2013年9月10日火曜日

いくらご飯食べて元気出す

今日の晩ご飯(^_^;)



サトウのご飯、おいしいですよね。炊いて冷凍したご飯のストックがなかったので、サトウのご飯使っちゃいました。炊くにはちょっと時間が遅かったから。ちなみに半分の100gだけ使って、残りはラップにくるんで明日の朝ご飯です。(ダイエット的な意味で、最近ご飯は毎回100gなのです)

そして「いくら」。これは週末、えーと、どこだっけ?あ、そうだそうだ、ラゾーナ川崎のスーパーSANWAで半額で購入した生すじこを醤油漬けにしたもの。半額だからと一気に3パック(=3本)も買ったので、たくさんあります。贅沢にかけて食べられるこの幸せ。

今晩はハーマイオニーさん(奥様=魔女&妊婦)が入院しちゃっていないので、寂しいご飯です…。美味しいけど…(^_^;)。

生すじこの話はちょっと前にも書きました。
カモノハシ通信3: 夏の終わりは「いくら」の季節

買ってきた「すじこ」は、まず薄い袋状のやつから、個々のいくら達を分離させる必要があります。真水で洗うと固くなるので、塩水で洗いながら作業をするのですが、これがけっこう大変なんですよね。特に今回は半額のを買って来ちゃったもんだから、なんとなくいくらの粒に元気がない感じ(もしかしたら逆に新鮮ゆえに表皮が柔らかかったのかも知れませんが)。指でぎゅいーっとやりながら根気よく袋から剥いでいきます。が、それでもいくら達は白いスジみたいなもので合体状態だったりするので、それもまた根気よく取り除いていきます。ある程度やったらザルにあげて、再度洗い直し。週末、ハーマイオニーさんと一緒にやりましたが、2人がかりで1時間ぐらいかかりましたよ。

そして漬ける液体は、醤油、お酒、みりん、かつお昆布だしを4:2:2:2ぐらいで混ぜたモノ。ハーマイオニーさんは妊婦だし、僕も禁酒してるので、一度煮沸してアルコールを飛ばします。醤油オンリーで漬けるやり方や、だしを使わないやり方など流儀は様々です。

もう3食いくらご飯でもいいですよ。僕は。

実際、今日のお弁当には別タッパーにいくらを入れて持って行きましたもの。前日に別タッパーに入れたいくらを、タッパーごと冷凍庫で凍らしておき、それをカイシャに持って行くのですが、お昼には解凍されてちょうどよくなってます。カイシャの(というか今は常駐先の証券会社の)机で、いくらご飯お弁当を食べる僕を周りの人はさぞ羨ましそうにみていることでしょう!(ちがうかな?)

小さな頃からいくらが好きでした。

僕が小学生や中学生の頃、遠足時などのお弁当にほぼ毎回いくらの軍艦巻きが入っていました。僕の一番の大好物を母が入れていてくれたんですね。「いくら弁当」なんてものすごい贅沢で、こんなこと書くとまるで僕がお金持ちのボンボンみたいに誤解されかねないのですが、あれはいつも楽しみでした。お弁当のときだけは、誰に遠慮するでもなく、たくさん「いくら」が食べられたから。友達にせがまれて、軍艦巻きと別の何かを交換したりもよくしていましたが、本当は交換したくなかったんだよなー(^_^)。

落ち着いたらまた作って、ハーマイオニーさんに持って行ってあげようっと。ではまた!

(念のため)
ハーマイオニーさんもお腹の息子ちゃんも無事ですのでご心配なさらぬよう。

あと当ブログはハリーポッターには全然まったく関係ございません。本当に心から申し訳ございません…(^_^;)。けっこう「ハーマイオニー」から当ブログにこられる人もいて、申し訳ない…。

0 件のコメント :

コメントを投稿