2014年3月20日木曜日

LINE電話に楽天電話。一番お得な音声通話サービスはどれか比較してみた。

楽天電話にLINE電話と最近は電話アプリでも競争が激しくなってきました。いずれも売りは安い音声通話料金。昨今携帯電話のプランを通話料が高く無料分もない月額最低料金で契約する人が増えているだけに(僕もそうです)、通話は専用アプリを使った方が得なようです。



以下、色々と比較してみました。通話料など将来的に変動するのでご注意ください。

比較の観点はこちら
・月額料金がかかるか
・国内の固定電話・携帯電話への通話料金
・番号通知できるか

比較の観点としていないのはこちら
・国際電話料金
・音声品質
・同種サービス間・アプリ間での無料通話
・スマートフォンの電池消耗度合い
これらも結構重要ではありますけどね。

ではまずは携帯電話キャリア業者から。ちなみにドコモは月額が734円で通話料は同じです。

ソフトバンク(ホワイトプラン)
au(LTEプラン)

月額利用料:934円
固定電話に発信:40円/分 ※課金は30秒単位
携帯電話に発信:40円/分 ※課金は30秒単位
(携帯電話に5分で200円です)

電話番号:あり
番号通知:可
留守番電話:あり(無料/有料)
着信転送:可(無料)

改めて見ると通話料高いですね。一昔前はみんな無料通話分を持ったりしていたのでしょうが…。

スカイプ


スカイプ・クレジットなるものを、あらかじめ購入しておく必要があります。1,500円分ぐらいから購入できるようです。ホームページ上には「クレジットに期限はありません」と書いてありますが、180日間未使用だと勝手に無効化されるそうなので注意が必要。月額プランもあります。

料金ですが2014年2月に改定され、以前より安くなりました。

固定電話に発信:2.26円/分+接続料4.82円
携帯電話に発信:10.81円/分+接続料8.75円
(携帯電話に5分で62.8円です)

電話番号:なし
番号通知:不可
着信待ち受け:不可

FUSION IP-Phone SMART


月額0円で050電話番号がもらえる上に多彩な留守電や着信転送など機能が充実しているFUSIONのサービス。僕も開始当初から利用しています。

固定電話に発信:16.8円/分 ※課金は30秒単位
携帯電話に発信:16.8円/分 ※課金は30秒単位
(携帯電話に5分で84円です)

電話番号:あり
番号通知:可
着信待ち受け:可
留守番電話:あり(無料)
着信転送:可(無料)

050 Plus


月額315円かかりますが050電話番号がもらえるサービス。信頼のNTT Communications製サービスです。

固定電話に発信:2.8円/分 ※課金は3分単位(8.4円)
携帯電話に発信:16.8円/分
(携帯電話に5分で84円です)

電話番号:あり
番号通知:可
着信待ち受け:可
留守番電話:あり(無料)
着信転送:なし

楽天電話


IP電話ではなく従来の音声回線を使った割引電話発信サービス。昔あった「頭に00xxつけると安くなる」のと同じ仕組みです。なのでガラケーでも使えます。月額0円、番号そのまま。運営は上と同じくFUSIONです。

固定電話に発信:21円/分 ※課金は30秒単位
携帯電話に発信:21円/分 ※課金は30秒単位
(携帯電話に5分で105円です)

電話番号:なし(元の番号を利用)
番号通知:可
着信待ち受け:なし

LINE電話


かなり意欲的なIP電話サービス。実はスカイプに似てるのですが「LINEに登録済みの電話番号を使う」という危険な手法で番号通知(対ドコモ以外)を実現していて、そのため電話番号偽装問題が早くも露見しています。ドコモはめずらしくまともな対応ですね。

コールクレジットなるものを、あらかじめ購入しておく必要があります。100円から購入できるようです。また月額プランもあります。

固定電話に発信:3円/分
携帯電話に発信:14円/分
(携帯電話に5分で70円です)

電話番号:なし(元の番号を利用)
番号通知:可(対ドコモのみ不可)
着信待ち受け:なし

Google+ ハングアウト


いまいち日本のGoogleのやる気が見えないのですが一応あります。事前のクレジット購入が必要で、10ドルから購入できるようです。地味に最安なんですよね。

アメリカ国内では通話無料!に加え、複数台の自端末に同じ番号で待受させたりなど先進の機能が増えてっているようですが…。日本ではどうでしょうか?

固定電話に発信:3セント/分 ※約3円
携帯電話に発信:11セント/分 ※約11円
(携帯電話に5分で55円です)

電話番号:なし
番号通知:不可
着信待ち受け:なし

まとめ・携帯電話との5分間通話料金


1位 Google+ ハングアウト 55円
2位 スカイプ 62.8円
3位 LINE電話 70円
4位 FUSION IP-Phone SMART 84円
5位 050 Plus 84円
6位 楽天電話 105円
7位 キャリア 200円

1位のGoogleは居酒屋の予約とかそういうときにのみ使うという割り切りが必要でしょう。番号通知不可ですので…。

2位のスカイプはLINE電話等の参入を見越してか先日の料金改定でかなり安くなりました。ですが、より安いハングアウトがある今、番号通知不可なのは痛いです。僕もスカイプ・クレジットを使い切ったら次はGoogleハングアウトかなぁ…。

LINE電話も結局は対ドコモで番号通知不可ということで片手落ちです。他2社宛の番号通知もいずれ非対応になるやも知れませんし。もともとLINEで繋がってる人たちはLINEの無料通話を使えばいいわけで、そういう人たちが番号通知されない発信を使うかは微妙かと。

なのでやっぱりFUSIONのIP-Phone SMARTはおすすめできますね。僕は親の携帯電話にFUSIONの050番号も登録してあるので、基本それでかけます。折り返しを受ける際も、IP電話アプリは常時起動させていませんが無料の着信転送機能により、通常の電話番号にかかってくるので全く問題ありません。月額無料なのが信じられないくらいです。

てなところでしょうか?

iPhoneだとFacetimeオーディオもありますし、スカイプにせよLINEにせよ、同一アプリ間での無料通話を駆使すれば、今どき知り合いへの電話代はそうはかからないかも知れません。Facebookも無料通話あるみたいです(使ったことないですが)。

が、電池消費の観点から待ち受けアプリの常時起動が嫌な人は多いですし、スカイプやらLINEやらを使わない人だって世の中にはまだまだたくさんいます。そう考えると、やはり普通に電話番号を使って電話をかけるスタイルはまだまだ無くなりそうにはありませんね。

ご自分にあったお得なサービスを使ってみてはいかがでしょうか?ではまた!

0 件のコメント :

コメントを投稿