2010年8月17日火曜日

「もやしもん」おもしろい

なにかと忙しいはずなのに「もやしもん」読んでます。初。

もやしもん(Aオリゼー)A.オリゼーだけは覚えたよ菌の名前

おもしろいですね!知識欲が刺激されます。

農大を舞台に、菌の見える主人公と一癖もふたクセもある教授や院生・学生たちとが巻き起こすハチャメチャ「発酵」学園ドラマ?みたいな漫画です。納豆作ったり、酒作ったり、農大ってこんなに楽しいのか!?(そんなことないだろうけど)

ストーリーは今のところどうでもよくて、各キャラクターのおもしろさと「菌」「発酵」「醸造」などの知識が楽しい。

日本の発酵食品の文化は奥が深いんだな~と素直に感心しました。醤油や味噌を選ぶときの眼が一段と厳しくなることうけあい。

突然、関学(僕の母校です)の名前が出てきたときにはびっくりしました。作者は西の人のようです。

あ、あと作者の視点がマトモなのもいいですね。少なくとも偏ってないし、変な議論を巻き起こそうともしてない。安心して読める。

特に酒について語りたい人にオススメです。文字数多いので買って読むのが吉。

絵本まで出てるんですね。
えほん もやしもん 「きんのオリゼー」 あいさつ (えほんもやしもん きんのオリゼー)えほん もやしもん 「きんのオリゼー」 あいさつ (えほんもやしもん きんのオリゼー)
著者:いしかわ まさゆき
講談社(2010-05-28)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



0 件のコメント :

コメントを投稿