2006年10月18日水曜日

のだめ開始

のだめコミック.jpgついに始まりましたね「のだめカンタービレ」のテレビ・ドラマ!フジテレビの月曜9時です。

ドラマを第1話から見るのは松嶋奈々子さんの「とうちゃん、ゴメン」以来です(タイトルちがうかな?)。しかも録画までするなんて「北の国から」以来の快挙(?)です。

さていざ始まってみたら、主人公の野田恵こと「のだめ」がもうピッタリのハマリ役でしたね。これだけで他のすべてを許せてしまいそうな位、僕の中の好感度急上昇です。この人かわいいですね。

ドラマ全体でみると演技や演出が「なんだかちゃちいな」と思う場面は多々あるものの、原作の持っている楽しい雰囲気がとても良く出ています。(こう言っちゃ偉そうなんですが、日本のテレビ・ドラマなんてこの程度ですよね)

楽器たち.jpg第1話のラストではモーツァルトの2台ピアノのためのソナタ(K448)が披露されましたが、あれは思っていた以上のできばえでした。このドラマの最大の見所はなんといっても楽器演奏シーンでしょう。今後はオーケストラもばんばん出てくるでしょうし。今から期待大なのはラフマニノフの交響曲第2番を千秋とのだめが2台ピアノで演奏するシーン。CDで探してもラフマニノフの2番をピアノ2台で演奏している音源なんてありません。これは是非是非聞いてみたい!

ちなみにこれはうちの楽器たちです。ギターの横にいるのはヤマハのサイレント・バイオリン。受講生が集まらず延び延びになっていたバイオリン教室がようやく来月から始まります。バイオリンをやろうと思ったのは「のだめカンタービレ」とは関係ないんですがね。

しかし問題が1点。バイオリン教室は月曜9時から。ドラマの時間とどんピシャリ。録画してるから問題ないけどね。

0 件のコメント :

コメントを投稿