2010年5月27日木曜日

ぼくと絶品ヅケ

今日の夕食は銀座で。安くておいしいと評判の石松亭に行ってきました。

づけウニ丼ウニもヅケもたっぷりの「づけウニ丼」。ネットから拝借したので、たぶんランチの写真です。

昔ながらの雑然とした居酒屋風のお店。メニューをくださいと言ったら「無いんです。壁に書いてあるのをどうぞ」と言われました。問題は壁のメニューに値段が書いてないことです(笑)。

ランチだと800円の「づけウニ丼」があるそうなのですが、ランチ限定だとは知らずその「づけウニ丼」を頼んでみたところ「マスター(!?)と相談してみます」と言われ、結果、特別に作ってくれました。

そしてそれが超絶うまい!特にヅケ。

帰りしなにハーマイオニーさん(奥様=魔女)ともども「美味しかったです!」と言うと、マスターは「美味しかったでしょう。ランチだと赤身を使うんだけど、夜なんで中トロだよ」とのお言葉が。どおりで美味しいはず。(お値段も違かったみたいですが。)

でも素材だけでなく、「ヅケ具合」も素晴らしかった。十分に醤油味がしみこんでいるけど、あっさりといただけます。中トロの味とトロっとした風味がそのままキープされている。見事です。

他には豚しゃぶとゴーヤのサラダ、まぐろカツを頂きました。あとお通しも。どれも美味しかった。

安い日本酒1合とあわせて2人で5,000円ほどでした。最後まで個々の品の値段はわからなかったのですが(笑)、まぁ全然問題ないかと。

お店のマスターはじめおばさんもお姉さんも皆さん愛想がよくて、そして美味しくて、とても気持ちよく店を後にすることができました。また行こうっと。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13014839/

0 件のコメント :

コメントを投稿