた!


2018年3月18日日曜日

茨木市の彩都西公園はロングスライダーが楽しい

息子を連れて大阪の実家に行った際にここ何回か訪れているのが茨木市にある彩都西公園。比較的最近開発された彩都エリアにある広大な公園です。



こんな感じでとにかく広いです(^_^)。天候・気候によってはレジャーシートを広げてピクニックするのにも最適です。たくさん人がいても人口密度が上がらないのがいいところ。平日はもちろん土日でも臨時駐車場が開かれているようで車で行っても問題ありません。

ストライダーを練習することも問題ないようで、写真のような草原で走ることもできますし、外周にはグルっと400m以上はある舗装路も整備されているので、そこでトレーニング(^_^;)することも可能です。(もしかしたらストライダーはグレーゾーンの可能性もあります。今まで一度も注意されたことはありませんが。周りへの配慮と子供へのヘルメット着用は忘れずお願いします!)

以前「3歳児とミニ四駆」みたいな動画を作りましたが、そこに途中でている公園が彩都西公園です。適度にデコボコなのでミニ四駆を走らせてもすぐに止まってくれます(^_^;)。ただし機体は砂まみれで最悪再起不能になるかも知れませんのでご注意!


動画はこれです。



名物のロングスライダーは滑りごたえ満点!


70mもの距離を誇るロングスライダー。要は滑り台です。これは大人が滑っても超楽しい。僕も滑りましたし、息子のおばあちゃんも滑りました。地元の子は簡易ソリ的なものをお尻の下に敷いて滑ったりしていますし、もしあればダンボールかなにかをお尻に敷いたほうが良いとは思いますが、無くても全然問題ありません。かなり滑りは良いです!

ただし問題はこの階段!登るの大変です(^_^;) ここを何度も何度も登る子供の力強さに感動すら覚えるくらい。普段運動不足だとヒザいためますよ、こりゃ。


外から見ると「落ちそう!」と思いますが、実際滑る落ちそうな気配は全くありません。「落ちるのは怖い」と理解できている3歳児以上なら一人でも十分滑れると思います。

滑っている息子を、滑りながら動画で撮影してみました(^_^;)。どうぞ!



こんな感じで非常に適度に楽しいです\(^o^)/。関西エリアの方は一度行ってみてはいかがでしょうか?近所には大阪モノレールの彩都駅や、ちょっとしたショッピングモール、それにイートインが充実したパン屋さんなんかもあって休日の午後を気軽に過ごすにはもってこいかも。

うちもまた行きたいです。ではまた!

2018年3月17日土曜日

月額無料のdカーシェアを使ってみました

うちの近所でも最近はよく見かけるようになってきたカーシェアリングサービス。1時間とか15分といった短い時間単位で気軽に車を借りられるサービスです。多いのはタイムス駐車場に併設されているもの。特に意味もなく試しに使ってみたいと思いつつも、利用料の他に月会費が発生するため二の足を踏んでました。イテッ

そこに登場したのがdカーシェア。月会費が無料というのが大きな特徴。これなら「特に必要性は感じてないんだけど興味あるからとりあえず登録しとくか」ということができます(^_^;)。利用料金はフィットやアクアなら15分220円。6時間以内なら距離料金は無し。結構気軽に使える料金です。昔のマンガ喫茶みたいに(今もかな?)パック料金なんかも設定されていて、夜間長時間だと安かったりもします。

ドコモのサービスですが、当然誰でも使えます。うちも今はドコモ回線保持してませんし。(dポイントは結構貯まってるけど)

先日ついに初回利用してみることができましたので、使い勝手を簡単にご紹介。

1.まずはアプリで予約


d carshareのアプリにログインすると位置情報から「あなたの周囲に○○台のクルマがあります」と表示されます。検索ボタンを押すと地図上に近隣の対象車が表示されます。

dカーシェアさんは既にそこそこクルマを配置できているオリックス・カーシェアリングと組んでいるため、都内やうちの近所だとボチボチヒットします。

あとは希望の場所、クルマを選び借りたい時間を選んで利用登録するだけです。

もっともアプリのレスポンスや使い勝手はまだまだイマイチで、僕でも「あれ?どこで時間を選べるんだ?」と迷ったくらいですから、そういうのに疎い人は結構ハードル高いかも。サポートセンター大変だろうな…。

2.予約した時間の15分前にクルマのもとへ


アプリ上の地図や案内を頼りにクルマの元に行きます。普通に駐車場に止まってるうちの1台がカーシェア用になってたりするので、該当のクルマを見つけるのは大変かも。もちろん「オリックスカーシェア」「dカーシェア」と書かれたパイロンは置いてあるのですが、見えづらい位置にある可能性もあり。ちなみに僕は2度も通り過ぎてようやく気が付きました(^_^;)。

最初はパイロンがもっと壁際にあって見えなかった!夜だし


3.専用の番号に電話をかけて初回利用登録(Suica利用)


※これはdカーシェアを初めて利用するときのみの作業です。

クルマについたら初回利用登録です。アプリの案内が非常に分かりづらいのですが、初回利用方法の中に電話番号が記載されています。もしくはクルマに貼られた案内シールにも番号が記載されていました。

