2011年1月7日金曜日

なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか

この本、気になってたので買ってみました。今読んでる途中です。
←中身が少し見られます。

ネットでこの本のタイトルを見たときは衝撃でした。僕は韓国でパチンコが全廃されたという事実を知らなかったからです。

きっと多くの人がそうなんじゃないでしょうか?だってテレビや新聞では全然報道されなかったんだもん。そこがまさに問題なんだよね。テレビや新聞は自分たちが報道したいことしか報道しないということがよくわかります。

「マスコミは最低だ」みたいな最近のネット上の風潮が必ずしも正しいとは僕は思いませんが、少なくともこの件に関しては全く最低です。

と言うか最近のテレビCMはパチンコとケータイ・ゲームばっかり。ちょっと前までは消費者金融。これらに共通してるのは「お金持ちじゃない人たちから、お金をむしりとる」という商売構造。そーゆーのが大きな顔してスポンサーしてるんだから、テレビもどうにかなっちゃうよね、そりゃ。

なかでもパチンコは経済規模・実害額がハンパじゃないみたい。30兆円ものお金が大勢の人からむしりとられ、そしてごく一部の人たちの懐に収まっていきます。そして伊東美咲さんや神田うのさんとうん億円の結婚式をあげるのです。

「利用者がバカなだけで業者は悪く無い」という論理は通用しないようです。その辺はこの本や「闇金ウシジマ君」でも読めばよくわかります。後者はマンガですが(笑)。

とにかく暗く大きな問題がわんさかと出てきます。政治家、官僚、天下り。こりゃ日本やばいです。誰かどうにかしてほしいのですが、肝心の与党民主党がパチンコ業界を擁護してるんだから話になりません。

パチンコに何万円もつぎこむのだけは止めた方がいいと思いますよ。本当に。



0 件のコメント :

コメントを投稿