2014年2月14日金曜日

赤ちゃんグッズ(10) おしりふき

紙おむつと並んで大量に必要となるグッズがおしりふきです。いろいろ使ってみた感想を書いてみます。



いろいろ使ってます。

※ 以下レビューは個人的な感想&その時々のコンディションによるものです。店舗での保管状況等によっても品質は大いに異なってくると思いますので参考程度にどうぞ。

アカチャンホンポ 水99%Super


濡れ具合:70点
紙の品質:50点

安くて使い勝手がよいのは何と言ってもこれでしょう。赤ちゃん本舗のエース的商品のようですし。ベビーカーを買ったときに箱でプレゼントしてもらいました。

濡れ具合はまずまず。こびりついたウンチを落とすのにはちょっと物足りないですが、30秒くらい押しつけておくとウンチは十分にふやける程度の性能はあります。

紙の質は値段相応なので、あまりキツメに拭くと赤ちゃんの肌にはダメージがあるかも知れません。気軽に使える値段なのでケチらずに、どんどん枚数を使うようにしましょう。

ピジョン たっぷりアクア


濡れ具合:50点
紙の品質:40点

「水で洗い流すようにやさしくふき取る」というキャッチコピーは若干誇大広告かと…。大いに期待して購入してみたのですが、濡れ具合は全然でした。もしかしたら購入した商品がピンポイントでダメだったのかも知れません。お安いのはいいのですが…。

こちらのお出かけ用は(他にさほど選択肢がないこともあり)今でも愛用しています。


ピジョン おしりナップ 乳液タイプ


濡れ具合:75点
紙の品質:60点

こちらのピジョンは優秀です\(^O^)/。NICUでもこの乳液タイプが使われていましたから、品質は確かかと思います。

「こすらずつるんっ」ってのは言い過ぎですが、乳液タイプだけあって使った後のお肌がつるんとした感じになるのが良さそうです。いずれにしてもあまり力を入れてフキフキしてはいけません。

トイレに流せるタイプは使ってません


ピジョンの製品には「トイレに流せる」タイプのおしりふきがありますが、うちでは使ったことがありません。子が生まれる前までは「トイレで流せるのが良いよね、便利そう!」とか思っていたのですが、いざ生まれてみると「いちいちトイレに流すなんてあり得ない」と思い知りました。

使ったおしりふきは、紙おむつと一緒に廃棄します。間違いなく。

紙おむつがトイレに流せるのなら超便利だと思いますが、まずむずかしいでしょう。

パンパース 弱酸性ふわふわシート


濡れ具合:70点
紙の品質:90点

ウチでは最終的にこちらを愛用しています。ポイントはなんと言っても紙の品質。「ふわふわ」に偽りありません。ふわふわ&分厚い&大きい、言うことありません!

ふわふわで分厚いのが良いというのは誰でもわかると思いますが、意外と「大きい」ってのも重要なポイントです。1回拭いたあと、折りたたんで2回目を拭くときに差が分かります。大きいので「手に付いちゃう心配」が少ないのです。

実際に赤ちゃんのお尻で使ってみて、これが一番肌への負担が少ないように感じます。やはり紙の品質は重要ですね。

若干お値段が高めなのですが、1枚1枚がしっかりしていて大きいことを考えればさほど問題ではありません。だからと言ってケチって使うのは良くないので、この際一気にハコ買いしちゃいましょう!上のリンクからどうぞ(^_^;)

赤ちゃん本舗でも売ってます。

そうそう、よくパラベン・フリーとかをウリにしてる商品がありますが、それってほぼ常識レベルなので別段意味はありません。ギャツビー・フェイシャルペーパーだってそうなんだから、赤ちゃん用なら当然でしょ、と。

なにより大事なのは


・こまめにオムツを取り替える

・こまめにお尻をふく

・あくまでやさしく

これに尽きるのではないでしょうか?

次回に書きますが、うちではおしりふきと「ぬれコットン」を併用しています。ウンチがこびりついてしまったときは、洗面器に入れたお湯でお尻を洗うか、「ぬれコットン」でふやかせば問題ありません。おしりふきだけで強引にふき取ることは避けた方が良いと思います。すぐ赤くなっちゃうから。

以上、参考になれば幸いです。ではまた!

0 件のコメント :

コメントを投稿