2007年9月16日日曜日

安倍首相辞任

ねおたっち安倍首相の辞任について思うこと。

世論は圧倒的に「反安倍」でした。ではその世論はどこから来たのか?主には相次ぐ閣僚不祥事でしょう。政策の中身はほとんど評価せずに、不祥事ばかりの報道。ではその不祥事報道のソースはどこから来てるのか?それは国家公務員、官僚たちからの情報提供です。

安倍さんの失脚を誰よりも願っていたのは、おそらくは官僚たちでしょ。渡辺さんを行革担当大臣に据えて断固実行した公務員制度改革を僕は大いに評価しているのですが、官僚達はこれをどうしてもやめさたかったはず。気に入らない大臣、政権を手っ取り早くやめさせるには、身内の立場から不利な情報を流すに限ります。

さらに世論の形成という点から考えると、マスコミだって官僚達の思うがままです。よくよくニュースを聞いてると分かると思いますが、ニュースで報道されているほぼ全ての政治的データは「○○省調べ」や「○○庁調べ」、つまり官僚からの情報提供なわけです。マスコミはマスコミで官僚と仲良くしてないと欲しいデータがなかなか手に入らない上に、もらったデータは官僚に有利な内容に偏っているケースだって大いに考えられます。

国家をコントロールすべきは直接国民からの宣託を受けている政治家であり、官僚ではないはずだと僕は思います。国民はもっとよく考えて、自分の考えを持って、ポリシーある政治家を応援すべきです。安倍さんを「大きな成果が残せなかった」と報道しているテレビやジャーナリスト達を僕は信じられないと思います。

それにしても日本民族はどうしてこんなにも弱いものイジメが好きなんだろうと思います。思いませんか?はじめはあんなに応援してたのに、閣僚不祥事が相次いで、参院選で「負けそうな雰囲気」になったとたん、みんな手のひらを返したように反安倍になっちゃいました。ダメなところばかりに目を向けて、イイところを評価しようとはほとんどしませんよね。全ての人がそうだとは言わないけれど、多くのバカたちが一面的な報道に流されてる。今回ほど日本国民がバカだと思ったことはありません。

もうこうなったら一度民主党政権になったらいいんです。子供手当てが本当に支給されて、北朝鮮の拉致問題も解決したら、僕は評価します。

0 件のコメント :

コメントを投稿