2007年4月6日金曜日

もじぴったん

どらパズル.jpg最近パズル・ゲームにちょっとだけハマっています。

もともと僕はパズル・ゲームが嫌いです。なぜならメンドクサイから。そして頭が疲れるから。よく会社の昼休みにPCで「ソリティア」とか「マイン・スイーパ」とかやってる人を見かけますが、僕には全然理解できません。せっかくの休憩時間なのに、なーんで頭を疲れさせちゃうかな~と。

でも最近になって、ちょっとその気持ちが分かるようになってきました。きっかけは「ドラえもん」、そして「もじぴったん」です。

結論から言うとこういうパズル・ゲームってハマると脳に心地よい刺激なんですよね。むしろリラックスできると言うか、「かゆいところに手がとどく感」と言うか。自閉症の子供が危ない場所に立つことでバランス感覚を刺激したくなるのと同じように、本能的に脳が刺激を求めている感じがわかります。

最初のきっかけは「ドラえもん 新・魔界大冒険」のサイトにある絵あわせパズルです。1枚目の画像のように、3×3のマスの中で8枚のパネルを正しく並べ替えてドラえもんの絵を完成させます。レベルが3段階あり、制限時間が徐々に短くなります。

百回くらいやってると自分なりのパターンが出来て来て、かなりのスピードで完成させることができるようになってきます。そうなるともう快感です。病み付きになりました。

このパズルをするためには、いろいろ「ポイント」を集めないといけないのですが、ドラえもん好きならアッと言う間に到達できるはず。是非試してみてください。

こちらです→ドラえもん 新・魔界大冒険のサイトへ


もじぴったん.jpgそして今現在ハマっているのが「もじぴったん」っていうナムコのゲームです。他にあまり聞いたことがない「日本語」を題材にしたパズルゲーム。

あらかじめマス目が切ってあって、そこに例えば「え」という文字があるとします。何をするかというとこの「え」という文字を使って言葉を作るんです。例えば右のマスに「い」という文字をセットしたら、魚の「えい」という言葉の完成です。これでポイントがもらえます。使える文字はあらかじめ決められていて、画面左の文字パレットから選択します。

さらに面白いのが連鎖できること。さっきの続きで「えい」の右に「が」をつなげたとしましょう。まず「えいが」という言葉ができてポイント、さらに「いが」(伊賀の里のイガ)という言葉もできてさらに連続ポイントがもらえます。次に右に「か」をつなげたら「えいがか」「がか」で連続ポイント。さらに「ん」をつなげたら「えいがかん」「かん」。てな風に言葉をどんどん作っていくゲームなんです。

これもネットのサイト上で体験版がプレーできます。なんと10面分もプレーできるので、それだけでかなり楽しめます。簡単な面でも、言葉のつなぎかた次第でよりハイスコアが狙えるので何度も楽しめます。かなりの数の言葉が収録されているそうで、意外なつながりから珍しい言葉を覚えることができたりして、知的好奇心をくすぐられますよ。是非やってみてください。

こちらです→もじぴったんのサイトへ(「ウェブで遊べる無料体験版はこちら」から行けます。途中ツールのインストールが必要かも知れませんが、適当に進めていくと遊べるようになると思います。「音あり版」と「音なし版」が選べますが、是非「音あり版」で。BGMがかなり心地良いですよ。)

実はこの「もじぴったん」、携帯電話のアプリでも遊べます。月315円ですが、最初の月は無料。こんなに遊べちゃったらゲームを買わなくてもいいや、って思います。ナムコさんには申し訳ないですが(笑)。

ちなみに一番簡単な面(上に貼った画面です)での僕のハイスコアは840点です。これにはなかなか自信があります。ポイントは4連鎖→2連鎖です。

1 件のコメント :

  1. こんにちは
    ぼくはこの面で1400点だハイスコアです(エッヘン
    いま、もじぴったんにはまってます 

    返信削除