2013年1月20日日曜日

さよなら銀河鉄道999エレクトーンコンサート

行ってきました!良かった!
だって32年前の作品の音楽ですよ!それが今日取り上げられること自体が素晴らしすぎる!

昨日の記事(カモノハシ通信3: 明日のコンサート)からの続きです。

エレクトーンて今すごいじゃないですか?知らない人はYouTubeででも検索して見てみていただきたいのですが、1台でもかなりの表現力。今日はそれがなんと4台同時演奏。オーケストラの雰囲気を見事に再現していました。

嬉しいことに生ピアノも用意されていて、僕が好きな「再会〜Love Theme〜」などピアノが印象的な作品ではちゃんとピアノが使われていました。さらに最後には嬉しいサプライズも…。

ピアノスコア売ってた!買いました!

このコンサートを企画したヤマハのエレクトーン・デモンストレーターおぎたひろゆきさん、編曲した田邉英利子さんが本気でこの作品の大ファンらしく、演奏から、そしてトークからも999への愛情が伝わってきました。この大迫力の曲達をエレクトーン用に編曲してコンサートで生演奏するなんて、とんでもない苦労があったででしょうに、見事実現させたその情熱に僕は大拍手です。素晴らしい。

エレクトーンって手も足も使って演奏するのがすごいですよね。サンプリングされた電子音ではありますが、生の人間が演奏するとやはりそこには生演奏ならではの温度が生まれます。て言うか僕知らなかったのですが、鍵盤を揺らすと音にビブラートがかかる仕組みがあるそうで面白い。演奏者4名みなさんすごかったです。

途中、寸劇みたいなのもありつつ、最後は客席全体で「終曲」を合唱して終了。「終曲」って知ってます?映画の中盤で人間軍の仲間達が盃をあげながらラララーラーって歌うあれ。あと最後の最後、メーテルと別れた後の鉄郎を乗せた999が地球に帰っていくシーンでも使われていましたね。若干音程が低く大きな声で歌いにくかったのですが(^_^;)、でも僕は一生懸命歌いましたよ。歌いましたとも!とても感動しました。なんかブラボーいっちゃったけど、僕だけだったからちょっと恥ずかしい…。でもホント良かったですよ。

で、嬉しいサプライズはその後。あれ?その前だったっけ?作曲者の東海林修さんが、自らピアノで「青春の幻影」と「再会」を演奏されたんです!これがまたすごく良かった!



流ちょうなピアノでは全然ないんですよ。一聴したらたどたどしく、(失礼ながら)ヘタクソに聞こえるかも知れないような演奏。ですが、その一つ一つの音、和声に込められた美意識の高さのようなものがビシビシと伝わってくる、凄まじい演奏だったのです!非常に味わい深い、滋味深い、演奏でした。

さらに終演後は東海林修先生から直接サインをいただき写真も撮らさせていただきました!僕はその場で買ったピアノスコアにサインしていただいたのですが、僕の前の人はLP盤(つまりレコード)の「さよなら銀河鉄道999」のジャケットにサインしてもらってました。嬉しかっただろうなぁ〜その人。

妻が撮ってくれてた

このコンサートを実現してくれた人々に本当に感謝です。ありがとうございました。

7 件のコメント :

  1. パルチザンコーラスをやっていました者です(笑)。
    素敵な感想ありがとうございました。来て頂いたお客様に喜んで頂いて本当にうれしく思います。えりこさんはじめ演者もみんなこの音楽が大好きなメンバーでした。
    私もblogでリハの様子や当日の舞台裏を書いていますので、よろしければご覧ください。
    もしまた機会があったら、今度は一緒にパルチザンコーラスやりましょう。

    返信削除
  2. えりこです。この度はご来場ありがとうございました!!!
    heeさんがこちらのブログをフェイスブックで紹介してくれました。
    「ブラボー!」と叫んでくださったのですね。びっくりしましたけど嬉しかったです。ありがたいです。とにかく、999ファンの方、東海林先生の999の音楽が好きな方と、少しでも分かち合えたなら嬉しいですし、コンサートを喜んでいただけたなら何よりです。心より感謝します!
    999や音楽について語りたいことは山ほどあるのですが、この辺にしておきますね。

    返信削除
  3. heeさん、えりこさん
    コメントいただきありがとうございます!恐縮です。
    heeさんのブログも後ほど拝見させていただきます。
    素晴らしいコンサートをありがとうございました!

    返信削除
  4. ご無沙汰しております。1月はありがとうございました!
    都響のお話やクレームの話等、読ませていただきました。感慨深いものがありますね。
    たいへん失礼ながらご案内させてください。
    こんな時にばかり申し訳ないのですが、実は4月14日に東海林修先生企画のジャズライブがあります。ドラムは先生と旧友てもある巨匠猪俣猛先生です。999の曲も演奏されますのでご都合つきましたらぜひ奥様といらしてくださいませ。
    イープラスのサイトに詳細が掲載されております。
    http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002095380P0030001P0006
    私は普段はジャズは全く聴かないのですが、今回の件楽しみにしております。ご検討いただければ幸いです。

    返信削除
    返信
    1. 度々申し訳ありません!肝心の日付を間違えてしまいました!
      4月28日(日)13:00より神楽坂の途中にありますTheGLEEというライブハウスです。たいへん失礼いたしました。

      削除
    2. えりこさん、貴重な情報をありがとうございます!また、こんな辺境のブログなぞに気を遣っていただきありがとうざいます。妻の体調しだい、という要素があるのですが、都合がつけば是非行きたいと思います。東海林先生のピアノをまた聴きたいですので。

      削除
    3. 黒滝さま 書き込みが遅くなり申し訳ないです。ご返答ありがとうございます。奥様のこと心配ですね。どうかご無理のないようになさってください。東海林先生はジャズが出発点だったようですが、それがあのシンフォニックなさよなら銀河鉄道999の音楽につながっていると思うと不思議です。ライブでは私お手伝いをしておりますので、黒滝さまにお目にかかれれば、私もお礼を申し上げたいです。お元気でお会いできますことを願っております。

      削除