2014年9月15日月曜日

iPhone 6 Plus キャリア比較(2) 毎月の料金

今度は月額の料金プランと、端末代を合わせた月額トータルについて比較してみたいと思います。前回からの続きです。

9/16 22:30 更新(SoftBankの端末代550円→245円)
9/23 23:13 更新(auのLTEフラット500円引き追加。下取りを追加)

カモノハシ通信3: iPhone 6 Plus キャリア比較(1) 端末代金

それにしても今回はややこしい。旧料金体系と新料金体系が併存しているためです…。間違いがあるかもしれない&今後の変更は十分ありえるので、その点は注意してくださいね。

データ通信プランの上限は5GBにしています。僕の使い方の場合、月のMAXはだいたい1.5GB〜2GB。みんな何にそんなパケット使ってるの??

SoftBankで機種変更する場合


(1) 新料金プラン(スマ放題)の場合

「音声通話し放題」+「データ通信(上限あり・翌月繰越あり)」のプランです。正直いまさら「音声通話し放題」は本当に時代錯誤かと。

結論:毎月8,245円(2年縛り・端末代込・データ通信5GBの場合)

基本料金   … 2,700円
ネット接続料 …  300円(S!ベーシックパックi)
データ定額料 … 5,000円

計8,000円。これに端末代245円を加えると毎月8,245円。高いっす!しかも税抜ぉ!

ちなみに新料金プランの場合のみ、ソフトバンク3年目以降ならTポイントが2倍、11年目以降ならTポイント5倍というキャンペーンもあります。Tポイントは利用代金1,000円につき通常5ポイント(5円相当)。僕の場合3年以上なので、毎月8,000円→80ポイント。ほぼ意味ないっすね。

(2) 旧料金プラン(ホワイトプラン)の場合

今までどおりソフトバンク同士なら21時まで音声通話無料。その他は電話料金かかる。データ通信は7GBまで無制限のプランです。

結論:毎月6,679円(2年縛り・端末代込)

基本料金   …  934円
ネット接続料 …  300円(S!ベーシックパックi)
データ定額料 … 5,200円(パケットし放題フラットに4G LTE定額プログラム適用)

計6,434円。従来通りですね。端末代245円を加えると毎月6,679円。これでも高いなぁ…。もちろん税抜き。

当初ホワイトプランだと月々割が適用されないてな噂がありましたが、最終的にはちゃんと適用されるようです。もし適用されなければ端末代プラス2,325円。トータルで1万円超えちゃいますね。怖い。

若干の懸念はテザリング・オプションが無料でつくかどうか。ホワイトプランをiPhone 6に適用させた場合について公式ホームページに情報がぜんぜんないのでよくわかりません。iPhone 5sとかなら月々割が毎月440円増額とかあるけど、iPhone 6だとたぶん無いでしょうね。また4G LTE定額プログラムが適用されなければプラス500円かかります。

auにMNPする場合


(1) 新料金プラン(電話カケ放題+データ定額)の場合

各社おんなじような新料金プラン。ソフトバンクにくらべて正しいネーミングのような気がします。

結論:毎月8,573円(2年縛り・端末代込・データ通信5GBの場合)

基本料金   … 2,700円
ネット接続料 …  300円(LTE NET)
データ定額料 … 5,000円

計8,000円。これに端末代573円を加えると毎月8,573円。やっぱり高いっす!しかも税抜ぁ!

データ通信量の翌月繰越はあるんでしょうか?公式HPを見てもよくわからなかったので不明。無いとするとかなりイタイですね。

(追記)9/17にauにかえる割Plusとして他社iPhoneの下取りも追加されました。iPhone 4でも24,800円相当で下取りしてくれるので、実質的な端末代はほぼゼロ円に!?

(2) 旧料金プラン(LTEプラン)の場合

auも旧料金プランを選択できるようです。

結論:6,990円(2年縛り・端末代込)

基本料金   …  934円→0円(auにかえる割Plus)
ネット接続料 …  300円(S!ベーシックパックi)
データ定額料 … 5,200円(LTEフラット)(MNPなので5,700円→5,200円でした

計6,000円。旧料金プランの場合、(au Walletに1万円チャージの代わりに)基本料金934円が2年間無料となる「auにかえる割Plus」が適用されるようです。逆に端末代は月額990円とアップし、トータルで毎月6,490円(税抜き)に。

ソフトバンクと同様テザリング・オプションが無料でつくかどうかは不明ですが、このパターンだとiPhone 5を下取りに出さずにすむのがかなりハートにドキュンです。

(追記)上でも書いたとおり他社iPhoneの下取りも可能になりました。下取りを使えばさらに安くなりますね!

docomoにMNPする場合


docomoの場合、旧料金プランだと月々サポ72,576円が適用されないため新料金プラン一択です。

(1) 新料金プラン(カケホーダイプラン)の場合

3社とも完全横並びってどうなんでしょうね?

結論:7,552円(2年縛り・端末代込・データ通信5GBの場合)

基本料金   … 2,700円
ネット接続料 …  300円(spモード)
データ定額料 … 5,000円

計8,000円。ここに端末代マイナス448円を加えると毎月7,552円。(下取り価格を端末代に転嫁しての計算です。)




毎月の料金まとめ(端末代込)

SoftBank iPhone 5 64GBを機種変更/MNPして、iPhone 6 Plus 64GBにする場合。

SoftBank新 8,550円
SoftBank旧 6,679円
au新     8,573円
au旧     6,490円★最安
docomo新  7,552円

と、言う結果になりました。

もちろん旧料金プランの場合は、音声通話をすれば毎分40円加算されていくので一概に比較することは難しいのですが、昨今は様々なIP電話サービスもありますし、キャリアの音声通話は必ずしも必要ないのではないかと思います。

ややこしいこと考えずに「おれ電話たくさん使う」てな人は新料金プランがいいかも知れませんね。

僕としてはSoftBankのホワイトプランで行こうか、auのLTEプランで行こうか、と考え中です。SoftBankの機種変更とauへのMNPの両方で予約を取っているので、金曜日までに最終的な判断をしたいと思います。SoftBankあたり(従来のパターンだと)これから更に何かしらの割引が来るかも知れませんし。au、docomoにも期待しています(^_^;)。ではまた!

0 件のコメント :

コメントを投稿