2008年9月2日火曜日

福田首相辞任会見

昨日の福田首相の辞任会見ですが、庶民のビックリをよそに関係者の間ではそれほどのサプライズでもなかった感がありませんでした?

それにしてもNHKとかの政治部記者はすさまじく優秀ですね。特に首相官邸前からレポートしてた人。ゆっくりとわかりやすい日本語で、話の筋道を順序良く丁寧に説明されていました。あれは見習いたいな。

僕はちょうどたけしのTVタックルを見ていました。官僚の思惑しだいで重要法案も骨抜きにされてしまう、官僚をコントロールできていない政治の現状を特集していました。そしてちょうど「道路特定財源の一般財源化だってきちんと実現されるかは官僚しだいで、わかったもんじゃない」なんて話をしているときに辞任の速報が流れました。そして福田さんは自身の成果として一番に「道路特定財源の一般財源化」をあげました。なんだかとても皮肉な感じ。

報道ステーションはじめ民放各局はこぞって「またか!」と言った論調で「無責任だ!」と批判していますね。確かにそれはもっともな批判だと思いますが、僕はああいう辞任会見を見ると少し情が移ってしまうのか「この人もこの人なりに人生かけて頑張ったんだろうなぁ」などと同情してしまいます。

困難な状況を承知で総理に就任し、見かけ上ひょうひょうと他人事みたいな発言を繰り返しながらも、小沢さんとの大連立をやろうとしたり、一応の経済政策を緊急に取りまとめたりと、とにかく必死にもがいておられたのでしょうね。思えば一度は小沢さん個人を連立の方向に説得したんですから、これはすごいコミュニケーション能力です。若干、小沢さんを買いかぶりすぎていた点はあるにせよ。

記者会見の最後に記者から「なんでも他人事みたいに発言されていましたが…」って質問されたのに対し、「私は自分を客観視できるんです。あなたとは違うんです。」とプチ切れしていましたね。僕が思うにあれば「オレがどんだけ国のために頭を使い骨身を削ってきたのか分かってんのかテメー!」って気持ちが出たのではないでしょうか。なんとなく気持ちはわかる(笑)。

まぁ自分を客観視できるのは確かなようで、確かに福田さんではこれ以上国民の支持は得られそうにないですものね。辞めるという決断は正解だと僕は思いました。結果論ですが。

ただこうコロコロと日本の首相が変わっては、都度期待を持たされては裏切られ続ける拉致家族会の方が大変気の毒です。

次の自民党総裁はどうでもいいとして、解散後の日本の総理大臣が誰になるのかが気になります。小沢さんだけはやめてほしいなぁ…。党派を超えて民主の前原さんとか自民で前行革担当大臣の渡辺さんとかあの辺の「若くてやる気のある人たち」が頑張って日本を変えてほしいです。特に民主党の若手・中堅で小沢さんが嫌いな人は、解散をにらんだこのタイミングで大挙して離党とかしたらいいのに。自民党の若手からも何名か加えて、真に国民の希望を託せそうなメンバーならば支持は集まるのではないでしょうか。

いずれにしても国民はきちんと考えて、選挙にて自らの権利を行使してほしいです。義務教育を受けてきたんだから義務だろう投票は、と個人的には思いますが。

0 件のコメント :

コメントを投稿