2007年7月26日木曜日

「ピアノの森」感想

(再生ボタンで曲が流れます。文中の顔文字に応じて選曲されるそうなんだけど…)

先週「ピアノの森」を見ました。天才ピアノ少年2人の成長を描いたアニメ作品です。僕は楽しめましたし、少し感動もしました。(・_・、)

明るく活発で天然な主人公少年の声を上戸彩が、もう一方の地味で努力家な方の少年の方の声を神木隆之介がやってます。どっちもなかなか良い感じでしたよ。神木君の声優の上手さは素晴らしいものがありますよね、ハウルの動く城とかでも思ったけど。また努力家少年の子がいい性格なんですよね、真面目で友達想いで。こんな出来た子、そうはいないよ。

また他にも重要な役どころとして元天才ピアニストの音楽教師(男性)というのがいます。この人が主人公のピアノ演奏に感動し才能に気付き、主人公にピアノを教えようとするのですが、非常にカッコいい役どころ。声も渋くて、一体誰かと思ったらなんと宮迫でした。見終わってから気付いて本当に良かった。でも本当に迫真の演技だと思います。

あらすじはこちら。シネマトゥデイさんのを引用してます。

ピアニストを夢見る雨宮修平は転校初日に、“森にある壊れたピアノを弾いてくる”という肝試しを命じられてしまう。困り果てる修平を見かねた一ノ瀬海(上戸彩)は一緒に森へ出かけるが、実は、その森のピアノは海だけが弾くことができるのものだった。海と修平はピアノを弾く喜びを実感し、次第に友情を深めていく。

…筋は本当に「アニメ」なんですよね、この映画。途中、主人公の天才少年と、ライバルの努力家少年がコンテストに出るくだりがあります。努力家少年の演奏も誰にも文句付けられないほど素晴らしかったのですが、天才少年の方の演奏はもう次元の違う圧倒的なスゴさを見せ付けます、が、コンテストとしてどうかと言うと…。みたいな感じです。

ただしこの映画のすごいところは、その努力家少年の演奏と、天才少年の演奏が、それぞれキャラクターの違う一流演奏家による本気の演奏だということです。天才少年の方の演奏はなんとウラジミール・アシュケナージさんです。この人、どのくらいすごいピアニストかというと、F1で言うとアラン・プロストぐらいすごい人なわけです(?)。僕も何枚かこの人のアルバムを持ってますが、そんなすごい人が、こんなアニメ映画で演奏してるなんてちょっと信じられない感じです。そしてそれが大成功を収めています。きっと普段ピアノなんて聴かない人にも、その音色や雰囲気、情感の違いはきっと伝わるはずです。

ただ全体として大人に薦められる映画化というと、僕はちょっと…。終盤、お決まりのように感動のシーンがあって、「一応」感動するけれど、物語的な盛り上がりはそこ位だったような気がします。ので、星2.5個。

それでも、夢に向かって生きているピュアな心を持った人にはお薦めできます(笑)。そんな人は是非どうぞ!

それにしてもなんでF1で例えたんだろう、自分。

1 件のコメント :

  1. 私は原作のマンガを持っていましたが・・・
    本を半分以上処分する際に売ってしまった・・・
    泣く泣く売った本が多すぎて・・・うぅぅ・・・
    ケンシロウごめんよ・・・ヒソカすまん・・・あだち充先生ごめんなさい・・・o゜(p´□`q)゜o。

    返信削除