2009年2月1日日曜日

携帯電話をどうするか

先日NTTドコモのパケット料金プラン「パケホーダイ・ダブル」の規約が改正され、これまで認められていなかったPCでの利用も最大13,650円の定額制でOKとなりました。

これによりiPod TouchやモバイルPCを持っている人はドコモの携帯電話を利用したネット接続が幾分気軽にできるようになったわけです。

��これまでにもドコモの定額データ通信プランは存在しましたが、音声端末での利用は認められていません。今回のパケホーダイ・ダブルの規約変更は音声端末におけるデータ通信の幅が広がることを意味しています。)

これにより現在イーモバイルのデータ通信プランとドコモの音声端末を併用している僕みたいな人には新たな選択を迫られることになりました。結構悩ましいので、わざわざこうやってブログに書きながら考えている今この瞬間です。

現在僕はイーモバイルのデータ通信端末EM・ONEを所持し、主に外出時のiPod Touch用モデムとして活用しています。そしてドコモの音声端末も持っています。この場合料金はおよそ以下の通り。

EMOBILEp704i

イーモバイルの月額料金:4,980円
ドコモの月額料金:5,600円(タイプM+パケホーダイ10)
→合計10,580円

イーモバイルは完全定額。ドコモは通話料・パケット通信料によっては増加することもありますが、通常5,600円以内に収まっています。ファミ割MAX適用。で、あわせておよそ1万円。

これを仮にドコモに一本化した場合はこうなります。

ドコモの月額料金:約7,000円~20,000円(タイプS+パケホーダイ・ダブル)

パケット使用量による格差が大きいですが最大使って上限2万円です。実際にiPod Touchのモデムとして利用するとなると(※そもそも可能かどうか現時点で不明、というのは後述します)おそらくすぐに上限に達するものと思われます。

その差1万円。月額料金の差は大きいと言えます。

ちなみにドコモに一本化した場合、iPod Touchのモデムとして利用できる可能性のある端末は数機種のみで、その中で僕が狙っているHT-02A(Touch Diamond)に機種変更する場合初期費用として3万円くらい必要です。

HT-02AHT-02A

もっともイーモバイル続行の場合でもTouch Diamondに変更する(もしくは白ロム購入)となれば3万円かける必要があります。現状のEM・ONEでは大きすぎるから本当は変更したい。贅沢だけど…。

touchdiamondTouch Diamond

ので端末購入代金としては互角です。

ドコモに一本化した場合(端末はHT-02)のメリットとしては

・持ち歩く端末が2個→1個に。しかも小さい。(←これは超大きい)
・GPSを内蔵してるのが結構嬉しい。
・片っぽ充電切れとかで悔しい思いをしなくていい。
・いつでも気軽にネットに接続。(EM・ONEを取り出すのは結構億劫なんです)

逆にデメリットとしては

・おサイフケータイがついてない!(これは痛い!)
・月額1万円アップ。(これももちろん痛い!)
・充電持たなそう。ただしこれはエネループの外部バッテリでカバーできる。

てな感じです。

月1万円アップというのは年間12万円負担増ということになり、そう考えると気が重くなります。となるとやっぱりイーモバイル版Touch Diamondの白ロムをゲットして2台持ち歩きを我慢するのが最善か…、ともなります。て言うか元からiPhoneにしとけば良かったんじゃないの?という感じもしてきますが、それは16GBという容量からしてアウトですし…。

といろいろ考えてはいますが、そもそも現時点でドコモの端末をiPod Touchのモデムとして利用できるかどうかは不透明です。というのは現状ドコモの端末はインターネットのデータ通信利用中に無線ランやBluetoothが使用不可になっているから(ここが非常にセコイ)。ただしそれはBizホーダイプランで接続してる場合の規約で、それが今回のパケホーダイ・ダブルの規約にも入ってくるかは不透明なんです。もしパケホーダイ・ダブルにおいてもネット使用時の無線ラン利用が不可となる仕様となれば、ドコモでの一本化の可能性は消滅します。なぜならiPod Touchで利用するにはドコモの端末に無線ランでつなぐ必要があるからです。

