2008年8月10日日曜日

「ダッタン人の踊り」

オリンピックを見つつ、昨日アマゾンから届いたCDの話。オリンピックは全然関係ありませんが。

買ったのはこちらです。

R.コルサコフ:シェエラザード

交響組曲《シエラザード》の他に、ボロディン作曲の「歌劇イーゴリ公から ダッタン人の踊り」が入っていて、僕はその「ダッタン人の踊り」を聴くために今回購入しました。

先日行ったN響ほっとコンサートにて演奏されたこの「ダッタン人の踊り」をとても気に入りました。(その時の感想はこちら)聞けばとても有名なメロディらしい。その美しいメロディにやられました。今回、すっごく気に入ったためこのブログで紹介してみました。

YouTubeに素晴らしい動画があったのでご覧ください。2007年の小澤征爾さん指揮、ベルリンフィルによる「ダッタン人の踊り」です。イントロ直後のオーボエによるメロディが、僕が気に入ったメロディです。



ね、ドラゴンクエストっぽくない!?

この曲について興味を持った方は是非wikipediaもご覧になってみてください。主旋律の楽譜が載っていて、見ながら聞くととてもおもしろいです。

wikipediaの「だったん人の踊り」

また1曲お気に入りの曲ができました。僕がコンサートによく行くのは、こういう素晴らしい音楽との出会いを求めているからです。

3 件のコメント :

  1. 印象的なメロディーの、素敵な曲ですよね。
    私も好きです。
    自宅のCDを探していたら、この曲が入っているCDを発見しました。
    聴き比べしてみると楽しいかもしれませんね。

    返信削除
  2. ��D今度かしてください。

    返信削除
  3. ダッタン人の踊り・・・確かシェークスピアの『真夏の世の夢』で、妖精パックのセリフにあったなぁ・・・

    返信削除