ここでは自分が所有しているSuicaなどの電子マネーカードを専用キーにする手続きを実施することになります。今後はアプリで予約した後、時間になればSuicaをかざすだけでドアロックが解除されクルマを利用できるようになるのです。

ここにSuicaをかざして利用登録、カギの開閉を行います。

手続きは初回のみ電話で行うのですが、モバイルSuicaやApple PayのSuicaを使う方はできるならそれとは別の電話機を使った方がいいでしょう。(もし電話を2台持ってたら(^_^;))電話の指示に従って、何度もSuicaをかざすことになるからです。

またiPhoneのSuicaを使う場合かざすだけではダメパターンとなります。事前にホームボタン2度押しでApple PayモードにしてSuicaを選び顔認証もしくはTouch IDを通しておかなければ反応してくれません。普段自販機等でApple Payを使い慣れている方なら問題ないと思いますが、そうじゃない方は意外と苦戦するのではないでしょうか。

電話のむこうのお姉さんの指示にしたがって初回利用登録を終えると、無事クルマのキーが空いて車内に乗り込めます。車内でも幾つかのオペレーションがあるので指示に従いましょう。

正直な所、初回利用時はかなりハードルが高いなと感じました。もちろん電話で丁寧に教えてくれるので焦らずじっくりやれば誰でもできるとは思いますが、こりゃサポートセンターは大変だろうな…。

4.そしてドライブ


車自体は普通のフィット。レンタカーでしか乗ったことはないのですが、いつ乗っても運転しやすいクルマです。アクセルは過敏だと思いますが。

普段iPhoneをナビとして使っている僕は、iPhoneホルダーがあればいいのにと思いました。カップホルダーに入れて使ってみたのですが画面下のほうが見えない(^_^;)。それか普通に備え付けのカーナビを使いましょう。

予約したエンド時間までに元の場所に戻らなければいけませんが、延長も可能。ただし延長は事前の申請が必要で、料金も通常の2倍。なるべく延長しないようにしないとですね。

ガソリンは1/3を切ったら給油するルール。給油の際は車内備え付けのカードを使うとのことで利用者の負担はありません。給油した場合は利用時間が15分延長されます。

今回僕は乗車中ちょうど残量が1/2を切ったのですが、するとカーナビ画面から「燃料が1/2を切りました」と音声&文字で案内が。普通のカーナビと違ってもろもろクルマの制御と紐付いているようです。

5.元の場所に戻ってカギ閉めて終了

元に駐車場区画に入れてエンジンオフにしてダッシュボード内の専用キーを「返却」にまわして、車外からSuicaかざしてキーロックすれば全て完了です。

そう言えばエンジンを切ったらナビの画面に走行距離と時間、利用料金が表示されました。さらにその後「あなたの運転評価」と出て「急加速は控えましょう」だと(^_^;)。いやいやスムーズな運転でしたよ!

アプリもしくはメールにも利用結果が届きます。ただ問題は料金。今回30分利用で予約していたので440円だと思っていたのですが、500円との表示が…。

500円とな?
よくよく説明を読むと、ここで表示される金額は本当に請求される料金ではなく暫定的に時間料金+距離料金を計算したものなのだそうです。実際は6時間以下なので距離料金はかからず440円のはず。非常にわかりづらい!もろもろパック割引の計算のための制約等あるのでしょうが、わかりづらすぎる!こりゃサポートセンター大変だろうな。

と、こんな感じでした。全体的にサポートセンターさん大変だろうなとは思うのの(ドコモだからその辺は手慣れたものなのかもしれませんね)、使い方によっては非常に便利に使えるサービスだと思います。家の近所にたくさんこういのがあれば自家用車なんて持つ必要ほとんど無いかもしれませんね。

実際家のすぐ横の駐車場にオリックス・カーシェアが1台登場予定。たまに気分転換に違うクルマに乗れるってことが楽しみです。(そういう人は少数派かも知れませんが)

とにかく月会費が無料なので、登録しておいても特に損はなさそう。興味ある方はひとまず登録してみてはいかがでしょうか?(何かのまわしものみたいですが、何の利害関係もありませんし、紹介料もらえるリンクも貼ってませんよ\(^o^)/)ではまた。

カーシェアならdカーシェア|ドコモのカーシェアリングサービス

2018年3月16日金曜日

生きものになれる展でライオンになった息子

あとペンギンやバジリスクにもなりました!


これは4月8日まで開催されている「MOVE 生きものになれる展」に行った際の写真。場所はお台場エリアにある日本科学未来館。大阪でも4月21日からひらかたパークで開催されるそうです。

MOVE 生きものになれる展

想像していたより規模は小さかったのですが、一つ一つの展示や体験コーナーが丁寧に運営されていて、とても楽しめました。子供のいる家庭がもっとも楽しめると思いますが、意外にデートコースとしてもいいかも知れません。

息子が特にお気に入りだったのは冒頭の写真のコーナー。ペンギンになって氷を模した滑り台を滑り巨大ザメに飲み込まれるものです。単純にコスプレ・フォトスポットとして良い。もっとちゃんと写真撮っておけばよかった!