もしソフトバンクから容量32GB以上のiPhoneが出たらそっちに移行するかも。現状ドコモを使っている理由はファミリー間通話無料しかありません。それに僕はかつてのJ-PHONEユーザですし。

それにしても携帯電話のプランとか規約とかややこし過ぎです。毎月1万円で完全使い放題にしてほしい。

あと全然話に出てこなかったauさんにも頑張ってもらいたい!僕はauも1回線使っているので、もしauで安いデータ通信プランがあればそれも検討するのにな。auはその辺が非常に遅れていますね。もし今auからau版Touch Diamondが出てPCによるデータ通信上限1万円ならすぐにそれを買いますね。通信速度は7.2Mbps必須。

W61Tちなみにこれが今使ってるW61T。

あとイーモバイルは大変好きだし現状文句は全くありません。月額料金は今までどおり払うから、データ通信機能をドコモの端末に同居させることができればすごく嬉しいのに。無理だろうけど。



今気づいたのですが、ならばドコモを完全廃止してイーモバイルに一本化すればいいんじゃないの?

touchdiamondこれに。



携帯電話番号は変えずにいけるだろうから、デメリットって

・ドコモのメールアドレスが消える
・実家との通話にお金が発生する

くらいしか無いんじゃないの?

ねぇ。

およ。

それでいいんじゃないの?何で今までそうしなかったんだろう?

うーん。その場合Touch Diamondを新規に契約したとして(イーモバイルって機種変更という概念がないんですよね、困ったことに)、初期費用として1.6万円払えば月額最大6千円+音声通話料。初期費用として4万円出せば月額最大5千円+音声通話料。

現状のドコモ+イーモバイルからすればよっぽどいいんじゃないの?

もともとドコモにはちょっとした恨みがあるから、この際やめちゃおうかな。

※ちょっとした恨みとは※

かつて大学時代~社会人3年目くらいまで僕はJ-PHONE+パルディオの2台体制でした。パルディオって知らないでしょ(笑)。パルディオとはかつてドコモがやってたPHSのことです。かつて僕はドコモっていうかパルディオの321Sそして611Sという機種を使ってモバイル・インターネット環境を構築していました。どんな機種かは以下の画像参照。僕を知ってる人には懐かしいかも。

321S321S。下半分がPCカードになっていて、直接ノートPCに挿入して32Kデータ通信ができました。最終的に1999年西宮市内大会時にテント裏の用水路に水没して死亡。ちなみに写真は僕の手ではありません。

611s611S。321Sの後継機種で、下半分がCFカード状になっておりノートPC等に挿入して64Kデータ通信ができました。社会人になってからもしばらく活躍。流行しだしたNEC製の折りたたみ携帯電話とよく間違われてました


で、恨みとは継続使用年数に関することです。僕はパルディオを1997年から使用しており、途中FOMAへの変更を経てめでたく10年の継続年数が本来あるべきなのです。ところが4年前にFOMAに乗り換える際に以下のような手続きをしてしまいました。

1.vodafonを解約→FOMAを新規契約
2.その後PHSを解約

するとPHSの継続使用年数はどこにも反映されず、僕のドコモ歴はFOMA契約時点でゼロからになってしまったんです!PHSの解約とFOMAの契約を同時にやっておけば使用年数は継続されたと後から聞きましたが、そんなのそのときに教えてくれよバカ野郎~。ドコモに文句も言いましたが、現時点ではどうにもなっていません。誰かどうにかして。

なので僕は現在継続使用年数が4年ちょっととなってます。ぐやじい。

※以上、ちょっとした恨みでした※

うし!ドコモとおさらばするかな!

あ、でもおサイフケータイ機能が無くなってしまう!
定期入れ替わりに月額最低料金でキープするか…。

…もうしばらく冷静に考えてみます。では。

0 件のコメント :

コメントを投稿