2007年4月17日火曜日

F-ZERO

FZERO1.jpgなぜか夜中の1時に思い立ってF-ZEROでタイムアタック!

F-ZEROっていうのは、スーパーファミコン発売と同時(だったと思うけど…)に発売されたスーパーファミコン用の近未来レースゲームです。独特の操作感覚と格別の爽快感が多くの人の心をつかみ大ヒットしてました。実際今やってみても全然古さを感じません。

当時僕は最初の面「MUTE CITY1」でのタイムアタックにハマりにハマっていました。えーと、僕が中2か中3ぐらいかな?当時愛読していた「マイコンBASICマガジン」に掲載されていた「F-ZERO 1分59秒台への道」そして「F-ZERO 1分58秒台への道」に触発されていたんですね。熱い時代でした。

実際1分59秒台を出すのは並大抵のことではありません。普通に1台だけで走っていては出ないタイムなのです。雑誌上で様々なワザが編み出され、読者の少年達はそのワザを習得すべく日夜スーパーファミコンに励んでいたことでしょう。熱い時代でした。

そうして習得したワザの数々は今でも体が覚えています。例えば「佐久間スタート」。スタート時にわざとライバル車に後ろから追突されることで一気に加速するワザです。正確には2回追突されるのがベストなのですが、2回目の追突時には一瞬方向キーを右にいれるとよりスピードが乗るのです。理由はよくわかりません。しかもそんなことは頭では忘れていました。が、なぜかやってみると無意識のうちに2回目の追突の際は右を押している自分がいます!人間って不思議です。

FZERO2.jpgそうして何年かぶりにマークした1分59秒台がこちら!おもわず画面ショットを保存してしまいました。すごいでしょ!?

って、このすごさを理解してくれる人が1人でもいることを願いつつ、僕はもう寝ます。おやすみなさい。

0 件のコメント :

コメントを投稿