2013年11月14日木曜日

iPhone 5sの画質を語る

iPhone 5sのカメラ性能は驚異的ですね。5のときでも十分素晴らしいと思ったのだけど、比べるとけっこう違います。今うちはハーマイオニーさん(奥様=魔女)がiPhone 5sを、僕がiPhone 5を使っており、それぞれがそれで息子ちゃんを撮影しているわけですが(僕は主には一眼レフだけど)、並べてみると差がよくわかります。

例えばこれ、iPhone 5sなんですが、けっこう暗い場面&センターが白いガーゼという並のコンパクトカメラならかなりつらいシチュエーション。つまり普通だと真ん中の白でカメラは「お、白い=明るいじゃん!だったらちょっと暗めに撮らないとな」とか勘違いして暗めの露出に調整しちゃうはずなんです。真っ白いゲレンデで何も考えずに写真を撮ると暗い写真になるのと同じ。



ところがiPhone 5sはちゃんと全体を判断して真に最適な露出で撮影してくれています。しかも右側の暗い部分の毛布&明るいガーゼ部分の両方の質感をキープしつつ!おかげで息子ちゃんの不遜な?表情もちゃんと撮れました(^_^)。

僕は携帯電話のカメラの画質を変えたのもAppleだと思っています。具体的にはiPhone 4。あれ以来、コンパクトカメラの出番はほとんど無くなってしまいましたから。今は調子の良いミラーレス一眼だって来年あたりはきっと食われちゃうでしょう。結局生き残るのはiPhoneのカメラと、一眼レフカメラということになるのではないでしょうかね。(希望的観測)

0 件のコメント :

コメントを投稿