2014年2月17日月曜日

SWITCH社のLED電球を買ってみた

液体シリコンによる液体冷却システムなるものを備えたLED電球を買ってみました。それがSWITCH社のLEDです。

まず外見が特徴的。こんなんです。



これ左が60W相当球で、右が100W相当球。大きさが同じなのがおもしろいですね。デザイン的にポニョのくらげを思い出します(^_^)。

肝心の明るさは60W相当の方が810ルーメンで、100W相当の方が1520ルーメン。電気屋さんに並んでる東芝やパナソニック製のLED電球ともピッタリ同じ性能値です。

どちらもいわゆる電球色ですが、見ると100W相当のほうが色温度が高いらしく若干白みが強いです。

今までの60W電球と比較してみた

左が買ったLEDで、右は従来の電球

明るさ的には従来のものと比べても遜色ありません。むしろ明るく感じます。これで電気代が大幅に節約できるのならば嬉しい限りです。

SWITCH社のLED電球は放熱性、冷却性に優れているらしく、よくは分かりませんがなかなかイノベーティブな製品らしいです。興味のある方はこちらでどうぞ。

液体冷却システム : SWITCH LED Bulbs for residential and commercial customers

なんだかんだLEDってまだまだ高いですが、地道にLED化を進めています。そろそろリビングと寝室の大きな照明をLED化したいところです。ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