2009年12月15日火曜日

ぼくの映画音楽ベスト3

突然ですが、僕は映画音楽が好きです。感動した映画は例外なく音楽が素晴らしく、そのサウンドトラックを購入することも多々あります。

そんな僕がおすすめする映画音楽ベスト3を発表してみたいと思います。

パッと思いつくのは「インディージョーンズ」のあのテーマや、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のテーマなどの格好良くて勇ましい音楽たち。これだけの時を経ても強く心に残り続けているこれらの音楽は偉大です。でもベスト3かと言うと違う。

ベスト3に入るのはやっぱり映画自体に感動し、そこにあった音楽ということになるでしょうか。もちろん音楽自体をとってみても全くの僕好みで感動的であることが求められます。

では…

第3位!「The Cure」より全曲

マイ・フレンド・フォー・エヴァー ― オリジナル・サウンドトラック
マイ・フレンド・フォー・エヴァー ― オリジナル・サウンドトラック
クチコミを見る


日本題「マイ・フレンド・フォーエバー」と言えば知っている方も多くいるのではないでしょうか。HIVに感染した友人を救おうとする少年の友情物語です。普通の人間ならまず泣けます。

これの音楽を担当しているのがDave Grusin。言わずと知れた現代ジャズ&フュージョンの大御所です。Mountain Danceとか有名。

この人の作ったサウンド・トラックがとにかく素晴らしいんです!

そう思っている人は世の中にたくさんいるらしく、日本のテレビ番組のBGMとして、それはもうしょっちゅう使用されています。Amazonのサイトから試聴できます…と思ったら試聴できないじゃないか。

というわけで僕がこの動画で(こっそり)使った音楽がメインテーマです。いいよね。これ以外の音楽も素晴らしい。


つづいて第2位!

映画「Jack」よりBryan Adamsさんの「Star」です。

映画の主題歌なのですが、エンドロールで流れるだけでなく劇中のオープニングでも使用されています。映画の内容にかんぺきにマッチした感動の一曲です。

僕は「Jack」をカナダで見たのですが、直後にこの「Star」が収録されているブライアン・アダムスさん(この人そう言えばカナダ人)のアルバム「18 'til i die」を購入したくらいです。ちなみにこのアルバムを買ったCD屋のオヤジが「それ最高だぜ」と言っていたのが懐かしく思い出されます。

たしかに最高です。アルバムも最高なのですが、特にこの曲。

ビートルズの「The Long and Winding Road」的な曲なのですが、それを超えてます。あえて言うと。是非、是非、聴いて欲しい。


Youtube検索してみてはじめてPVがあるのを知った。でも正直映画「Jack」の方が、この曲にはふさわしいです。

ちなみに「Jack」は僕の現時点での歴代No.1映画です。

そして第1位!

「さよなら銀河鉄道999」より「再会~Love Theme~」デス!



聴いて頂ければわかりますが、とにかく感動的。ロマンチック。

鉄郎とメーテルが再会するところで流れるんです。

メーテルぅ~!!!

もし映画「さよなら銀河鉄道999」を見ていない30代・20代がいるのならさっさと見て下さい。

東海林修さん作曲のすんばらしいピアノ曲。て言うかピアノ協奏曲。オーケストラとの絡みも絶妙。これ生で聴きたいなぁ。

〈ANIMEX 1200シリーズ〉(4) 東映長編アニメーション映画 オリジナル・サウンドトラック 交響詩 さよなら銀河鉄道999〈ANIMEX 1200シリーズ〉(4) 東映長編アニメーション映画 オリジナル・サウンドトラック 交響詩 さよなら銀河鉄道999
アーティスト:サントラ
販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003-09-25
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


以上、ふと思いつきで僕の好きな映画音楽を3つ紹介してみました。ではまた。

2 件のコメント :

  1. この中だったら私も断然銀河鉄道999ですね!!

    返信削除
  2. でしょ。
    いまちょっと酔っぱらって自分で貼った動画を聴いてるんですが、なんか泣きそうです。

    返信削除