2010年12月20日月曜日

都響A定期ヤクブ・フルシャさん就任披露公演(2)

今日は都響のA定期。先月のB定期に行けなかったのでチケットを振り替えてもらいました。前回に引き続き、チェコの俊英ヤクブ・フルシャさん都響プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任記念公演です。

[f:id:kuro14:20101220232646j:image:left]
東京都交響楽団 第709回定期演奏会Aシリーズ
ヤクブ・フルシャ プリンシパル・ゲスト・コンダクター就任披露公演
2010年12月20日東京文化会館

指揮:ヤクブ・フルシャ
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー

リスト:交響詩「レ・プレリュード」
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11
マルティヌー:交響曲第3番

今日も弦の四天王(と僕が勝手に呼んでいるのですが、1stVn矢部さん・2ndVn双紙さん・Vl鈴木さん・Vc古川さん)はいませんでしたが、これはアメリカでサイトウキネンのコンサートに出てるからんですね。小澤征爾さん復帰のニュースで知りました。それはそれでおめでとう。ただ正直、今日の演奏は彼ら抜きでも結構良かったのが逆にちょっと心配(笑)。

まずは1曲目リストの「レ・プレリュード」。奥さんが好きな曲なのですが、僕も好きになりました。死にそうなくらい暗く重~い出だしから、段々元気になっていって、最後はあっぱれ晴れ晴れ人生万歳!的な分かりやすく盛り上がる曲です。こういう演歌的な曲はフルシャさんにピッタリ。重いところはとことん重く、明るいところはとことん派手に!良い迫力が出てました。

2曲目はショパンのピアノ協奏曲1番。僕が大好きな曲です。この曲でもフルシャ節は全開!オーケストラがうねる!こぶしが超きいてる感じ。すげードラマチックなショパン。これはこれで大アリです。例えば「タン、ターン、タ、タタ、ターン」て所は「タン、トゥワーン、タ、タッタ、トゥゥワワーン」てな位に誇張されて聞こえてきます。今まで僕が聴いてきたのがウソでこちらが正解なのか?かどうかはわかりませんが。都響はフルシャさんによく付いていってたように思います。あとホルン最強、ブラボーでした。

ピアニストの方にブラボーがたくさん飛んでましたが、そこは正直うーん。アンコールの幻想即興曲は名人芸的で楽しかったです。

そしてマルティヌーの3番。これは良かった。1945年と20世紀の曲でこんなに良いと思ったのは初めてかも。

なにより都響の演奏が素晴らしかった!弦も管楽器もピアノも打楽器も全部良かった!特に目に付いたのはファゴット。第1楽章で、めずらしくファゴットがメロディーを奏でる部分があるのですが、そこがすごく良かったです。あとは第3楽章の弦首席奏者たち4人のソロ部分。特に遠藤さん(2ndVnの美人さん)のソロがすさまじく美しかったです。文句なしのブラボー!

そんなわけでヤクブ・フルシャさんの就任記念公演は成功だったと言って良いのではないでしょうか?残念なのは、せっかく就任したのに来年は1回しか振らないってこと。うーん、もったいない。Twitterとかでも結構話題になってるみたいなのに。

今年のコンサートはこれで終了の予定。しばらくしたら、もう少し冷静になって今年のコンサートを振り返ってみようと思います。ではまた。

0 件のコメント :

コメントを投稿