2008年5月30日金曜日

結婚式でピアノ1

しょうこりもなくヘタピ(ヘタクソピアノ)を披露してしまいました、また。

曲は山下達郎さんの「ずっと一緒さ」。僕にしては珍しく結構新しめの選曲。

当初はKANさんの「世界で一番好きな人」という曲を弾き語りでやることを計画し、練習していたのですが

・1人でヘタウタ披露は恥ずかしい
・曲がさほど有名でない
・なので会場に引かれる恐れがある

ということで自ら却下。これが約1ヶ月前。ちょうどその頃、そういや新郎は山下達郎さんが好きだったな、ということを思い出し「ずっと一緒さ」に決めました。ピアノ雑誌「PIANO STYLE」に掲載されていた「ずっと一緒さ」のピアノ・ソロ楽譜のアレンジが素敵だったことも大きな要因です。

曲が決まっても、そこからが大変です。どんな曲でも、相当練習しないと弾けない素人ヘタピスト(ヘタピアニスト)な僕は、そこから1ヶ月間、本当にほぼ毎日ピアノに向かって練習・練習・練習ですよ。練習し始めの頃は「オラ、本当に弾けるようになるんだべか?」と真剣に疑問に思うのですが、1音1音丁寧に覚えていけば、なんとか弾けるようになるものです。

その成果がこちら。この動画の後、大幅にずれてしまったスライドショーの終了時間との調整に焦ってボロボロになるシーンはカットしてます、もちろん。


いかがでしょうか?自分としては絶妙な素人ヘタピスト具合だと思うのですがね。他人事と思って眺めてみると「うんうん、ヘタなりによく練習したね」と思う一方「でもまぁそんな程度でよく披露するよなこのバカ」とも思ったり。

次回(あるのか?)にむけた反省点およびエクスキューズとしては

・事前に僕が演奏することをアナウンスしておけば、みんなもう少しは静かに聴いてくれたかな、っていうこと

・どうしても本番ではテンポが上がってしまい、予定よりも早く演奏終了してしまった。なのでそれを見越した練習をすべきだった(早く演奏終了してしまった後の対処を準備しておくべきだった)、っていうこと

・ただ本来はスライドショーのBGMとして演奏する予定ではなく、前日急遽そのように対応して練習し直したんだよね、という言い訳

が、あります。

本当はスライドショートは別の動画(「ずっと一緒さ」の歌詞つき)を用意していて、それと併せて5分の余興として組み立てていたのですが、都合で実現できなかったのがちょっとだけ残念。あと結局電子ピアノを置く場所がなかったのをあらかじめ確認できてなかった自分が残念。

ま、イナガキ2次会でやったバイオリンよりかは上手に演奏できたと思うので自分としてはヨシとします!あのときのバイオリンの動画は絶対に公開しない!!ちなみに曲は斉藤和義さんの「ウエディング・ソング」で、ストリング・パートをバイオリン用にアレンジして、後輩ケイスケ君のギターに合わせてみました。アレンジは良かったのですが、演奏が…。終わってから元教え子の後輩に「音、あってませんでしたね」と言われ…(涙)

とにかく、いつもながら僕に楽器演奏披露の場を与えてくれる勇気ある皆様(今回はイノウエ君)に深く感謝します。頼んでくれたら一生懸命頑張るので、ぜひまたどうぞ!

0 件のコメント :

コメントを投稿