2009年6月6日土曜日

海外ドラマ3つ

相変わらずLOSTにハマり続けています。シーズン5ではこれまで謎だった部分がいくつか解明されてきました。ただ、いささか強引な…というのは非現実的な部分が多くなってきたので人によっては「こんなの面白くない。見る価値無い」と言われてしまいそうです。

Lost_season_5

もともと墜落した飛行機の乗客が謎の島でサバイバルするという内容だったのですが、それが今やタイムトラベルの話になっています。そして水爆?

こういう流れはある意味「村上春樹的」です。こっちの世界とあっちの世界を行き来するような、と言えば分かる人には分かる。そう言えば村上春樹さんもLOSTを見てるってどっかに書いていたような。

シーズン5はドタバタの内に終了。シーズン6が始まるまでの間がつらいですね。来年?

・・・・・・

海外ドラマと言うか韓国ドラマも最近よく見ています。1つは「チャン・ヒビン」。関西のサンテレビで平日昼の1時からやってます。BS朝日でもやってます。実家の人がハマっているので、僕もついでに見ている感じ。HDDレコーダにはすでに45話分たまっています。

チャンヒビン

「チャン・ヒビン」は日本でいうところの「大奥」みたいな話。正室と側室がいて、争ったり、嫉妬したり、追い出したり、追い出されたり、とそんな話です。これが結構おもしろいんですよね。途中デスノートみたいなくだりがあったり(陰謀が明らかになる重要書類を側室が処分できたと思ったら、それは正室側が作ったコピーだった!とか)、要は策略対策略の話です。それにしても主人公のチャン・ヒビンさんは腹立つくらい悪ですよ。

この話、全部で100話あるんですよ。気が遠くなります。ちなみに現在55話ぐらい。

それからもう1つ「チュ・モン」という韓国ドラマにも実家が大いにハマっています。ネットで第1話と第2話を無料で見ちゃったものだから、その後引き続いて見るハメになったんです。TSUTAYA DiscasとDMM.comの宅配レンタル1ヶ月間無料キャンペーンを利用して計16枚32話分のDVDをゲットしました。(これって家族の別の人名義で、また新規入会→無料キャンペーン利用ってできないかな?)

チュモン

「チュ・モン」は紀元前!?の朝鮮半島および漢の戦国時代?が舞台です。主人公のチュ・モン君は扶余国の王子なんですが、出生にちょっとした秘密があります。最初はダメダメ君だったチュ・モン君ですが、いろんな経験を経てどんどん強くなって、最終的には伝説の英雄になるらしいです。

戦いシーンもたくさんあるし、スケールも大きいし、こっちの方が僕は好きです。ただこれも全80話くらいあるんですよね。長い。

どちらの韓国ドラマも時代劇ですが、服装とか髪型とかがすごいです。それだけでも一見の価値はありますね。

・・・・・・・

ちなみにLOSTは今のところ全部でえーと、24,24,16,9,16だから、えーと、89話分ぐらいが消化されました。たぶんシーズン6で終了なので、あと16話ぐらい。全部で105話ぐらいになるのかな?全108話っぽい気もしますが。(ドラマの前半で重要な数列である「4,8,15,16,23,42」を全部足すと108ですし。煩悩の数とはあんまり関係なさそう。)

以上3つの海外ドラマを全部見たら、トータル300時間近くをモニターの前で消費していることになります。結構うわーな感じですね。

ちなみに実家も僕もなぜか日本のドラマにはさほど興味がありません。何故でしょうね?

海外ドラマを見ることで得たことって特にありません(笑)。強いて言えば語学か?基本、人生を無駄に消費している感じです。でもそれはそれで悪くない。無駄な時間をいかに楽しむかで人生の豊かさって結構変わってくるような気がします。…無駄な時間を作らないにこしたことは無いのかも知れませんが。もしくはもっと有意義に使えよな、とか。

そう言えば最近アニメを見てないなぁ。先日発売された「ぼく、オタリーマン4」に出てたのをちょっと見てみようかな。「ぼく、オタリーマン」やっぱりおもしろいですよ。個人的には泣けます(笑)。

0 件のコメント :

コメントを投稿