2008年5月8日木曜日

サイモン&ガーファンクル

サイモン&ガーファンクルが好きです。高校時代から愛聴しています。

一番好きなのはやっぱり「明日に架ける橋」。ポール・サイモンさんが作ったのを、アート・ガーファンクルさんが歌っているところが好き。この曲、美しい歌詞のラブ・ソングとして評価が定まってますが、僕にはポールさんからアートさんへの惜別ソングのようにしか聴こえません。

さっきBS-iで彼らの特集がやってたので、それに影響されていろいろYoutubeの動画を探してみてるんです。「明日に架ける橋」の動画もいくつか見られるので好きな人は探してみたら?近年の再結成ライブでは2人で歌っているものもあり、すごく良いですよ。

次に好きな曲は「Boxer」という曲。サイモン&ガーファンクルらしいハーモニーが美しいギター・ソング。ポールの自伝的歌詞。1969年の作品です。

この曲を2006年にテレビ番組中で歌っている動画を発見しました。あまりにシブく美しいのでご紹介。かなりテンポがゆっくり目で、まるで違う曲みたい。でも良い。

開始後2分ぐらいのところから歌が始まります。


��人は小学校からの友達なんだそうです。1970年に解散後も友達付き合いは継続していたらしい、というのがなんだか心温まります。

1 件のコメント :

  1. 子どもの頃、よく母が聞いてました。私は、アイアムアロックが好きですね。
    あのハーモニーは、ため息が出るほど美しいですよね~。

    返信削除