2008年2月6日水曜日

REV SPEED 3月号

REV SPEED
 ↑ クリックすると紹介ページに飛びます

REV SPEEDの3月号見ましたか!?って問いかけに何の意味があるんだろう…。

でも見たほうがいいですよ。DVDが付録で付いてきますが、新型GT-Rが筑波・富士・鈴鹿をアタックしている様子を初めて見ることができました。加速感がものすごいね。GT-R買おうかな…まじで。…うそ。

それから筑波スーパーバトルのドライバーやチューナーから、そのドライビング・テクニックとかを聞き出す現場インタビューがすごく良くできていました。インタビューしてるイケすかないヤツ(失礼)の質問が頭良くて上手い。答える方が答えやすく、それでいて奥深い回答を引き出している。ドライバーそれぞれ方法論に若干の違いはあるけど、いろいろと参考になりますよ!

この雑誌は他の自動車チューニング雑誌と比べて外観・内容ともに落ち着いた大人な感じがして良いです。他の雑誌だと知らない人がみたら「…暴走族じゃん?」って思われてしまう表紙そして中身ですもんね。「ターザン山田」じゃなくて山田英二なのが良い。ちなみに今号のDVDではすごく真面目でさわやかな(本当に)受け答えをしてたのが印象的でした。「やっぱりチューニング・カーはいいなと思いました」なんてまるで優等生のような発言。でも真に迫った演説でした。

久しく走ってないなぁ、サーキット。ニコニコ動画に転載した僕の車載動画もけっこう好評だし(笑)、新しいの撮影しに行ってこようかな

3 件のコメント :

  1. もちろんすぐ買って見ました!!
    確かに加速感は凄いですが、
    あのパワー・車重で足回りがノーマルだと、
    タイトなコーナーが難しそうでしたね。
    それでもタイムは驚きでしたけど・・・。
     もっと驚きだったのは、MスピードのR!!
    あれは速すぎでしたよね・・・。
    ��とは思えない軽い動きでした。
    一番の驚きは、田中氏の運転の仕方。
    最終コーナーのハンドルの動かし方は異常。
    ああしないと速くならないそうですが、
    一般の人が見てもドライビングテクニックの
    向上にはならないと思いました(笑)

    返信削除
  2. マニアックな会話になってるぞ。確かに田中さんのタイムアタック時の運転は自分でもしゃべってたとおり見本にならん感じですね。その点、今回は車載映像ないけど谷口さんの運転は奇跡的にスムーズですよね。

    返信削除
  3. 谷口さんの運転は、安心して見てられますね。
    あと感じることは、速く走らせるのに、
    何か特別なハンドルさばき等の技術はいらないと
    言う事を見る度に毎度感じます。
    ブレーキ・アクセル・ハンドル操作を
    どんなスピード域でも忠実に丁寧に出来れば、
    速く動かせられるんですね。
    まあ、それこそが本当に難しい事で、
    それこそがプロの技なのかも知れませんが・・・。
    またマニアックなコメントでしたね・・・。

    返信削除