2005年11月16日水曜日

11/13筑波走行

筑波20051113EVO先日11/13はイナガキ・ランサーと一緒に筑波サーキットを走ってきました。今回はビデオカメラを持っていったのでいつもより綺麗な動画が撮れました。画像をクリックすと見られますのでどうぞ。ちなみにビデオカメラはIXY DV 3で、動画はWMVで圧縮しています。

さて今回ですが今までよりも気温が低かったこともあり、エンジンの調子がとても良かったです。今回はじめてコペンの速度リミッターギリギリのところまでスピードが出ました。また回転のあがるスピードもこれまでより早めで、ギアチェンジのタイミングに戸惑うほどでした。気温でこれだけ差異が生じるなんてびっくりです。これじゃあ夏場にタイムを計る意味はまったくありませんね。

ちなみに今回はストップウォッチ(携帯電話のiアプリですが)でお互いにタイムを計測したんですが、僕は1分20秒を切ることができました。次は1分18秒台を出したいところです。

筑波20051113COPEN今回もうひとつびっくりしたのがサーキット走行時の燃費の悪さです。燃費が悪いのは当たり前なんですが、想像以上でした。

これまでは「サーキット走行を含む生き帰り」ぐらいのタームで燃費を計測したことがありましたが、それでもリッターあたり10キロを下回ることはありませんでした。通常は13~14です。(気を使えば16くらいは簡単に出ます。)今回は初めてサーキット走行直前に満タンにして、走行直後に再度満タンにして計測してみました。ほとんど純粋にサーキット走行だけでの燃費を計測したわけです。この結果がなんと…

リッター5.7キロ!

想像以上でした…。僕は燃費を毎回携帯電話のインターネットサイトである「e燃費」に登録・記録しているのですが、距離の入力間違いじゃないかと思い何度も確認しました。が、ちゃんと合っていました。これにはびっくりです。地球にやさしくないですね…。

ちなみにイナガキ・ランサーの場合、1回の走行30分でほとんどガソリンが空になってしまいます。実際この日も1本目の走行後にサーキット内で給油してました。サーキット内のGSは高いから勿体ないですね。

そんな感じでしたが、走りは非常に好調でした。タイヤは以前よりグリップ力が落ちてきたものの、ブレーキコントロールが上達したことと(たぶん)、エンジンの調子が良かったことで楽しく走ることができました。真面目に走行中のランチア・デルタおよび旧ミニ・クーパーをパスすることもできました。(乗ってる人があまり速くなかったのでしょう。ちなみにこの日はメルセデス・ベンツも走っていて、強引に抜かれました。)他にはやたら速いホンダのタイプR軍団(インテグラ・シビック)がいたりしました。

趣味というのは真面目にやると楽しいものです。

2 件のコメント :

  1. 通りすがり2005年11月17日 7:08

    コペンはラインの取り方下手ですね
    すいません。

    返信削除
  2. ヘタッピなもので…すみません。
    ぜひまたご教授ください。(具体的に)

    返信削除