2014年9月15日月曜日

iPhone 6 Plus キャリア比較(1) 端末代金

ようやく各社の料金プランとキャンペーンが出揃ってきました。通信速度ではauが有利ではないかとの説が有力ですが、とりあえず端末代金だけで見てお得なのはどのキャリアかを考えてみます。(9/15 7:30現在 9/16 22:30更新

なお僕はSoftBankのiPhone 5 64GBを今現在使っていて、購入するのはiPhone 6 Plusの64GBです。だぶん2年縛りの月賦で買います。本当は一括で買いたいんですが…。




SoftBankで機種変更する場合


・タダで機種変更キャンペーン(要は下取り)※9/16変更
  →32,400円相当Tポイント 
   または
   毎月1,350円OFF(2年間なので32,400円分)

【端末代金】
94,080円ー55,800円(月々割合計)ー32,400円(上記)
=5,880円
毎月245円

機種変更にかなり力を入れています。下取り価格がもうちょっと高ければ…。
(9/16追記:25,080円から32,400円に大幅アップ)

auにMNPする場合


・auにかえる割 Plus
  →(1)10,000円相当(au Walletにチャージ)
   または
   (2)毎月934円OFF(2年間なので22,440円)

(2)はLTEプランという旧料金体系(電話かけ放題じゃない)の場合らしいのですが、これから契約は可能なのでしょうか?よくわかりません。とりあえず検討からは除外します。

(1)のau Walletというのは現金をチャージできるカード。こないだまでキャッシュバック等いろいろやってましたが、まだできるのかな?(それにしても今さら物理カードはやめてほしい…。Apple Pay互換にしてくれたらいいのに。)

【端末代金】
96,120円ー72,360円(毎月割合計)ー10,000円(上記(1))
=13,760円
毎月573円

MNPなので毎月割がさすがにデカイです。あと13ヶ月間パケット上限が1GBプラスされるというサービスもあります。

docomoにMNPする場合


・iPhone下取りプログラム
  →30,000円相当(ドコモポイント)

・おかえりボーナス
  →10,800円+α(ドコモから転出時の残りポイント)
  ※ただし以前ドコモだった電話番号でしか不可。僕は今回は不可。(元ドコモのau AndroidをMNPすれば使えるのですが、それはしません)

【端末代金】
97,200円ー72,576円(月々サポ合計)ー30,000円(上記下取り)
=マイナス5,376円
毎月マイナス448円

おかえりボーナスを使わなくても、端末代0円以下できました。これはすごい。au同様13ヶ月間パケット上限1GBプラスもあり。

端末代金まとめ

SoftBank 毎月550円
au     毎月573円
docomo  毎月ー448円

ここまでのところ、今回後出しジャンケンをしたdocomoが有利な情勢です。

次回は毎月の通信料金と合わせて最終的なライニングコストを考えてみたいと思います。ではまた!


0 件のコメント :

コメントを投稿