2010年3月31日水曜日

結婚祝いでたくさんのプレゼントをいただきました!ここで順次紹介しようと思ってはいるのですが、なかなか書けていません。感謝の気持ちを込めて、なるべくここで紹介したいと思ってはおります。

今日届いたのがリーデルのワイングラス×2。これたまたま先日銀座の松屋で、リーデルのコーナーの方から延々と説明を受けて、超ほしくなって、でも我慢して買わなかった一品。

リーデル1おしゃれな箱に入って届きました

「飲み物の個性がグラス形状を決定する」のポリシーのもと、ただ美しいだけではなく、ワインの個性に応じた機能的な形状を誇るリーデル社のワイングラス。今回頂戴したのはフル・ボディの赤ワイン用ということで、いわゆる「ボルドー型」の深く大きな形状のものです。

しかもこのタイプは、持ち手の部分まで液体の入る部分が食い込んだ(「引き脚」と言うらしい)グレープ・シリーズと呼ばれるモノ。ちょっとイイヤツなんです。美しいでしょ。

さっそく黒ネコワインのカベルネ・ソーヴィニヨン(=ガトー・ネグロというチリのワイン。安くて美味しくて僕のオススメ)あたりをついで飲んでみたかったのですが、あいにく赤ワインが在庫切れ。(昨日、「農民ロッソ」を飲みきったところだった。)

なので日本酒を入れて飲んでみました!

リーデル2純米吟醸の熟成酒「熟露枯」をいれてみたお酒レビューはまた今度

いやーすごい!

予想していたより遙かに美味しく頂けました!!何と言ってもまずはその香り。まさに「香りの洪水や~」ってくらい、グラスを傾けると芳醇な香りが立ち上がります。これは口の広がった普通のグラスでは絶対に出せないものです。

口を付けてグラスを傾けます。グラスがとても大きいので、お酒が口に到達するまで一瞬の間があるのですが、その間が何とも言えず良いのです。まずは香りを楽しみ、それから味を楽しむ。その課程が成立しています。独特の勢いをともって流れくるお酒の液体が、直接舌の敏感な部分を刺激するその感覚たるやなんだか恍惚としてしまうほど。

まさに飲み物が美味しくなる魔法のグラスです。

これまでワインを紹介するときはバカラのグラスを使っていたのですが、これからはリーデルと使おうっと。そして明日は赤ワインを買ってこよ~っと。

リーデルについてはこちらをご参照ください。ではまた。
http://www.riedel.co.jp/
http://www.wineac.co.jp/riedel/index.html

0 件のコメント :

コメントを投稿