2013年3月3日日曜日

卒業式の讃美歌

卒業シーズンですね。社会人になってからというもの、それを実感することはほとんどなくなりましたが、たまにテレビで「卒業ソング特集」なんてのがやってると学生時代を思い出しちょっと懐かしい気持ちになります。

僕にとっての卒業ソングと言えば、やはり讃美歌です。特には讃美歌440番。

讃美歌440番の歌詞
み神のたまいし こころの玉を
みがきし学びの 家をたちいで
ゆくてを異にし たがいに別(わか)る
別れていずこに ゆくとも共に
おしえの光を 世に輝かさん

2番以降の歌詞はネットで探してください→例えばこちら卒業式 賛美歌440

他には「わがゆく道いついかに〜」のやつも卒業の讃美歌として多くの人(というか同窓)の心に紐づいているんじゃないでしょうか?

僕がいた中学では毎日礼拝の時間があり、讃美歌も歌います。先生方の礼拝の講話を毎日じっと聞くのはたまに退屈なときもありましたが、讃美歌を歌うことは常に好きでした。僕はクリスチャンではありませんが、讃美歌が大好きです。

と、言うわけで?調子に乗ってまたまたヘタピを公開。僕、その中学部時代の「生徒礼拝」なるもので全校生徒を前にオルガン弾いてたことがあるんですよね(^_^;)。今から思うともっとちゃんとピアノやオルガンを弾ける人材も多々いたでしょうに、悪い意味での目立ちたがり屋なんですよ僕。

前に置いてあるのが、中学時代から使っている讃美歌集。1989年、中学部入学時に手にしたあの讃美歌です。

ちょっと音量低いかもです。一部譜面通りじゃ無く、簡素化して弾いてる部分もあります。



どうでしょう?懐かしくないですか?ではまた!

2 件のコメント :

  1. 讃美歌440。
    とても大好きです。
    youtubeでピアノ演奏聞きました。とても上手ですよ。

    返信削除
  2. とても良い聖歌です。懐かしいです。ありがとうございます。

    返信削除