2011年12月13日火曜日

東京モーターショーにはちとガッカリ

先週土曜日に東京モーターショーに行ってきました。2009年以来2年ぶりの開催とのことですが、僕個人的には2007年以来の4年ぶり。そんなにたつのか…。



結果的に入場者数は前回よりだいぶ増えたみたいで、たしかに人はたくさんいました。それはよいのですが、正直な感想を言うと

ガッカリ…

でした。こりゃ日本もいよいよヤバいなという認識をあらたにさせていただきました。

先に良かった点をあげますと
・夕方からや夜からの入場料割引。
・場所が幕張から東京になったこと。
・ダイハツは頑張ってた!コンセプトカーもたくさん出したし、アンケートに答えたら300円のクオカードもらえたし。
・BMWとメルセデスも気合い入ってた。

リクシルが展示出してましたが、これは面白いですね。


悪かった点は
・とにかく輸入車メーカーのやる気のなさときたら
・アルファ、 FIATは出展せず。
・シトロエンとプジョーは全くやる気なし。シトロエンなんか新しい C4とかすら出してない。プジョーもショールーム以下だった。
・フォルクスワーゲンもコンセプトカーとかほとんどなし。海外では発表してる新しいコンパクトカーUP!もなし。現実的な選択肢として見たかったのに。日本なめられすぎだよ。
・フェラーリ、ランボルギーニも出展なし。
・トヨタばっか混みすぎ。86見るのに40分待ちとか、そこまでならないよう工夫してほしかった。スバルの BRZはすぐ見られたけど。
・ホンダも次期 NSX関連の展示なし。来年1月の海外のショーでは出すらしいし、ホント日本なめられてる。
・三菱はついにランサー・エボリューションの展示なし。
・とにかく全体的に本当に夢のあるコンセプトカーとか全然なかった。エコエコエコエコいい加減いやになった。

次回もこんな調子ならもう行かなくてもいいや、って思っちゃいましたよ。

自動車メーカーはもっと夢のある車を出展してくださいよ。最悪自分では買えないような高いやつとかでもいいから。だってポルシェやメルセデスのスポーツカーには人だかりができてるでしょ?あとオープンカーとか。買えなくても憧れを感じられるような。もしこれを手に入れたら僕の人生変わるかも!?って思えるような!

車は楽しくないと!という価値観が今後も生き残りますように

0 件のコメント :

コメントを投稿