2008年2月14日木曜日

ゆずと池田綾子

クラシックのつぎは日本の歌を。

ところで(前も書いたかも知れないけれど)僕、「邦楽」とか「洋楽」って言葉をロックやポップスに使っているのを聞くと「バカじゃない?」って思ってしまっています、正直。きっと既に正しい日本語なんでしょうけれどもね、それでも。な・ん・か、バカっぽい。賛同者求む。そういう僕も村上春樹さんの影響なんですけどね。

さて最近購入したのはこの2枚のシングルCD。もちろん買いましたよ、ゆずの新譜。トヨタ自動車、ラクティスのCMでおなじみの「ストーリー」です。
ゆず「ストーリー」

ゆずらしさ満開。カップリングまで含めるともうホントゆずの中のゆず、って感じ。正直曲自体にはそれほど心動かされはしないのですが、歌う、歌い続けるゆずの姿勢に同学年の男としてちょっと心動かされます。

「ストーリー」はサビ以外の部分が意外と(失礼)良いので、これはもう買って聴こう!2曲目の「ウェイトレスとお客さん」は、北川悠仁が作った「巨女(作:岩沢厚冶)」ですね。と言って、分かる人には分かる。3曲目「朝もや」は岩沢節全開、しかもピアニカ&ハーモニカで僕のツボ・ドンピシャ。こういう曲聞くと誰かに下ハモリつけてもらいたくなる…。

てなわけで、ゆず好きなら買うしかないです。ゆずのシングルは2曲目、3曲目が良いんですよね。ジャケットも「電脳コイル」みたいで良い。

てなところで2曲目はNHKアニメ「電脳コイル」のオープニング&エンディングになっている池田綾子さんの「プリズム/空の欠片」です。2つ前の記事でも紹介しています。
池田綾子「プリズム/空の欠片」


歌上手すぎ。思わず「今まで聞いた歌の中で一番上手」って言ってしまいたくなるくらい。武蔵野音大声楽科卒、なるほど。震えるところ、震えないところ、明るいところ、暗いところ、太いところ、細いところ、冷静なところ、感情的なところ、自由自在な感じ。かといってテクニックの見せびらかし感がない。

そしてピアノを前面に押し出したアレンジが秀逸。しかもバイオリンと合わせていて、まさにツボ。TATOO(タトゥーではなくて多東)さんって人らしい。この人、気に入りました。

特に2曲目の「空の欠片」が心にしみます。久しくやってなかったのですが、メロディーのみ耳でコピーして打ち込みました。譜面ないんだもの。打ち込んだ成果は次の記事でご確認ください。そのくらい僕のなかで来ています。2008年の歌ランキング第1位確定、かもしれない。2007年の歌だけど。

ちなみにCD屋まわっても探していたCDが置いてなかったときのショックは大きいですよね。駐車代とかかかるし(笑)。結局Amazonで購入。

・・・

最近は音質を問わなければ誰でも簡単にネットで無料で曲が聞けちゃう時代。ちょっと頑張ればCD音質のMP3も落とせちゃう。でも、気に入った曲はちゃんとお金だしてCD買う、またはダウンロード購入するってことをしないとダメですよ。タダで何でも手に入れることの罪悪もさることながら、携帯電話の着うたとかで満足してしまう感性の方が心配になります、よね。

豊かな人生って何だろう…orz。

0 件のコメント :

コメントを投稿