2018年9月15日土曜日

AKI GREEN CUPのストライダーに今年も参戦!

昨年に引き続きAKI GREEN CUP2018に参加してきました。長野県の白馬岩岳スキー場で開催される自転車競技イベントの一環でストライダーの大会も2日間にわたり繰り広げられます。



まず初日がストライダー・デュアルパンプトラック。起伏の激しいオフロードコースを1対1形式で戦い優勝を目指します。昨年3歳時には準決勝で惜しくも敗退。むかえた3位決定戦でも転倒による無念の敗退で4位。表彰台を逃しました。今年はリベンジで表彰台を狙いたいところ。ちなみにその時3位決定戦で戦ったR君およびR君一家とはその後のストライダー大会でも度々お会いしお友達になりました。またまた直接対決なるか?

そして2日目がストライダー・スーパーダウンヒル。スキー場の緩斜面を利用した下りのタイムアタックレースです。こちら昨年は見事2位表彰台をゲット。人生初の表彰台でした。今年は是非優勝を目指したいところ。昨年1位の女の子は今年も参戦しています!

昨年の様子はこちらからどうぞ
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台

1回戦、2回戦を勝ち抜けば準決勝、そして決勝です。まずは1回戦を確実に勝ち上がりたいところですが、なんといきなりの転倒!練習で走りすぎて疲れたのかも知れません(^_^;)。結果やいかに!?

今回はニュータイヤを導入


本気で表彰台、あわよくば優勝を狙えるこのイベント。ハーマイオニーさん(奥様=魔女)も気合が入っていて「今年はゴムタイヤ買うわよ!」との鶴の一声でニュータイヤ導入です。

うちは今まで純正の色違いタイヤを使っておりました。純正タイヤのメリットはとにかく軽いこと。乗り物において軽さは何よりも大事なファクターですので、僕はどっちかというと重量増になるゴムタイヤには乗り気でなかったのですが「いつも大事なところでコケるんだからコケないことを優先するわよ!」と言われ、それもそうだなと思い従いました。

純正900gに対しゴムのは1,700g。かなりの重量増加です

取り付けてみるとやはり重さは感じますが、その分転がりに力強さが感じられます。舗装路で走らせてみると明らかにスピードが増しており「これはすごい!」と思いました。逆に止まるのが追いつかなくなって危なく感じるくらい。直線競争なら間違いなくゴムの方が早いです。しかしストップ&ゴーの多いテクニカルコースや、摩擦係数の高い悪路でのレースとなるとどちらが本当に有利なのかはちょっと分かりません。



ただ言えるのはゴムのほうが純粋にグリップ力が高いため、コケるリスクは間違いなく低減されるはず。今回はそこに望みをかけて導入してみました。

デュアルパンプトラック・バトル!


最終結果まで1本のビデオにまとめました。そう言えば今年初参戦した子のお母様から「去年のYouTube参考にさせていただきました〜」てなお言葉を頂戴したりしており、動画公開も無駄にはなってないようです(^_^;)。

最近「とりゃー」とか「だりゃー」とか気合の声をあげることが多い息子。ヘルメットに付けたカメラだとその辺の音声も拾えていておもしろいです(^o^)。



と、

言うわけで、

結果はなんと無念の2回戦敗退 …。しかも白線を超える/超えないの疑惑の判定でアウトとされ終わってしまいました…。微妙にカメラに写せてないのがアレなんですが、僕は目視していて、白線超えたと思ったんだけどなぁ…。あれで1勝1敗にしてもう1本スッキリと走らせてくれればよかったのに…。とグチグチ今更言っても仕方ありませんね。残念ですが、これも実力のうちです。

お友達のR君との直接対決はなりませんでした。

練習を見ている限り表彰台はカタイ!と我々両親は思っていたので、内心とっても残念なのですが、こういう悔しい思いもたまには経験しとかないといけません。この思いを明日にぶつけてくれ!

そしてスーパーダウンヒル


こちらは対戦形式ではなく、純粋なタイムアタック。1本目が予選で2本目が決勝。決勝のタイムのみで順位が決まります。

昨年に続いての表彰台を期待したのですが…果たして!?



と、

言うわけで、

力及ばず!表彰台獲得はなりませんでした。残念!実はほとんどの子が2本めにタイムを落とす中、わずかでもタイムを上げてくれたのが嬉しかったです。ホンキで真剣に頑張ってくれました。それが何より一番大事ですし、感動しました。

今年のコースは去年よりも長く、途中上りの部分もあったりして、勇気と勢いだけではダメ。実力が問われます。

とは言え、ここに来てだいぶ「競争としての」ストライダーというところの意味がわかってきた息子ちゃん。次の那須塩原でのエンジョイカップが4歳での最後のレースとなるので、ここで是が非でも悲願の決勝進出を果たしたいところです。

いつもながらレースの準備、運営をしてくださったスタッフの皆様。ありがとうございました。とてもあたたかい気持ちを感じました。来年もよろしくです!

<過去のストライダー参戦記録>
カモノハシ通信3: 第5回HONDA青山GPに参戦!今度こそ決勝進出なるか
カモノハシ通信3: としまえんカップで悲願の決勝進出なるか
カモノハシ通信3: ストライダーとしまえんステージは大雨!
カモノハシ通信3: 2018年最初のストライダー大会は鴨川
カモノハシ通信3: 4歳初レース、結果はともかく一生懸命走ってほしい!
カモノハシ通信3: ストライダーで人生初の表彰台
カモノハシ通信3: AKI GREEN CUP 2017 ストライダー・バトル!
カモノハシ通信3: ストライダー、予選1位通過!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ2017大阪に参戦!
カモノハシ通信3: ストライダー第2回ホンダ青山GPで念願の1位ゲット!?
カモノハシ通信3: ストライダー大会で人生初の熱いバトル!コールマンの赤いワゴン
カモノハシ通信3: Hondaストライダー青山GPに参戦するも…
カモノハシ通信3: ストライダー大会!敗者復活戦の結果は…
カモノハシ通信3: ストライダーのハンドルをカスタマイズ!
カモノハシ通信3: ストライダーカップ会場でたっぷり練習してきた!
カモノハシ通信3: ストライダーのタイムアタック大会でまさかの表彰台!?
カモノハシ通信3: ストライダーエンジョイカップ海遊館2016
カモノハシ通信3: 3歳になって初のストライダー大会参戦!
カモノハシ通信3: 雄叫びで駆け抜けたストライダー準決勝
カモノハシ通信3: ストライダーカップ出場!またまた奇跡の予選通過
カモノハシ通信3: ストライダー大会 準々決勝
カモノハシ通信3: ストライダー大会初参戦!奇跡の予選突破



0 件のコメント :

コメントを投稿