2006年8月19日土曜日

市内大会ストーリー98 序章

市内大会ストーリー1998

classの「夏の日の1993」も復活したことですし、僕が綴った昔話を再構築してここに連載してみます。オリジナルは98年7月6日に書きました。全部で5回程度を予定しています。またこれが終わったら1999年の市内大会ストーリー、阪神大会ストーリーも控えているのでお楽しみ(?)に。

登場人物の名前は仮名です。

��登場人物>

立田…3年生で98年チームのキャプテン。専門はフリー(自由形)。最後の夏にかけているがなかなか調子が上がらず伸び悩んでいる。果たしてフリーリレーのメンバーに入れるのか。

新葉…3年生で98年チームの副キャプテン。専門はフリーとバック。普段はクールでなかなか感情を表に出さないが、チームのために後輩の面倒を良く見てくれている。立田同様伸び悩んでおりリレーメンバーに入れるかは当落線上。

網谷…3年生で98年チームのマネージャ。専門はフリー。市内大会前に急成長しリレーメンバーの座はほぼ手にすることができた。中3にしては自分の考えをしっかりともっており、そのせいかコーチと意見が衝突することもしばしば。

黒田…3年生。専門はブレスト(平泳ぎ)。ちょっと生意気だけれど練習は人一倍頑張ってきたチームの中心選手。レース直前は緊張のため「胃潰瘍」になるが、泳ぎ始めると本番には強い。

田中…3年生。専門はバック。フリーの実力もかなりのもので本来はフリーリレーのアンカーを務めるはずだった。しかしこの夏の海外語学研修のため大会の数日後から一時期チームを離れることが決まっており、それが様々な影を落としている。

成田…3年生。専門はフリー。田中同様、語学研修に。語学研修に行くことが決まったときは田中ともどもコーチ陣との間で葛藤があった。筋肉質。

野谷…3年生。専門はフリー。チームのエース。スイミングスクールとの掛け持ちで大変だが、チームのためにも頑張ってくれている。チームにあって唯一大人扱いできる人格者。

沖田…2年生。専門は個メ。全国クラスの実力の持ち主で、野谷同様スクールとの掛け持ち。成績がいまいち。

その他の2年生…稲田、滝村、永田、森

その他の1年生…鈴木、世良、津幡、平井、森崎

井上…コーチ。ずっとこのチームを支えてきた頼れるコーチ。僕の1年後輩で、現役時代は同じブレスト専門だった。

稲垣…新人コーチ。この年の春から新たにコーチとして加わった。専門はど迫力のフリー。

僕…チームの(一応)ヘッドコーチ。前年秋から急遽ヘッドコーチとしてチームに参加。参加当初にあった一部選手たちとの溝もだいぶ埋まってきたところ(笑)。

��市内大会について>

・個人種目・リレー種目とも上位に入賞すると、上位の大会である阪神大会に進むことが出来る。
・阪神大会の上は県大会、近畿大会、全国大会へとつながっている。
・シーズンでもっとも大事な試合の1つ。と同時にシーズンの開幕戦でもある。
・関学中水泳部はここまで6年連続優勝。7連覇なるか!?

尚、使われている写真は市内大会のものとは限りません。

0 件のコメント :

コメントを投稿