2013年3月6日水曜日

ドコモ脱却計画(2)

カモノハシ通信3: ドコモ脱却計画(1)
カモノハシ通信3: ドコモ脱却計画(2)
カモノハシ通信3: ドコモ脱却計画(3)
カモノハシ通信3: ドコモ脱却計画(4)

毎月29万円の生活保護を受けている家庭が携帯電話に2万円使っている上で生活が苦しいという記事が話題の今日この頃ですが、僕は月3,850円の携帯電話料金をどうにかしようと思い悩んでおります(^_^)/。

ドコモ脱却を躊躇してる理由


理由その1:月々は安い
Xiの方は、プラスXi割1,900円と月々サポート適用3,200円により月々のコストは1,150円ほど。FOMAは一番安いプランにして月2,700円ほど。あわせて月3,850円。正直安いですよね。

理由その2:解約料
Xi、FOMAいずれも2年縛りなので、解約料がそれぞれ9,950円かかります。2つで2万円弱。これが現実的にかなりイタイ。



なので結論的には

・月々が3,850円以下で

・解約料2万円分がなんらかの形でカバーできる

ような条件が他社であればドコモ脱却が実行できるわけですよ。

auの場合


昨年の今頃はものすごい好条件でMNP転入をバンバン増やしていたauですが、現在はさほどでもありません。(その時批判的だったドコモが今やアホみたいな好条件でMNP受け入れしてますね。その辺のドコモショップでも商品券3万円とか出してますよ。)

イタイのが毎月割をもらうためには月々5,460円のパケット定額加入が必須であるということ。以前は月々390円から?のダブル定額的なのでも月々割をもらえていた故にヘタすれば毎月500円以下の超激安使用料が実現できていたのですが、今はむり。

毎月割をあきらめる代わりにISNETを外して「3Gでは一切ネットを使いません!」的な方法もあるらしいですが、それだとMNP特典キャッシュバックがなくなったりするし、そもそもWiFiのみでおサイフケータイ運用が可能かなど不明点が多く怪しいので却下。また結局パケット定額に加入しない上での端末代0円は(たぶん)存在しないみたいだし。

そもそも…


ドコモ解約料2万円を捻出するためには、

キャッシュバック端末一括代金2万円

にならないとダメなわけですからね。

Softbankの場合


ビックカメラで確認したところ、1円端末が数機種確認できました。さすがに月々割はありませんが、スマホでもパケット定額390円〜のプランが選べるので月々は980円+390円+315円の1,685円に。安い!と思いきや1円端末の条件としてオプション代が毎月590円プラスなので、結局2,275円。うーむ。

ところがどうもビックカメラの商品券がもらえるらしい。ビックカメラ商品券の金券ショップでの換金率は95%以上と優秀なので、以下がすべてペイできる計算。

・ドコモ解約料2万円
・事務契約手数料など初月のみ加入が必要なもろもろオプション1万円くらい

初月のみのオプション加入が面倒ではありますが、なかなかいいじゃないですか。

2ヶ月目以降2,275円で使えるので、現在の3,850円から1,575円割安です。追加費用はゼロで。

今のところ踏ん切れないのは「もしかしたら同じ条件でも『月々割』が発生するショップがあるのではないか?」という疑念。いやー、さすがにないかな?



どうしようかな?


気分的な問題は「ソフトバンクばっかになるじゃん!」ってこと。僕は今現在、

・ドコモのFOMA音声端末(メイン携帯電話)
・ドコモのXiデータ通信端末
・auの音声端末(会社支給)
・auの3G+WiMAXデータ通信カード(会社支給)
・ソフトバンクのiPhone5(メインスマートフォン?)
・ソフトバンクのiPad2(月額なし)
・ソフトバンクのiPhone4(月額なし)

と、3社均等に活用していて、地震など何かあったさいのリスクヘッジにもなっているわけです。ドコモがなくなるというのは、そういう観点ではちょっと不安があります。

さてどうしようかな…。ではまた!

続くかどうかはわかりません(^_^;)。


0 件のコメント :

コメントを投稿