2013年10月12日土曜日

ひとりで子守り

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)が先ほど急遽友達に誘われ外へ夕食に。少しくらいの息抜きになってくれればと、こころよく送り出しました。そんなわけで僕は今ひとりで子守をしています。

こんなときに限っていろいろあるもの。(よくある話ですが)

以下、かなりダラダラと駄文です。

19時半ごろに、おむつチェック。おしっこしていたので取り替えました。

お尻の肌がちょっと荒れ気味とのことで、ここで一度お湯洗浄。手動ウォシュレットです。このために買った赤い洗面器に37度くらいのお湯をはり、子の下半身だけを漬けて洗います。これやるといつも気持ちよさそうです(^_^)。

そして冷蔵庫に入れておいてくれた母乳70ccをあたため、哺乳瓶へ。お腹が空いてぐずりはじめていたので、20分ほどかけて一気に完食。げっぷもバッチリ出してくれました。

問題はここからです。

おむつを見ると今までに見たことないくらい大量のウンコが。どひゃー、これはまたお尻洗浄せねばいかんなと思いつつ、まずはおしりふきでウンコを拭き取り。こんなにたくさんのウンコを出せるようになってくれて僕は嬉しいよ(^_^;)。そして洗面器にお湯をはり、子のお尻を洗いました。

気持ちいいねー、とか言いながら再度子をベッドに置き下半身をタオルで拭きます。肌荒れ用に病院からもらって薬を塗って、新しいおむつをしようとした瞬間。

ぴゃぴゃ

何かが飛んできました。黄色い液体が(^_^;)。おしっこです。僕は冷静に瞬時の判断でおむつをパッと子の下半身にあてがい被害の拡大を防ぎました。幸いおしっこの量はたいしたことなく、ベッドにシーツ替わりにしているタオルにちょっとついた程度でした。

うわー、気持ちよかったやろーおしっこ、いいねー、とか言いながら子の下半身をおしりふきで拭きます。瞬時におむつをあてがったおかげで、肌にはほとんどかかっていない様子。これならば特にお尻洗浄は必要ないな、と判断。また新しいおむつを用意しました。

普段おむつ替えのときは、旧おむつを取る前に、新おむつをあらかじめ体の下にセットしておきます。その方がタイムラグが少なく、効率的だから。病院で教わりました。

でもこのときは、おしっこのために急遽犠牲になったおむつは既に取り外し済み。下半身はスッポンポンの状態でした。きっとこの状態は気持ちよいのでしょう。

新しいおむつを取り出し(すぐに取り出せるよう袋からだしたものが横に重ねておいてある)、子の体の下に差し込もうとしたその瞬間。

ぴやー

またもやおしっこ!2連チャンは初めてです。しかも今度のは長め。おいおい!さっきのはかなり遠慮してたんだね(^_^;;)。

再度おむつをあてがいましたが、おしっこの量がおおいこともあり、今度はかなりの広範囲にわたり被害が!僕の服や、下の床、そして子の体にもかなりかかってしまいました。

沐浴させるしかない…。

この体におしっこがかかってしまった以上、ただ拭くだけでは不十分だと判断。本当は沐浴はハーマイオニーさん(奥様=魔女)が帰ってきてから2人でやる予定だったのですが、もはやそんな余裕はありません。

まずは子の体をざっと拭き、先ほど子のお尻をふいたタオルで床を適当にふきつつ、取り急ぎ雑におむつをつけ、上の服を脱がせ、タオル2枚ほどを体の上にかけました。そして沐浴準備。ベビーバスにお湯を入れます。そんなに時間はかかりません。

ベビーバスに「スキナベーブ」を溶かし準備完了。子を裸にして連れて行き沐浴させました。1人なのであまり丁寧に体を洗うことができませんが、真水(湯)でお顔を洗った後は、スキナベーブ湯で頭や手、関節などをまんべんなく洗いました。

IMG_4008.JPG
撮影は別日です。もちろん。

用意しておいたバスタオルに子をのせて、くるみます。ダッシュで体の水分を取り、またベッドへ戻ります。ベッドにしいてあるタオルはちょっともうダメなので、はぎとり、別のタオルを下にしきました。子は裸でタオルにくるまれ、僕の左腕に抱かれている状態です。

そして新しい短肌着と長肌着を着せ、ようやく一息ついたのが、つい先ほどです。今現在は子はこんな感じです。部屋をちょっと暗くしてバッハの無伴奏チェロ組曲を1-1から流しています。音楽好きの子になってほしい!

image
落ち着いてます。

なんと言うか、こういうのが赤ちゃんの子守というものなのですね。僕が仕事に行ってる間はこれをハーマイオニーさん(奥様=魔女)がずっと一人でやっているのかと思うと、なんというか感謝の思いしかありません(^_^;)。

ダラダラ駄文で本当すみませんでした。そろそろ帰ってくるのかな?



0 件のコメント :

コメントを投稿