2010年5月11日火曜日

ぼくと牛丼

牛丼って大好きです。

以前はカイシャのそばに吉野屋があったので、昼牛丼&夜牛丼てなこともザラでした。豚丼も好きです。基本は「並+タマゴ」。タマゴは最初から入れずに、半分くらい食べてから入れるのがクロタキ流です。

牛焼肉丼も好きだったなぁ。はまった。

そんなわけで牛丼屋でもとりわけ吉野屋をひいきにしていたのですが、その吉野屋の旗色が最近やたら悪いですね。店舗数でもすき家に負けたらしいし。値段が100円近く違うのはちょっとイタいところ。

かく言う僕もカイシャのそばの吉野屋がビル建て替えでつぶれてからというもの、あまり食べる機会もなくなり、さらにそれまでに食べ過ぎたせいか味にも飽きて「牛丼くいてぇ~」と思うことも減っていました。これが大人になるということなのか?(違う)

最近はネット上での吉野屋批難もすさまじいし。それを見て僕も「あ~吉野屋終わりだなぁ、こりゃ」などと思っていた訳ですが…。

果たして本当に吉野屋はダメなのか?

先日、僕なりの答えを導き出しました!

・・・・・・

まずは今をときめく「すき家」で「並+タマゴ」をいただきました。すき家はメニューがいろいろありますが、基本はやっぱ牛丼だろ、普通の、と言うことで。

まずい。

行った店が悪かったのかもしれません。横浜市内でボーリング場の近所にあるお店。まず店が不潔。お茶を入れたグラスはお茶まみれのビチャビチャで、かつ鼻を近づけるとなんだか生ゴミくさい。テーブル上ももちろんバッチイ。正体不明の液体が放置されています。

ハーマイオニーさん(奥様=魔女)は人生初のすき家だったのですが、とっても悪印象。

肝心の牛丼も、肉の量はよかったのですが、質が悪い。固い。食べれば食べるほど「まずいなぁ」との思いが深まります。

きっと選んだ店が悪かったのだと思いますが、でもあらためて思い出すとすき家の牛丼ってこうだったよなぁ、みたいな。一時がバンバンジーと言いますし。

いくら安くても、今後すき家は使いたくないとの夫婦そろっての認識。

・・・・・・

吉野屋にも別の日に行きました。うちの近所の駅前にあります。こちらも店内に入ると若干生ゴミの匂いが僕には感じられます(僕は鼻が良いのです)。吉野屋独特の肉の匂いと入り交じって、正直食欲は起きません。

でも牛丼は明らかに違う。絶対にこっちのが美味しい!肉がやわらかいし、なにより味がいい!

肉の量が少ないと一時騒がれていましたが、このときは十分なものでした。もしかしたらそういう評判を意識しているのかも知れませんね。確かに100円高いわ肉は少ないわでは、さすがに客は離れます。例え美味しくとも。

でも味は本当にこっちの方が断然おいしい。

と、言うわけで僕の結論「吉野屋の方が良い」です。この味の差は大きい。

また再度検証のために両店に行ってみたいと思います。皆様も是非検証してみよう!

牛丼ってある意味僕の20代後半を支えてくれた、僕にとっての東京・ソウル・フードです。ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