2009年5月14日木曜日

郵便いろいろ

今回OB会(…って言うか正式には「OBレース&懇親会」なんですが、面倒なので当ブログでは「OB会」って書いちゃいます)の準備をしていて学んだこと。2つ。

��.料金別納郵便

10通以上まとめて発送する場合に、いちいち切手を貼らなくてもよいというシステムです。「料金別納郵便」を示すアイコンをハガキや封筒に印刷しておけばOKです。

アイコンのデザインは結構柔軟で、下半分に企業の広告やメッセージを入れることができます。と言うわけで今回はこんな風にしてみました。
料金別納郵便

せっかくなんだから「KG」とか三日月とか入れれば良いのに…、って思っていろいろ試してみたのですがスペースが狭くてうまくデザインできなかったんです。三日月ロゴは差出人のとこに入れればいいし。で、こんなイラストを見つけてきました。なかなか良いでしょ?

差出人のとこにはこんな風なロゴっぽいのを印刷してみました。
OB2009ロゴ

三日月マークの使用にはいろいろと問題ありそうですが、知らなかったということにしておきます。

��.料金受取人払郵便

実際に使われた=発送されたハガキ数分の料金を後払いできるシステムです。

今回OB会に参加登録するには、「ネットで登録」と「ハガキを返信」の2種類の方法があります。いまどき多くの人は「ネットで登録」するでしょうから、多くのハガキが無駄になってしまうことが予想されますよね。そんなのに全部50円切手を貼るなんて無駄ですよね。そこでこの「料金受取人払郵便」です。

返信ハガキが実際に出された分だけ、料金を後払いできます。

どうするかって言うと、あらかじめ日本郵便から承認をもらった上で、返信ハガキの左上にこんなマークを印刷します。あとハガキ下部にはバーコードも必要です。
料金受取人払郵便

事前承認のプロセスが若干面倒ですが、一度経験すれば今後も使えそうなシステムです。尚こちらは100枚以上の配布等条件がいろいろとあります。

そんなわけで期せずして郵便事務に少しだけ詳しくなった今日この頃です。

尚、このOB会の案内状は来週月曜日ごろ発送の予定です。だから届くのは来週水曜日ぐらい?

0 件のコメント :

コメントを投稿