2008年8月20日水曜日

iVIS HF100を購入

ivis-hf100デジタルビデオカメラ、キヤノンiVIS HF100を購入!うれしー。

SDメモリーカードに記憶するタイプのものです。内蔵メモリは無し。今売れているHF10や新しいHF11は内蔵メモリー16GB/32GBプラスSDカードに記憶というタイプなので、そこで少し安くなります。

というわけで16GBのSDHCカードをセットで購入。16GBだなんてすごいですね。35万画素のデジタルカメラに8MBのスマートフラッシュを入れていた時代からすると、とんでもない進化です。16GBを16000MBとして計算すると、容量2000倍ですからね。SDカードを忘れたらおしまいですけどね。

HF100はフルハイビジョンつまり1920×1080での動画記録が可能です。その場合16GBでおよそ2時間分記録できます。

いやー、映像はとにかくキレイですね。期待通り。特に日中の屋外を撮影したものなんかは地上波デジタルのテレビとほぼ同じくらいキレイです。

室内や、暗い夜の屋外(マンションの廊下を撮影してみた)でも、以前のカメラ(IXY DV3)から比べるとものすごくキレイです。デジタル一眼レフの低ノイズ画像に慣れてしまっているため、どうしてもノイズが気になってしまいますが、それでも昔を考えたら隔世の感があります。

その美しいハイビジョン動画をWEBで皆さんに見てもらいたいのですが、現状ではむずかしいですね。YouTubeでは画質が全然だめです。仕方ないので、DivXにエンコードしたのをダウンロードでもしてご覧ください。

★DivXにエンコード(1280×780 810kbps)
うちの魚たち(約10秒 8MB)

YouTubeだとこちらのような感じになります。ちなみに貼ってる写真も、動画から切り出したものです。

このHF100(HF10、HF11も一緒)で特に素晴らしいと思ったのがオートフォーカスのスピードと精度。近くを映してからパッと遠くを映したりしても、オートフォーカスが一瞬で賢くピントを合わせてくれます。これにはかなり驚愕。猫が激しく動いても問題ありません。

このスピードと精度は他社ではまだマネできてないみたいですね。逆にソニーだと高精度の顔認識機能とかがあったりして、どっちを選ぶか悩ましいところですが、僕ならやっぱりキヤノンをオススメします。顔認識は確かに魅力的ですが、それよりも機械自体の性能重視と言うか、あらゆるシーンで恩恵を受けられるのはやはり基本的なオートフォーカス能力の高さです。このスピードと精度を維持したまま、顔認識もできるようになれば最強なのですが。そのうち出るでしょうけど。

あとこの機種を選んだ理由としてはパナソニックのDIGAとの親和性があります。うちのDIGA XW120にSDカードをさくっと入れれば、すぐにテレビでハイビジョン動画を見ることができます。またもちろんDIGAのHDDに取り込むこともできます。この辺はいろいろとスペシャルテクニックもあるみたいなので、そのうち書いてみます。

もちろんパソコンで見るのも簡単です。ちょっと前のパソコンでは性能的に厳しいようですが、僕のHP dv3000/CTではスムーズに閲覧できます。デジタルビデオカメラの購入を検討している人は事前に自分のパソコンで再生できるかテストしておくことをオススメします。サンプル動画はWEB上にありますので。

ちなみに僕のパソコンのスペックはこんな感じ。編集までこなすことが可能です。
・Core2 DuoプロセッサT9300(2.5GHz)
・メモリ2048MB
・NVIDIA GeForce 8400M GS

さしあたりの不満点としては、液晶画面に写る映像が美しすぎ&明るすぎってことでしょうか。パソコンやXW120で見るよりも明らかに明るく写るため、勘違いしやすいです。なので設定で液晶画面の明るさを落としておくのが良いと思います。

よりディープな使い勝手についてはそのうち書いてみます。

てなわけで僕がうかれて動画を撮影していても怪訝な顔をしないでくださいね。では。

2 件のコメント :

  1. ハイビジョン・カメラとても綺麗ですね~。
    Divxのほうにて拝見させて頂きました。
    うちも昔、昔のDVカセット式の通常のものは眠っていたのですが最近はデジタル放送になってからは幻滅感より使っておりませんでしたが、こういうハイビジョンで16:9でリビングなどで楽しめると欲しくなってきてしまいますね。
    撮っては消しての運用でしたら2時間程度の録画時間でも十分ですね。

    返信削除
  2. コメント2つもありがとうございます。
    メモリだとパソコンで管理しやすいのが良いです。バックアップも簡単ですし。

    返信削除