その他ダンゴムシになったり、バジリスクになって水上を走ったり、サルになって大声を出したり、などなど。詳しくはホームページを見てください。


ライオンになってシマウマを襲っちゃおう\(^o^)/


僕的にもっとも面白かったのがこのコーナー。ライオンになった気分で、画面に映ったシマウマがよそ見をしている間に近づいて襲おう!という自然界の厳しさを教えようとしてるのか何なのかはよくわからんのですが、そんなコーナー。

息子は4歳。果たして意味分かってるのかな〜?と半信半疑でやらせてみた結果がこちらです。面白かった!



思ってたより理解していた(^_^;)。途中失敗して地団駄踏んで悔しがる所が親的には一番面白いです。

4歳でも意味さえわかればクリアできて、小学生でもそれなりに楽しめる設定は絶妙でした。中には4回のチャンスをことごとく失敗してるお子様もいました。

裏技でもないですが、1人でやると1ゲームで1回しか成功できないのですが、同時に2人でやると2回成功するまで続けられます。つまり親と同時にやって子供に2回成功させることも可能なので、時間を有効に使いたい方はぜひどうぞ。実際うちも2回目は僕と息子でやりましたが、2回目になると息子もだいぶ心得てきてかなりスムーズにシマウマゲットに成功していました。(僕の分も含めて2回とも(^_^;))

土日はかなり混雑してるそう。ホームページには混雑具合の案内もでてるようなので事前&当日に確認すると良さそうですね。

そんなわけでMOVE 生きものになれる展は良かったです。オススメできます。ではまた!

2018年3月14日水曜日

YouTubeからの収入がゼロに

YouTubeからの収入がゼロになってしまいました…。規約の改正があり、チャンネル登録者数が1,000より少ない人の動画には収入を得られる広告を貼れなくなってしまったんです。僕のチャンネルの登録者数は今現在344人。1,000人には程遠いです…。

黒滝直樹 - YouTube - YouTube

これにともない僕の過去の動画について、貼られていた広告はすべて無効化されております。見やすくなってよかったかも知れません(^_^;)。

YouTuber

もともとYouTubeからの収益は多くて月4,000円程度、少ないと数百円くらいだったので特に経済的ダメージがあるわけではないのですが、なんかちょっと悔しい(^_^;)。収益をあげていたのは主に息子の寝返り動画だったので、息子は自分のおもちゃ代を自分で稼いでいたのですが、それが無くなってしまいました。こりゃおもちゃはもう買えないな(^_^;)。

僕はいわゆるYouTuberではないので、あげている動画の殆どはパーソナルな思い出の記録です。せっかく動画として自分なりにカッコよく完成したので、バックアップも兼ねてアップロードしている感じ。

と・は・い・え、ちょっとだけでも小銭が稼げることで何とも言えない充実感があったのも確か(^_^;)。うーん残念です。

必死こいてどうにかチャンネル登録者が1,000を超えるように持っていく、なんてことをやる熱意はありません。今後何かが偶然ヒットして知らない間に1,000超えたらいいなぁと妄想する程度です。

そんなわけでチャンネル登録よろしく!(あれ?)

YouTuberの皆さんみたく動画終わりに「チャンネル登録はこちら!」とか入れようかな(^_^;)。ではまた。

2018年3月13日火曜日

2018年最初のストライダー大会は鴨川

ストライダー・エンジョイ・カップ2018鴨川ステージに参戦してきました。今年最初のストライダー大会です。昨年も参加させてもらいましたが、菜の花で作られたレースコースがとても美しい(今風に言うとインスタ映えする)ステージとなってます。



昨年10月のレース以来、半年ぶり。冬の間はまったくストライダーで遊んでいなかった息子なので、果たしてレースになるのか心配。一応レース前日に近所の公園で練習させましたが、去年に比べて明らかにヘタっぴになってる!そりゃ半年近くも乗ってなかったらそうなりますよね。もっとも30分もするとカンを取り戻したようでしっかり走れるようになっておりました。



レース当日の様子はこちらの動画で御覧ください。



4歳クラスになると速い子は本当に速い!走り方からして違いますもんね。あの走り方を身に着けなければ今後上位に食い込んでいくことは不可能でしょう。幸い予選のスタートを見る限り純粋な走力では負けてない印象を受けるので、とにかく技術、そしてメンタルが大事になってきそうです(^_^;)。

準決勝での転倒はまったく大丈夫でした。レース後は昨年同様、うらの浜辺で波と戯れます。ものすごく楽しそうでした。これを見越して着替えと長靴を持っていっていたのですが、長靴は全く無意味でしたね(^_^;)。




今年もできるかぎりストライダーの大会に参加していきたいと思っています。

ではまた。

<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: 4歳初レース、結果はともかく一生懸命走ってほしい!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダー、予選1位通過!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ2017大阪に参戦!
カモノハシ通信3: ストライダー第2回ホンダ青山GPで念願の1位ゲット!?
カモノハシ通信3: ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーのハンドルをカスタマイズ!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破