2011年4月22日金曜日

ザラにある話

東京電力一般社員の方の年収を20%ダウンさせるという話が進んでいるそうです。原子力発電所に関係ない社員の方たちにはとても気の毒な感じもしますが、カイシャがヤバくなれば社員のお給料が減るってのは世の道理。だけどモノが電気だけに「人気」や「流行廃り」に関係無く需要は常にあるわけで、遠くない未来にまた回復する日もくることでしょうよ。頑張れ一般社員。

ただ素直に疑問なのはそのやりかた。毎月の基本給が5%減、ボーナスが50%減というのがこの話の骨子なのだそうです。

ボーナス50%減?

カイシャがつぶれるかも知れないってのにボーナス出るんですか。すごい体力です。

あのメガバンクたちだって公的資金って言うか税金を注入されているときはボーナスもっとカットされてましたよね。8割とか9割とか。あと大手流通の友達が一時期「ボーナスはお米券2万円分」みたいなことを言ってました。世の中の中小企業だとボーナス出ないなんてザラにある話ですよね?

うーん疑問です。



僕なんかとっくにボーナス50%減です。ここだけの話(笑)。ボーナスのあまりの減り具合に怖くなって昨年、住宅ローンのボーナス払いをやめました。おかげで月々の支払いが大変です。

年収だって、昨年ようやくピーク時のマイナス200万円まで回復してきました。ここだけの話(涙)。でも今年はまたちょっと下がる予定です。残業もあんまりないしね。

おそろしい世の中です。

当たれTOTO BIG。ちなみに今日も元気に生きてます。(えーと、数字はリアルです。懲罰を受けてるとかではないので。)

0 件のコメント :

コメントを投稿