2013年6月16日日曜日

DDA-100とPMA-390REで迷い中(2)

ボーナス、出ました?出るだけありがたいのですが、うちの会社業績給部分がまさかの前年比約10万円落ち。ベースや個人業績部分は完全横ばいなので、純粋にそんだけマイナスじゃねーかー!

オーディオ予算、無くなっちゃうんですけど(涙)!

えーと前回からの続きです。
カモノハシ通信3: DDA-100とPMA-390REで迷い中(1)

今回はメリデメをふんわり比較してみたいと思います。


DDA-100のメリット


DACとプリメインアンプが一体となっているDDA-100。かなーり惹かれている僕がいます。お値段5.8万円。

(1) コンパクト&おしゃれ

オーディオ機器としてはかなりコンパクト。そして見かけがApple製品のごとくおしゃれ。仰々しくないのが良い感じです。

(2) 音質の良さ

一般的なDACとは違い、スピーカーに出力する直前まで完全デジタルのまま処理してるのが売りのようです。デジタル・パワーアンプとして動作?イマイチよくわかっていないのですが、バーブラウン(テキサス・インスツルメンツ)とかのDACチップを搭載しているわけではないらしい。その分、音質は極めてピュアとの評判を目にします。

(3) 豊富なデジタル入力

USB入力はもちろん、光デジタル(TOSLINK)入力は2つも持ってます。光デジタルのうち1つはApple TVに、もう1つはBDレコーダーに繋ぐ予定。買ったら。

DDA-100のデメリット


(1) USB入力が96/24

対応フォーマットが96KHz/24bitというのは最新のDAC事情からすると少し物足りない部分。だがしかし、現状スピーカーもへぼいし、192と96の違いなんてほとんど意味ないでしょう!て言うか、Apple TV経由でiTunesに入れてある44.1/16のCD音源しかほぼ聞かないでしょう!

(2) アンプ出力がもうひとつ

DAC内蔵プリメインの中では高い目の出力を誇るDDA-100ですが、ピュアなプリメインアンプ(後述のPMA-390RE等)と比べるとそのパワーは控えめです。いい音で聞くためには、音量に関係無く出力はあればあるだけいいはずなので、その辺は少しだけ心配です。が、最近はもっと低い出力のアンプでかなり大きなスピーカーを十分にドライブできているとの記事をネットでも見たので、特に問題はないでしょう!

(3) 拡張性のなさ

これはどうしようもない点。もしDDA-100に満足いかなくなったら製品ごと買い換えるしかありません。これがDACとプリメインが別々の製品ならばどちらかをアップグレードするという選択肢がとれます。が、DDA-100に満足いかないぐらいになったらPMA-390REにも絶対満足いってないはず。問題なし!



PMA-390REのメリット


(1) 安心のDENONブランド

日本の老舗オーディオメーカーDENONの安心感はハンパないですよね。またPMA-390という機種も、昔からオーディオの入門用プリメインとしてアップグレードが重ねられてきた機種です。これ選んで間違いということは、ないでしょう。

(2) 十分な出力

いくら入門用とは言え、パワーは十分。そりゃもっといい音で、高級スピーカーを鳴らしたければ、より高価な機種が必要なのはわかりますが、常識的な値段で買えるスピーカーならこれで十分でしょ。憧れのCM5を390REから鳴らしてもらいましたが、もう全然OKでしたよ。

(3) 拡張性あり

そもそも別にDACが必要なのですが、買ったDACが気に入らなければ別のDACに付け替えることが、もちろん可能です。アナログ入力は豊富だし、フォノ入力もあるからレコードプレーヤー買ってきて接続することも可能です。DENONのネットワークプレーヤーとかもあるし、何でも繋げることができます。

PMA-390のデメリット


(1) DACが別途必要

DACをチョイスするのがまた面倒ですよね(^_^;)。しかもお金ないから高いのは買えないし。たとえ3万円でも(3万円でも安い方なんですよ!イヤな世界だ)買ったDACがダメな音だったりしたら悲しいじゃないですか。

(2) けっこうデカイ。

デカイし置き場所にちょっと困るかな。

(3) 入門向けのイメージ

実際に入門・初心者だから全く問題ないのですが、やっぱりエントリー向けということで引け目があるかも知れません。DDA-100は「ある特殊な規格の中では良い方」ということでスポーツカー的には「軽の中で最速のコペン」みたいなイメージですが、PMA-100だともうクラスレスの土俵に載っちゃってるわけで「まわりをランボルギーニやフェラーリに囲まれたマツダ・ロードスター」みたいな風に感じちゃうわけです。ロードスターは大好きなんですが!

てな感じです。書いてて思ったのが、自分的にはDDA-100に傾いているな、と(^_^)。

だがお値段の問題があります。

DDA-100は5.8万円なのに対し、PMA-390REは2.6万円ほど。(いずれもポイント10%つきますが、そこは考慮せず)。PMA-390REの場合、別途DACが必要なのは書きましたが、今現在僕が使ってる2000年頃に買ったONKYOのDACを使うことも可能です。その場合、とりあえずの初期投資は非常に安くなります。ボーナスが思ったより下がったことを考慮すると…。うーん、どうしよう。

しかもタイミング悪いことにあっちの方をもう買っちゃったんですよ。社内販売でかなり激安で出たから。ハーマイオニーさん(奥様=魔女=妊婦)からも「最新の買うより5万円以上安いのだし、性能的に満足できるのだったらそれにしたら。無くなっちゃったら後悔するだろうから、今買っちゃいな」と、そそのかされて(←責任逃れ)。それはまた書きますが…。

うーん、どうしよう。商品券は5.8万円分。たまたまですがDDA-100にピッタリです。うーん、どうしたものか…。ではまた。

1 件のコメント :

  1. いやいや出力含めてPMA-390が全部負けてますやん・・・

    返信削除