2008年12月19日金曜日

2008アルバム・ランキング(前編)

今年購入した音楽アルバム・ランキング!

と、相変わらずの自己満足モード全開ですが気にせず行きます。

これは僕が今年、お金を払って購入したアルバムの中から、特に愛聴した、皆にお勧めしたいCDをランキングしたものです。レンタルしたものは含まれません。なぜなら気に入ったCDは買うことをモットーにしてるから(偉い)。

ただ借りたCDの中にもたくさんいいのはあったんですよね。特にハーマイオニーさんから借りたドビュッシー&ラヴェルのピアノ曲集なんかは結構上位にランキングされたかも。でも残念ながら借り物なのでランクインならず。

で、以下が僕が今年購入したアルバムの一覧。あくまでアルバムなのでシングル的なのやiTunesでの単曲買いは含みません。iTunesでのアルバム買いは含む。iTunesにしてもAmazonにしても自分が購入したものの履歴が分かるのはこういうときに便利です。

2008に買ったアルバム一覧

何個か忘れてるやつがあるような気もしますが、とりあえず上記33個でランキングを作ってみたいと思います。

…やばい、ベスト5では少なすぎる…。ということで急遽?ベスト10に変更!さらにランキング付けるなんて難しすぎる…。うーん、うーん。

リンクは全てAmazonです。「おすすめ度」ってのはあくまでAmazonでの星付けです。僕の評価ではありません。ちなみにここから購入しても僕の収入にはなりませんので(笑)。

★第10位!
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」、第7番ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」、第7番
アーティスト:諏訪内晶子
販売元:ユニバーサル ミュージック クラシック
発売日:2008-04-02
おすすめ度:4.0

いやーこのアルバムは素晴らしかった。雑誌MOSTLY CLASSICでの諏訪内さん特集に後押しされて購入したのですが、本当に購入して良かった。まさに芸術品です。バイオリンの音もさることながら、バイオリンとピアノの調和具合=まざり具合がまさに芸術的なのです。

そしてベートーベンのヴァイオリン・ソナタ9番「クロイチェル」がまたスリリングな曲なんですよ。何度聞いても飽きません。バイオリンを堪能したい人には超絶お勧めです。

★第9位!
SINGLES B-SIDE BESTSINGLES B-SIDE BEST
アーティスト:徳永英明
販売元:UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
発売日:2008-08-13
おすすめ度:5.0

このブログでも紹介しましたが、徳永さんのB面集です。昔の曲の懐かしさ+最近の曲(知らなかったもの)のすばらしさに感動。

VOCALISTシリーズ→SINGLE BESTと聞いてきたであろう最近の徳永さんファンに是非聞いてもらいたいアルバムです。徳永さんのことがより好きになることうけあいです。もちろん旧来の徳永さんファンにもお勧めです。というか必聴です。

★第8位!
debutdebut
アーティスト:辻井伸行
販売元:エイベックス・マーケティング
発売日:2007-10-24
おすすめ度:4.5

今年最も感動したアーティストと言っていい辻井伸行君です。第8位は正直ちょっと低いような感じもするのですが、アルバムとしての愛聴度ではこうなってしまいました。でも今年たくさん聞いたアルバムです。

ショパンの英雄ポロネーズ、リストの愛の夢などの有名曲が含まれており、僕みたいなニワカクラシックファンにも親しみやすい内容となっています。またピアノの音がいいんだよね。演奏と録音がガッチリかみあってる感じです。

また2枚目には辻井伸行君のオリジナル曲が5曲収録されており、そのどれもが光のごとく美しい作品となっています。特に僕はサントリーホールにて「川のささやき」を聞いたこともあり、この曲を聴くたびにサントリーホールでの感動がよみがえってきます。当時のブログに自分で「曲が始まって数秒で感動したことありますか?」なんてことを興奮気味に書いたことを覚えています。

できればDVDで発売されているサントリーホール・コンサートも同時に聞いてほしいです。そちらにはベートーヴェンの月光、熱情も含まれていて、より多彩な(でも全くブレない)辻井君の音を楽しむことができますので。

★第7位!
Solo~Famous MelodiesSolo~Famous Melodies
アーティスト:渋谷毅
販売元:ビデオアーツ・ミュージック
発売日:2007-12-19

美しい…、美しすぎる、ヘタなクラシック以上に芸術的なピアノ・ソロ。ベテラン・ジャズピアニスト渋谷毅さんのソロアルバムです。

たまたま雑誌エスクァイヤで見かけて購入したのがきっかけ。僕ってこういう風にCDを買ったときのアタリ運が良いんですよ。

うーん、アマゾンで試聴できないのが残念。こうなったら皆さん、買いましょう(笑)。絶対に後悔しません。できれば一人静かな夜に、良いスピーカーまたはヘッドフォンでしんみり聴いてほしい。知らないうちに、あなたの頬には一筋の涙が…。なんて。ピアノの音がまた超いいんですよ。

��曲目のダニー・ボーイからしてもう…。ていうか全曲素晴らしい。

決してロマンティックな演奏ではないのです。どっちかというと硬質・硬派な演奏。にも関わらず静かに心を揺さぶらるのはまさに魔法のピアノです。

あまりジャズっぽくないので、ジャズに興味の無い人にもお勧めです。

★第6位!
WONDERFUL WORLD(初回限定盤)(DVD付)WONDERFUL WORLD(初回限定盤)(DVD付)
アーティスト:ゆず
販売元:SENHA&Co.
発売日:2008-04-16
おすすめ度:4.5


上にあげたAmazonのは初回限定版ですが、もちろん通常版も売ってます。もちろん僕は初回限定版を買いましたよ。DVDには久石譲さんとコラボしている様子などが収録されています。

実はこのアルバム、買った当初はあんまり評価してなかったんですよね。一聴しただけではなぜか特別心にひっかかる曲がなかったので。でも主に車の中でなにげなく流していると、なぜか何度も聞きたくなってきたわけです。

最初に聞いたときのジャッジと複数回聞いたときのジャッジがこんなに違うアルバムも珍しいです。たとえば4曲目の「おでかけサンバ」って曲なんですが、イントロでいきなりホイッスルの音色が響き渡るところとかからして「なんだオフザケソングか」などと思っていたのが、何回か聞いていると「意外にいい歌じゃん」に変わってくるわけです。他にも「君宛のメロディー」とか「黄昏散歩」とかシミジミ染み渡ってくるんですよね。体に。

そしてもちろん名曲「春風」「うまく言えない」「明日天気になぁれ」(←僕の2007年の歌ランク1位のやつ)も入ってるし。よくよく見てみれば素晴らしく完成度の高いアルバムとなっています。

是非繰り返し聞いてみてください。きっとハマります。

��ってところで後編に続く…)

0 件のコメント :

コメントを投稿