2011年4月14日木曜日

震災に関連して深く心にささった記事を2つ

震災について書かれたブログや記事の多くに目を通してきました。中でも深く心につきささった2つについて紹介します。

これは比較的最近の記事。震災から一ヶ月がたった今でも、一部の避難所では極めて不便な暮らしをしいられていますが、そこから少し離れた地域では平穏を取り戻しつつある。それは大変良いことなのですが、その少し離れた地域のホテルに公の人間が宿泊し、また温泉旅館では宴会が開かれている。すぐ近くにある避難所ではダンボールに用を足す暮らしをしている人が大勢いるのに。って内容です。

僕も支援だとか言って東北のお酒を飲んだりなんかしてますが、結局被災者の人の痛みなんて何千分の一も感じられてないわけですよ、きっと。無力感。

僕に莫大なお金があれば、僕がホテルや旅館を借り上げて、そこを一時避難所にするのに。そういうところにお金を使ってくれるNPOとかあるなら僕はさらに募金します。

是非ご一読ください、

石巻の避難所で救援活動にあたっている医師からの警告:ジャーナリスト 木下黄太のブログ

・・・・・・

続いて2つ目。これは必読です。必ず、読んでほしい。震災直後に看護師として現地入りされた女性のブログです。

1.被災地へ:JKTS
2以降はブログのトップページから閲覧するか、ブログ左の「最新記事」から閲覧できます。

こういう頑張っている人には感謝です。

・・・・・・

ところで今日ネットで見たんですが、一般的な家庭における今回の震災に対する募金額平均は6,000円ほどだそうです。別の記事では1万円というのも見ました。数字の信憑性は全く不明ですが、今回はかなり支援の気持ちが全国的に盛り上がっていると感じます。(あと小さいな話ですが、うちの募金額が平均越えてて良かった…。)

0 件のコメント :

コメントを投稿