2015年1月18日日曜日

XperiaとiPhoneのカメラ比較

ソニーのXperia Z3 Compact(SO-02G)を手に入れたので、写真のうつり具合をiPhoneと比べてみました。比較対象はiPhone 5sとiPhone 6 Plus。いずれもセンサー部分はソニー製ですね。

Xperia Z3 Compactのカメラは本来2,000万画素なのですが、「プレミアムおまかせオート」などマニュアル撮影以外だと800万画素固定での撮影となります。今回はすべて「プレミアムおまかせオート」での撮影です。

ちなみに縦横比はデフォルトの16:9で撮影。4:3に変えた方が実はより広い範囲が撮影できます。iPhoneと比較するので4:3にしとけば良かった…。




室内撮影編


夜の室内編。生活している上での明るさ的には十分なのですが、カメラ的には厳しい条件です。結論的にはiPhone 6 Plusの圧勝。5sも悪く無いですが、6Plusの方が手ぶれ補正が効いている分よりシャープに写っています。Xperiaは「自然な色合い」と言えなくもないですが、いくらなんでもコントラクト低すぎじゃないでしょうか。

iPhone 5s
iPhone 6 Plus
Xperia Z3 Compact

iPhoneが若干色味を誇張しすぎているきらいもありますが、パッと見喜ばれるのはどうみてもiPhoneですね。

暗所撮影編


最近のカメラはよく暗所性能、つまり「暗い場所でいかによく伝写るか」を売りにしていますが、実際の所どうでしょうか?

結論的にはXperiaの勝ちとします。意見はわかれるところですが…。

iPhone 5s
ISO 2000
f2.2 1/17s
iPhone 6 Plus
ISO 400
f2.2 1/4s
Xperia Z3 Compact
ISO 5000
f2.0 1/8s

それなりに窓からの光が入る状態での撮影でしたが、実際の明るさをリアルに表現しているのはiPhoneの方。5sから比べると6 Plusの方がノイズが減っているのがわかります。センサー性能が向上しているのと、光学手ブレ補正によりシャッター速度を遅めISO感度低めに設定できているからです。

XperiaはフラッシュをOFFにして「プレミアムおまかせオート」にすることでISO感度最大12800が使えます。さらに内部的には同時に複数枚の写真を最大画素数で撮影し、それらを縮小&合成してブレとノイズの少ない写真を作り出す技術が使わているようです。確かに手持ちでこれだけ鮮明な暗所写真が撮影できるなんてすごいです。

屋外撮影編


最後に屋外ですが、こちらはあまり差がありません。好みの問題。

iPhone 5s
iPhone 6 Plus
Xperia Z3 Compact

ここでもiPhoneの方が若干色が濃いですね

Xperia Z3 Compactは便利そう

以上のような評価となりましたが、Xperiaのカメラは非常に多機能。アプリのように機能を後から追加することができます。またカメラ起動用のボタンが別途付いているので、思い立った時にすぐ使いはじめることが可能なのもいいところ。

そんなわけで今後はXperiaでもたまには写真を撮ってみたいと思います。ではまた!


0 件のコメント :

コメントを投稿