2005年2月27日日曜日

クルマ回想<その3 カリーナED>

4a673c41.jpg大学生時代にもっとも良く乗った車がこのトヨタ・カリーナEDです。実家の車です。ワインレッド色が今から思えばとてもシブかった(良い意味)。

保険の関係で、実家にある2台の車のうち僕に使うことが許されたのはこの1台だけでした。クルマ回想シリーズ1のミラージュの後継にあたります。

それにしてもこの車、当時は町でよく見かけましたが最近はサッパリ見ません。一応「オシャレなファミリーカー」的な位置付けであったかとは思いますが、それにしても屋根が低い。ミニバン全盛の今、こんな車が売れるわけありませんね。グレードは今となってはまったく不明ですが、おそらくは最も安いグレードである1.8リッター(約100PS、トルク15ぐらい)のものだったと思います。もちろんFF。当時は車にそれほど興味がなかったのですが、100馬力しかなかったとは。その割には良く走っていたなぁ。と思うのはそれもそのはず車重が1120Kgとあります!これは軽い

この車に乗っていた時期は、僕が水泳部コーチをやっていた時期でもあります。何人もの部員がこの車にのったことがあるはず。車中で撮った写真もたくさん残っています。(みんなを乗せてるときは安全運転でした、はず。一応自己フォロー。)

この車で国道171号線を何度走ったことか。そういえば初めてオービスに引っかかったのもこの車でした。友達や水泳部の子じゅないヒトと初めてドライブに行ったのもこの車でした。あの時は梅田からなかなか抜け出せなくて困った。そういや親友とその彼女を後部座席に乗せて(助手席には誰もいない…)夜中に琵琶湖に行ったこともありました。あのときの彼女さんは今なにやってるんだろう?

この車は学生時代の思い出そのものです。なんてのはちょっと言い過ぎかな。

写真は「讃岐うどんツアー1998」のときのものです。運転してるのはイマニシ君。「なかむらうどん」を出るところです。

1 件のコメント :

  1. この車でユネスコ病院跡の廃墟に行ったような気がしますが、気のせいでしょうか?

    返信削除